人気ブログランキング | 話題のタグを見る

ふりつもる線

aipittura.exblog.jp
ブログトップ
2010年 03月 11日

気になる

気になる_b0080173_22451751.jpg東大総合研究博物館での命の認識展がいま最も気になっている。
会期中には上京できそうになく、無念。
様々に絡み、巡りながらつながれてきたとてつもなく大きな尾のようなもの、
すべての死者を内包してここにある自分とは一体誰。
知ること、思い出すこと、問うこと、、、予感のする場。
関東の方は是非!しかも無料ってすごい。
2009年12月19日(土)~2010年3月28日(日)
休館日:月曜日(ただし1/11、3/22は開館)、
12/24、12/29~1/3、1/12、1/16、1/17、2/12、2/25、2/26、3/23
開館時間:10:00~17:00(入館は16:30まで)
入館料:無料

以下は総監督、遠藤秀紀さんの文章。

あなたを苦悩のどん底に陥れる空間を東大の博物館に創ってみたいと思っていた。
「命の認識」は、博物館を快楽やサービス提供の場などと称した昨今の悪しき意思を
根本から破壊して、そこに個人が命を認識するまでの根源的苦悩の場を広げることを、
私が試みたものである。

ここであなたは商業主義が唱える形式的な楽しみを得る必要など微塵もなく、
ましてや科学的客観的事実や昔の学者や文化人の整った学理を受容してもらうには及ばない。
何千何百の骸の形から、あなたが命を認識していく、その経過自体が私の作品である。
それが、この空間が背負った、唯一の宿命である。
展示場で快適な時を過ごそうと思うなら、ただ楽しいだけの催事場から
丁寧に自然科学や美術を説明してくれる親切な部屋などは無数に存在するのだから、
そういうものが好きならばそこを訪ねるのがよい。
だが、一たび私の「命の認識」に迷い込んだならば、あなたは、苦悩する孤独な一人に過ぎない。

 瑣末な話を棚上げすれば、空間は高さ六五〇ミリの平らな舞台からなっている。
この不定形の平面上を見据えて、あなたには悩み続けてもらいたい。
暗色に静かに設えられるこの平らな面こそ、あなたが命をどう感じ取り、
命をどう知るかという、闘いの場に化けていくはずだ。
そのために、普通に展示空間に漂っているいくつかの存在に立ち退いてもらった。
その第一は、文字と、意味もなく文字を空間に配置する人の意志だ。
                       

by ai-pittura | 2010-03-11 23:29 | 展覧会


<< 稲富淳輔展のお知らせ      おにぎり >>