人気ブログランキング | 話題のタグを見る

ふりつもる線

aipittura.exblog.jp
ブログトップ
2014年 11月 17日

風の道

風の道_b0080173_17275252.jpg

山の天気はめまぐるしく変わる。
鈍色の雲があたりを取り囲み、一気に霧につつまれたかと思うとふうっと大きな風が吹き、
急に光が射し込み遠く青空が見える。
このあたりは”寒風”というその地名の通り、若狭湾から巻き上げられ、
一気に琵琶湖へと吹き下ろす風の通り道になっている。
冬は雪が多くとても寒いところだ。
山頂の尾根は低木しかなく、その小さな樹々も皆、風と平行に地を這うようなかたちをしている。
赤坂山から大谷山にかけての稜線歩きは季節それぞれの、そして天候それぞれの面白さがある。

風の道_b0080173_17543086.jpg
市民トレッキングでマキノ高原〜粟柄越〜寒風〜大谷山(標高差約630m、約5時間)
この日は膝のコンディションが悪かった。このところ、制作続きで筋肉が凝り固まっていたのか、
寒くなってきて調子が悪くなっているのか、ストレッチの時間をしっかりとらなかったからなのか・・
原因はわからないけれど、どれもが原因のようにも思う。
上りから痛みが出て、尾根で痛み止めを飲んでなんとか下山した。
痛み止めが切れるとずいぶん痛む。玄関の上がり框もスムーズに降りられず情けない。
雪山でのお仕事はほとんどできそうになく申し訳ない想い。
翌日おおきな病院へゆき、はじめてMRIを撮った。
先生は、腸頸靭帯炎はほんとうに治りにくいんですよとおっしゃる。
痛みは少しずつましになっている。平地を歩くのは問題なし。
また、普通に山に登れるようになりたい。
どういう風に筋力をつけ、治していくかもう少し明確にしていく必要がある。
待ち合いで名前を呼ばれるたくさんのひとの顔を見る。
皆、それぞれに病と生きているのだなと思う。
病も怪我もまた、人が自然であることの証しなのだろう。
MRIの結果は来週明けに出る。







by ai-pittura | 2014-11-17 18:21 | 山へ


<< Rainbow      猫のくらし >>