人気ブログランキング | 話題のタグを見る

ふりつもる線

aipittura.exblog.jp
ブログトップ
2014年 12月 30日

2014年

2014年_b0080173_00442204.jpg
わこちゃん、ゆいが来てくれて、おでんで忘年会。久しぶりのおでん美味しかったなあ。
じゅんもようやく今年最後の窯焚きが終わり、野札(花札のようなもの)に興じ、急にお正月気分がやってくる。

あと2日で今年も終わる。
はやかったなあ。
年内に区切りまで進めたかった100号がようやく落ち着き、
あとは少し寝かせて眼をあたらしくするところまで進んだ。
途中、おおきな分岐点があり、はじめに思っていた色とは違う方向に舵を切った。
イメージをなんとか表出させるために、色の選択は重要だけれど、
はじめから決めすぎると絵の声が聴こえなくなる可能性がある。
少しずつあらわれる絵に対して、ひとすじの道を歩きながら
どれだけ柔軟に対話できるかをもっと大事にしなくてはいけないと思う。
おおきな絵を描くと、足りない部分が顕著にあらわれる。

今年はグループ展が9つ、個展がふたつ(内ひとつはドローイング展)、
発表させていただく機会がつづき、立ち止まることも少なく、ひたすらに描いた一年だった。
夢中で描きつづけるなかで見えてくることはたしかにあるけれど、
物事をじっくり見つめること、そして自分なりにかみしめる時間が
来年はもっと必要であることを切に感じた。
何事もゆっくりとしか手繰ることのできない私にはことさらに。
来春の個展まではもう少しこのペースで集中し、
そのあとはひと呼吸置こうと決める。

ただただものを見つめ、自分のなかで発酵させる時間を大事にしたい。
描こうとするものを、一日じっと見つめる日をつくろう。
新たな素材にも描く実験をしたいし、
ドローイングの枚数も重ねたい。
モチーフと過ごす時間、そして内側におろす時間、すこし間をあけてその横に立ち、
もう一度底から引きあげる時間、その流れそのものが描くこと(私にとってこの世を知ること)なのだと思う。

歩み遅い私を見守ってくださる皆様に感謝しています。
本年もお世話になりありがとうございました。

どうぞよいお年をお迎え下さい。

忠田 愛



by ai-pittura | 2014-12-30 00:48 | 筆休め


<< へうげもの新年会(京都) 1/...      クリスマスのおくりもの >>