人気ブログランキング | 話題のタグを見る

ふりつもる線

aipittura.exblog.jp
ブログトップ
2006年 08月 04日

Anselm Kiffer

絵の新しい試みが吉と出るか凶と出るかまだ未知数だ。
図書館に行ったついでにAnselm Kifferの作品集を見た。
久しぶりに見て、圧倒的な強さに打ちのめされた。
現代美術家で好きな作家は、と問われたら迷わず一番先にKifferの名を挙げる。
絵の強さ、空間の広さ、そして素材を、物質を絵の中に抱き込む精神の強さ。
つまらない御託抜きに、絵の強さと可能性をがんと提示する作家だと思っている。

私のゼミ担当教授S先生は、
他者の作品の大きさを前にして強いショックを受けること、
その時感じるとてつもない自分の小ささ、
それが自分が作品をつくっていく起爆剤になり得るのだと言っていた。
その言葉を反芻しながら、作品集は借りずにKifferの残像をしっかりと焼き付けた。

by ai-pittura | 2006-08-04 23:11 |


<< Edith Piaf      アツイアツイ。 >>