人気ブログランキング | 話題のタグを見る

ふりつもる線

aipittura.exblog.jp
ブログトップ
2010年 04月 25日

春_b0080173_215756100.jpg田に水が入る。
水の上に雲が流れてゆく。それを見るのがとても好きだ。
野の花が咲き乱れ、若葉が芽吹く。夜、蛙の合唱がはじまる。
冬オリオンを見上げた位置にいま北斗七星。
毎週、版画工房に行く度ちがう風景に、季節の変化を感じる。
ナノハナと一口に言えど水菜の花、白菜の花、アブラナの花は
全然違うこととか、いつもそこには新鮮な驚きと喜びがある。
些細なことを知りたい。
いつも食べている野菜がそれぞれどんな花を咲かせるのか。
飛んでいるあの蝶は幼虫の時、何の葉をたべて育ったのか。
夏に向かって雲はどう変化するのか。
トンビの舞う高さは季節によって違うのか。
版画の腐蝕待ち時間のなかではそんなことに夢中になる。

冬からはじめたキャッチボール。
一から足、腰、肘、手首、バラバラの意識をつなげてゆくこと。
その点がすこしずつつながってゆき、ボールが走った時の何ともいえない爽快感と
ギューンと伸びる相手の球を受けた時の、グローブが弾けるような音と手のシビレ。
投げる。受ける。とてもシンプルだ。会話より筒抜けだったり。
ひとりとひとりだけがいて。
息があがってくる。腕が下がってくる。
疲れて休みたくてもつづけるなかで、ふっと何かが抜けたようになる時。
そうなるまでにとても時間がかかるけれど。キャッチボール、すっかりハマってしまった。

このごろ絵を描いているとき、交互にあらわれるのは
版画に、自然に、キャッチボールに、教えられ、気づかされていること。

by ai-pittura | 2010-04-25 23:33 | 版画


<< 月よむ骨      展覧会いろいろ >>