ふりつもる線

aipittura.exblog.jp
ブログトップ

タグ:忠田愛個展 ( 11 ) タグの人気記事


2017年 04月 20日

感謝

約1ヶ月間の画集出版記念展が本日、無事終焉となりました。
(ギャラリー歩歩琳堂は明後日から常設展、絵画祭りとなりますが、一部の作品は
そのまま継続して展示を続行してくださることとなりました。)
会期中、ほんとうにたくさんの方がお越しくださり、
作品にご縁をいただき、画集を連れ帰っていただきました。
ただただ感謝で胸いっぱいです。

みなさま、本当にありがとうございました。

体調を崩してしまい、授乳もあり、
いつものように在廊することができず、残念でしたが
私にとって これから、まっさらな気持ちで画布に向かえるような、
大きな節目の展覧会となりました。

あたたかいメッセージや画集の感想、お葉書、お手紙も
本当にありがとうございます。
嬉しく、身の引き締まる思いで読ませていただきました。
おひとりおひとりにお返事できないまま日が過ぎてしまっていますが、
たくさんの励ましをいただきました。
ありがとうございます。

また、私事ですが来週、大阪に住まいをうつします。
アトリエが整うまで まだしばらくかかりますが、新たな場所での制作に胸躍る思いです。
会期中、この10年を振り返り、改めていろいろと考えさせられました。
そして、ちいさいひととの暮らしの中で、次に描きたいものもたくさんできました。
イメージはまだ雲のようにふわふわと空を漂い、茫洋としていますが
ゆっくりと時間をかけ、内側に向かってしずかに耳を澄まし、
少しずつ画面に引き上げていこうと思っています。

あゆみ遅いわたしですが
どうぞこれからも何卒よろしくお願いいたします。



感謝とともに

忠田 愛 拝



[PR]

by ai-pittura | 2017-04-20 22:19 | 展覧会 | Trackback | Comments(0)
2015年 05月 06日

ありがとうございました

b0080173_18003152.jpg

櫂を漕ぐ 100号 2014年

昨日、大阪高島屋ギャラリーNEXTでの個展、櫂を漕ぐの会期を無事終えることができました。
会期中、特に後半の一週間は信じられないほど多くの方にお越しいただき、感無量です。
14日間、毎日ギャラリーに立たせていただくなかでは、
会場に風が流れ出すように感じる瞬間が何度かあり、
展覧会とは本当にご覧くださる方と共につくっていくものなのだなあと改めて実感しています。

遠くからあたたかい声を送ってくださった皆様にも、
こころから感謝しております。
本当にありがとうございました。

展覧会を終えていろいろと思うことはあるのですが、
はっきりとひとつ確かに思うことは

正直に生きよう 
その一言に尽きます。

これからも精進いたします。
ありがとうございました。

忠田 愛




[PR]

by ai-pittura | 2015-05-06 18:12 | 展覧会 | Trackback | Comments(2)
2015年 04月 28日

個展開催中

b0080173_23035179.jpg

b0080173_23040179.jpg

個展開催中〈〜5/5まで〉です。

○アートアドバイザー奥村くみさん

○スカラベ堂 野遊び仲間のわこちゃん

個展のレビューを書いてくださいました。
嬉しいです。ありがとうございます!!

[PR]

by ai-pittura | 2015-04-28 23:11 | 展覧会 | Trackback | Comments(0)
2015年 04月 22日

忠田愛個展 ー櫂を漕ぐー@大阪高島屋のお知らせ


b0080173_20561154.jpg


忠田愛 個展  ー櫂を漕ぐー

Ai CHUDA Solo Exhibition
ーRowing in the Sea of Lifeー


会期:平成26年4月22日(水)〜5月5日(火・祝) 

時間:10時 〜 20時 (最終日5日は16時まで)

会場:大阪高島屋 6階 ギャラリーNEXT

〒542-8510 大阪市中央区難波5丁目1番5号
TEL(06)6631-1101
なんばダイニングメゾンは午前11時~午後11時まで


100号から小さな作品まで約20点を展示させていただきます。
大阪での個展は9年ぶり、
生まれ育った町で発表させていただけることを嬉しく思っています。
御来廊をこころよりお待ちしております。

追記

ギャラリーにはほぼ毎日13〜18時に在廊いたします。

それ以外の時間帯に在廊できる時もありますので
コメント欄もしくは直接ご連絡いただけましたらありがたく存じます。

忠田愛





ー 櫂を漕ぐ ー more
[PR]

by ai-pittura | 2015-04-22 20:54 | お知らせ | Trackback | Comments(2)
2014年 10月 10日

ご縁

b0080173_21025717.jpg

”Journeyer” BFK紙・鉛筆・木炭・パステル 4号 2014年

ほんとうに今回の個展は人から人へご縁がつながり、たくさんの方にご来場いただくことができました。
重ねてお礼申し上げます。
個展のレビューを書いて下さった皆様、ご紹介くださった皆様にも心より感謝しております。ありがとうございます。

●ギャラリー枝香庵ブログ
忠田愛展

●mohariza12メモ

●依田逸夫の読むろぐ

●ビンチの詩集

●r-note

●近藤佑子ブログ『3歩あるいて5歩さがる』



[PR]

by ai-pittura | 2014-10-10 21:22 | 展覧会 | Trackback | Comments(0)
2014年 10月 10日

ー櫂を漕ぐー 展示風景 第3室

b0080173_20545372.jpg

b0080173_20533258.jpg

b0080173_20551316.jpg


[PR]

by ai-pittura | 2014-10-10 20:55 | 展覧会 | Trackback | Comments(0)
2014年 10月 08日

お礼

b0080173_22281725.jpg
本日をもちまして、ギャラリー枝香庵での個展を無事終えることができました。

連日多くの方がご来場くださり、濃密な時間を過ごさせていただくなかで
感じたことはあまりに多く、まだ胸がいっぱいです。
これから少しずつ個展のなかで感じたことを消化しながら、また新たな絵に向かってゆきます。
まだまだ至らぬところばかりですが、
じっと見つめること、
日々を丁寧に歩いていくことをもっと大事にしたいと思います。

お忙しいなかお越しくださった皆様、遠くから見守ってくださった皆様、
枝香庵の荒井さん、スタッフの皆様、本当にありがとうございました。

東京滞在中は、渡り鳥のように大好きな人たちのおうちに泊まらせていただきました。
美味しいもの、すばらしいお酒を一年分くらい味わい、
皆からいただいたあたたかさで
今もずっと胸に灯がともっているようです。

これからもどうぞよろしくお願いいたします。
ほんとうに ありがとうございました。

忠田愛


※展示室 第3室の写真は近々アップします。

[PR]

by ai-pittura | 2014-10-08 23:02 | 展覧会 | Trackback | Comments(0)
2014年 10月 06日

ー櫂を漕ぐー 展示風景 第2室

b0080173_21562835.jpg

b0080173_21583864.jpg

b0080173_21585209.jpg

[PR]

by ai-pittura | 2014-10-06 21:59 | 展覧会 | Trackback | Comments(0)
2014年 10月 06日

ー櫂を漕ぐー 展示風景 第1室

b0080173_21404940.jpg





More
[PR]

by ai-pittura | 2014-10-06 21:43 | 展覧会 | Trackback | Comments(0)
2014年 10月 01日

忠田愛個展ー櫂を漕ぐーのお知らせ

b0080173_11300591.jpg







忠田愛個展 ー 櫂を漕ぐ ー のお知らせ


ー 櫂を漕ぐ ー


遠い昔から流らう

八重の連なりに

櫂を漕ぐ。

存在は

境のない生と死の

揺らぎを渡る

一葉の舟の

物語にも似てー。





会期:平成26年10月1日(水)〜10月8日(水) 会期中無休

時間:11時30分 〜 19時 (最終日8日は17時まで)

作家在廊日:10月1日(終日)、2日(11時30分〜17時)、4日(11時30分〜18時)


b0080173_11363001.jpg




夏が過ぎ、虫の声や風、透明な光に日々秋の訪れを感じています。
皆様のところはいかがでしょうか?
先日主人の個展が終わり、私は夏に受け持っていた大学の集中講義などを終えたところですが、
あっという間に今度は自身の個展が近づいてきて 慌ただしい日々です。

枝香庵の荒井さんが初めて作品を見てくださったのは暑い暑い夏の日、
2年前の滋賀での二人展でした。
それからお誘いをいただき、個展が実現することになり、とても嬉しく思っています。
枝香庵は銀座の松屋通りのほそーい通路を入り、(とっても細いので看板をお見逃し無く!)
そこからエレベーターでビルを8階まであがったところにあります。
展示空間はちいさな階段をはさんでいくつかに分かれている面白い空間で
なんといっても屋上のテラスがとっても素敵です。
テラスから見下ろす銀座の風景、そして空に抜けていくような開放感が心地よく
人呼んで銀座のオアシス!!遊びに来ていただけましたらとても嬉しいです。

私は今回、新作の絵に加え、陶彫、今年の春に神戸でさせていただいたドローイング展出品作の一部、
そして絵付け陶器なども展示予定です。
是非ご高覧ください。

忠田愛


※DM作品 ”櫂を漕ぐ” 麻布・陶土・岩絵具など 50号(写真は部分) 2014年


[PR]

by ai-pittura | 2014-10-01 11:29 | お知らせ | Trackback | Comments(16)