ふりつもる線

aipittura.exblog.jp
ブログトップ
2015年 09月 06日

しるべ

1週間の道東の旅から帰宅した。
まだ身体の隅々に北の空気が満ちている。
本州の湿気を帯びた空気、仰木の濡れた緑や猫たちの匂いが新鮮に鼻を突く。

女満別空港から清里に入り、知床、羅臼、根室、霧多布、釧路、中札内をまわった今回の旅は
生き物との出逢いに満ち満ちていた。
海と川、山、森や大地が、ひとつながりに堅く結ばれた大きな揺籠に
無数の命がさざめいていた。
命はひとつひとつが個であると同時に
種や、時に種を越えたおおきな集合体として、畝るように鼓動していることを全身で理解したとき、
なにかが心の奥深く根を下ろした。
それは これから先、何度も立ち返る標になるだろう。

b0080173_21542885.jpg

[PR]

by ai-pittura | 2015-09-06 22:45 | | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://aipittura.exblog.jp/tb/24862802
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 旅の記録      ミコ >>