人気ブログランキング | 話題のタグを見る

ふりつもる線

aipittura.exblog.jp
ブログトップ
2007年 10月 31日

画心展京都ふりかえり

画心展京都ふりかえり_b0080173_23264498.jpg18日 朝、新幹線で新神戸に向かう。
行き帰りとも新幹線の中は絶版となり古本屋から
取り寄せたイヴリー・ギトリス著「魂と弦」を読みふける。
信じられない。こわいくらいに
イヴリーは思っていたことにちかい人物!!!衝撃的。
熱中しすぎて結局富士山を見過ごし、新神戸到着。
そごうに安田育代展を見に行く。母子展ということもあり
母と一緒に行く。やっさんに会えなくてちょっぴり残念。
ごはんを食べて京都へ。夕方から先輩たちと飲みに行く。
画心展京都ふりかえり_b0080173_23252093.jpgその中でいろんなことを知り、考えさせられ、ガツンと
打ちのめされる。店を閉め出されてから朝まで鴨川で話す。
19日 ふだん寝たらたいていの嫌なことは忘れるのに、
あることが重く重くのしかかってきてしんどい。
冴えない気分が続く。父が展覧会に来てくれる。
午後、カメラマンYさんが撮影に。彫刻M先生も来場。
夕方、友人や母が来場、そしてみんなで狩野永徳展を見に行く。
夜間開館に行って大正解。思ったより人も少ない。しかし
たくさんの知り合いに会う。
画心展京都ふりかえり_b0080173_23385336.jpgただ自分が絵を見れる状態にあらず頭は違うことを考えていた。
夜、何年ぶりのココイチでカレーをつつき、解散。
20日 朝から仕事。夕方会場へ。S氏がもう一度来てくださる。
コーヒーを飲みながら少しお話しする。
高校時代の体育教師W先生と奥さま来場。
三条でAと合流し飲みに行く。私はけっこう学校嫌いだったくせに
高校時代の先生にはとても仲のいい人が数人いて、今でも
定期的に飲みに行く。「師」というイメージとはほど遠い、
どこか型くずれしていておかしな、私の愛する悪師たち。
画心展京都ふりかえり_b0080173_23555588.jpg21日 あっという間の最終日。
朝から仕事、この日は本当に忙しかった、そして夕方搬出。
毎度のことだけど展覧会の後、壁から絵をはずすとき
さみしさで胸が痛くなる。
ご来場いただいた皆様、見てくださったすべての方に
感謝しています。ありがとうございました。
いつも思う、
見てくれる人がいて私の絵は絵になる。願わくば、
絵の前に立ってくれたすべての人と会ってみたい。


画心展京都ふりかえり_b0080173_20545553.gif

by ai-pittura | 2007-10-31 23:12 | 展覧会


<< 画心展東京ふりかえり      画心展初日、新生展ふりかえり >>