人気ブログランキング | 話題のタグを見る

ふりつもる線

aipittura.exblog.jp
ブログトップ
2015年 04月 19日

本/メモ

本/メモ_b0080173_22415615.jpg

冬から春にかけて制作の傍らにあった(再読も含む)本

○『森と氷河と鯨 ーワタリガラスの伝説を求めてー』 星野道夫 世界文化社
○『長い旅の途上』 星野道夫 文春文庫
○『旅をした人ー星野道夫の生と死』 池澤夏樹 SWITCH PUBLISHING 
○Coyote No.53 『星野道夫のアラスカの暮らし』
○Coyote No.16 『トーテムポールを立てる』
○CoyoteNo.34 『たったひとりのアラスカ』
○『不思議な羅針盤』 梨木香歩 文化出版局
○『アルピニズムと死』 山野井泰史 ヤマケイ文庫
○『魔法としてのことばーアメリカインディアンの口承詩』 金関寿夫訳 思潮社
○『一日一花』川瀬敏郎 新潮社

10代の終わり、星野道夫さんの生き方は
乾いたスポンジに染み込む水のようにこころを潤した。
『旅をする木』を何度も読み、ジュンに初めて贈ったものも星野さんの本だったらしい。
それから時が経っても何年か一度、浴びるように星野道夫の本にまた触れたくなる時がある。
生命について思いを巡らせる時、
鯨が舞い、熊が佇み、何万頭のカリブーが大移動する原野の風景がいつも片隅にあることを感じる。
悠久の風景が果てしなくひろがっていく『森と氷河と鯨』。
それは決して外側の風景だけの話ではない。私たちの内側にも鏡像のように同じひろがりがあるはずだ。

池澤夏樹さんの『旅をした人ー星野道夫の生と死』ははじめて読んだけれど、
このところ描きながら考えていたこととつながる部分が多くあった。
以下、抜粋。

ヒトの視点から見ただけでは、アラスカの自然の全体像は捕らえられない。 中略
生命は個人において(あるいは個体において)完結するものではない。
陸地だけではなく海の中も空も含めて、生物たちみんなが棲んでいる領域の全体が生きているのだ。

これに似た思いが最近ずっとこころにある。



読みたい本
○『百代の過客ー日記にみる日本人』 ドナルド・キーン 金関寿夫訳 朝日新聞社
○『古事記』 池澤夏樹個人編集 河出書房
○『山窩物語』 椋鳩十 理論社
○『杜氏という仕事』 藤田千恵子 新潮社
○『デルス・ウザーラー沿海州探検行』 アルセーニエフ 東洋文庫 
○『極北の動物誌』 ウィリアム・プルーイット
○『海うそ』 梨木香歩 岩波書店
それから須賀敦子全集をもう一度読み直したい。


by ai-pittura | 2015-04-19 22:59 |


<< 明日は搬入      春の譜面 >>