人気ブログランキング | 話題のタグを見る

ふりつもる線

aipittura.exblog.jp
ブログトップ
2008年 04月 02日

引出しの奥

節目の時、揺らぎそうな時、つらい時、かつて師からいただいた手紙を
私は何度も読み返してきた。

「解釈を拒絶して動じないものだけが美しい」
それが本居宣長の一番思想だと、小林秀雄が言った。
ひびいたことばを、いま一度、胸に杭打つ。

by ai-pittura | 2008-04-02 23:40 |


<< 個展終了と始動      個展風景 >>