人気ブログランキング | 話題のタグを見る

ふりつもる線

aipittura.exblog.jp
ブログトップ
2008年 01月 22日

アトリエの本便り

最近立て続けにいい本に出会っている。

○『The Day-to-Day life of Alberto Hastings』 By KayLynn Deveney and Albert Hastings
ある方のブログでこの本のことを知り、すぐに手に入れたいと思った。
ある老人のささいな日常をうつした写真と、その下に添えられた老人のことば、
それはあまりにささやかで、あたたかい。
老人Albertをみつめる写真家KayLynn、それは私がこの数年描き続けてきたじぃじぃと自分、
そして我が祖父、祖母と自分にいつしか重なり胸がいっぱいになる。

○『二重言語国家・日本』 石川九楊著
詩人の方に、愛ちゃんにぜひ読んでほしい、とおすすめしていただき購入。
現在読んでいるところなのだが、視点が目から鱗であり、本当におもしろい。
ものすごく勉強になり、同時に考えたいことが山積みになっていく。

○『植物のはなし』 Jean-Henri Fabre著
昆虫記のファーブルが書いた植物の本だ。  
彼は昆虫以外にも動物、科学、植物などあらゆる分野において
細かい観察をしていたことをご存知だろうか。
それは驚くほどユニークかつわかりやすく、植物の神秘はますます深まっていく。

by ai-pittura | 2008-01-22 13:13 |


<< タイトル考      大いなるいたずら >>