人気ブログランキング | 話題のタグを見る

ふりつもる線

aipittura.exblog.jp
ブログトップ
2007年 11月 10日

最近のこと

さて、最近久高のことばかり書いていたが、
京都に帰ってからの日常もそれなりに忙しく、有意義なことも多くあった。
まず、先日の画心展京都展にてゆっくりお話する機会があったS氏が
私のために筆を下ろしてくださることとなった。
そのため、私は今までの経緯や表現方法などについてまとめた文を提出、
幾度も取材していただいたうえ、制作現場を見にアトリエまで来てくださった。
その後、S氏の仕事場にて何度かの校正。
そして数日前、できあがった25枚に渡る評論文を届けてくださったのだ。
S氏と過ごすことができた数日間は、私にとって生涯貴重な忘れ得ぬものになった。
それは私にとって美術界への一条の光でもあったし、
若輩者の自分がこんな方に書いていただけたことは本当に誇りである。
今はこの不思議なご縁にただ感謝し、
それに恥じぬ制作をしなければならないと正襟の思いである。

また、先週、仕事の合間を縫ってMさん、母と鞍馬山に登ったが、
紅葉にはまだはやく、しかし人の少ない新鮮な森の空気を胸にいれてきた。
昨日は、ひさしぶりに休みの合った旦那と愛宕山に登るつもりだったのだが、
予定変更、近美のカルロ・ザウリ展へ。
常設の方で中野弘彦さんの絵が見られてほんとうに嬉しかった。
その後、久しぶりに町へ出て冬用のジャケットを思い切って購入、
そして村田画廊の不易流行展を見て帰宅した。
さて、京都に帰ってからも久高島の人とたまに電話しているのだが
あっちはまだ半袖、扇風機をつけないと昼はあついよーと言っていた。
寒さがこの上なく苦手な私にはうらやましい限りだ。
今月末に麦わら帽子でもつめて久高に飛んだら、思いっきり焼けて帰ってこようと思う。


最近のこと_b0080173_20545553.gif

by ai-pittura | 2007-11-10 18:54


<< 扇子展のお知らせ      久高のコトバ >>