人気ブログランキング | 話題のタグを見る

ふりつもる線

aipittura.exblog.jp
ブログトップ
2010年 11月 22日

"犬"の変遷

\"犬\"の変遷_b0080173_1631274.jpg
"犬"は初めて銅というものを思い切り身体に受け、12日間の滞在制作のなかで2回の徹夜を経て
朝から晩まで取り組ませてもらった版画だった。
以前も書いたけれど、銅版上の見えかたと刷った時の見えかたの違い、反転した時の印象の違い、道具の使い方から
腐蝕の効果など何もかも全くわからず、
とにかくまずはやってみて知ることだった。
そのために、刷師の藤井さんは"犬"ができあがるまでに、いま思えば通常では考えられない25枚という
大量のTrial Proofを刷ってくれた。
また常に刷師と作家のコミュニケーションを大事にしてくれ、
私自身の制作のありかたについてもじっくり話して来た。
それは、大抵のことは言葉があまり必要でなくなった今でも変わることなく、
版の状態やエディションの刷りやすさのことを度外視しても、版にむかう意味を尊重してくれている。
そんな訳で、私はただ目の前のものに集中させてもらい、
結果私の版の多くは無数の微妙な凹凸から成り立ち、あるいは湾曲し、あるものは角がボロボロで、
自分で刷ればモノタイプの1枚を刷るのでさえ困難な複雑な版になっている。

藤井さんという刷師は、湖に浮かんだ小舟から糸を垂らす私に同乗してくれる釣具師であり、助産師のようでもある。
いま、自身の個展で版画の前に立った時、あらためてそれぞれの版画の経過がくっきりとよみがえり、
愛さんの版は刷師泣かせと藤井さんは笑うが
深い忍耐のなかでエディショニングしてくれる藤井さんの懐の広さにしずかな感謝を思う。





\"犬\"の変遷_b0080173_1346857.jpg
T.P(Trial Proof 試し刷り)03、T.Pの上にメモ補記

\"犬\"の変遷_b0080173_1347997.jpg
T.P 07

\"犬\"の変遷_b0080173_13473231.jpg
T.P 09、T.Pの上に一部パステルで加筆
腐蝕ということを通して、外側からなにかが版に入りこんだような感触が身体にぶつかってきて感動した。

\"犬\"の変遷_b0080173_1347548.jpg
T.P 12
T.P 09のよさを残したいと思いながら、気づけばそれにとらわれ、しかしそこに戻ることはもうできず
小さくなっていた。

\"犬\"の変遷_b0080173_18385138.jpg
T.P 15
T.P 09を断ち切るためにアクアティント、ソープグランド、スピットバイトを二度かけて
全部消すつもりで犬を版のなかに沈め、そこから掘りおこしていくことに。

\"犬\"の変遷_b0080173_13483587.jpg
T.P 19
私の状態と共に犬も痩せていく。削りだし、引き上げてくること。
痛烈に考えさせられた日々。

\"犬\"の変遷_b0080173_18171898.jpg
ネパール紙にて本刷り、完

by ai-pittura | 2010-11-22 18:34 | 版画


<< 片付け      新生堂個展 >>