「ほっ」と。キャンペーン

タグ:ギャラリー島田 ( 5 ) タグの人気記事


2016年 01月 11日

貘枕展

貘枕展、とっても面白い展示になったよ!!とギャラリーの島田さんから
弾んだ声の電話をいただく。
一昨日より展覧会がはじまりました。
畳なんかも入って、いつものギャラリー空間とは別世界のようです。
ただし、会期中はどんどん展示替えをされるとのことですので
日々一期一会の空間をお楽しみいただけましたら幸いに存じます。
今の会場風景はこちらにすこし・・・


[PR]

by ai-pittura | 2016-01-11 12:33 | | Trackback | Comments(0)
2015年 12月 29日

貘枕展2016@神戸・ギャラリー島田

獏枕展2016


―日常をアートに― 

1/9 (土)~2/3(水)

夢を食らう獏のように少し遅めの初夢を見ていただきます。
会期中にスタッフがそれぞれの生活シーンへ提案を展示替えを繰り返します。
「具体」の作家から若い作家まで、ともかく 楽しくお買い物を楽しんでいただきましょう。
こんな時だからこそアートで心を装いいたしましょう。
私たちも楽しみながら毎日のように変わる情景を楽しみます。アートと暮らす、とはどういうことか。
毎日「おはよう」と挨拶を交わす、気のおけない同居人であったり、
時には目を合わすその一瞬で何かを語りかけてくることもある。
いついかなるときも、ただ一つの強いメッセージを伝えてくるものもあれば、見るたびに違うイメージが漂うもある。
作者の生き様を瞬時に思い起こさせ、勇気づけられたり、励まされたりもする。
アートは、それ自体の領域を越え、縦に横に、前へ奥へ、過去へ未来へと行き交う。
その日々の呼応が心の糧になり、そのことの全体がアートなのだと思う。

島田容子



出展予定作家(50音順):石井一男 伊津野雄二 稲富淳輔 井上よう子 植松永次 上村亮太 大竹茂夫 奥田善巳
金井和歌子 川島猛 重松あゆみ 須飼秀和 杉本裕子 高木さとこ 高濱浩子 武内ヒロクニ 忠田愛 坪谷令子
栃原敏子 蓮池もも 韓由美 花井正子 東影智裕 藤飯千尋  堀尾昭子 堀尾貞治 政木貴子 松谷武判 元永紅子
山縣寛子 wakunn ほか



B1F  1/9 (土)~2/3(水)*会期中の金曜日は作業日となり、休廊いたします。
〒650-0003 神戸市中央区山本通2-4-24リランズゲートB1F・1F
TEL&FAX 078-262-8058 
メールアドレス:gallery.shimada@dream.com



年明けの展覧会のお知らせです。
ギャラリー島田にて、稲富淳輔、忠田愛共に参加させていただきます。
日々の暮らしから生まれでたものが、また誰かの暮らしのなかで新たに生きてゆく、
そのことをとてもしあわせに思います。
お時間がありましたら是非お出かけくださいませ。



[PR]

by ai-pittura | 2015-12-29 20:54 | お知らせ | Trackback | Comments(0)
2015年 07月 24日

特別展示延長のお知らせ

b0080173_21162727.jpg
特別展示延長のお知らせ

神戸・元町のギャラリー歩歩琳堂での特別展示にお越し下さった皆様、
暑い中、そして台風の中を本当にありがとうございました!

展覧会は20日にて一応の区切りを迎えさせていただきましたが、
画廊のお取り計らいで7月末まで延長展示してくださることとなりました。
ご縁のありました作品たちは順次納品させていただくこととなりますが、
残りの作品はまだしばらく歩歩琳堂に飾られております。

7年前の旧作から近作、ドローイングなどいろいろ出ております。
神戸にお越しの機会がありましたら、北野のギャラリー島田でのミニアチュール展とあわせて
是非お立ち寄りください。

〜7月末まで
水・金定休
12:00 〜 19:00


ギャラリー歩歩琳堂
〒650-0022 兵庫県神戸市中央区元町通1丁目10−11 元町エビスビル 3F
お問い合わせは‎078-321-1154まで

b0080173_21264184.jpg

[PR]

by ai-pittura | 2015-07-24 21:27 | お知らせ | Trackback | Comments(0)
2015年 02月 08日

ギャラリー島田コレクション展のお知らせ@神戸

物語を紡ぐ
―ギャラリー島田コレクションによる―

1978 年に海文堂ギャラリーとして海文堂書店内に創業され、2000 年に北野町に移り、ギャラリー島田となり、
通算で37年目を迎えることになりました。
専門知識も経験もないままに、ただ好きだということだけではじめた画廊で、
いまに至るまでそのままかもしれません。「売る」よりも「買う」ほうへ傾いてしまう癖はなかなか直るものではなく
何時の間にか手に余るコレクションを成しました。
1月24日(土)から2月18日(水)まで前後半に分け、かつ順次展示替えをしながらコレクションをご覧いただきます。
スタッフも見ていない作品も多数展示され、私も久しぶりに再会できることを楽しみにしています。
リーズナブルに皆さんにお渡しできれば作品も喜ぶでしょう。

島田 誠

会期:(後半)2/7(土)〜2/18(水)
12:00〜19:00*火曜日は 〜18:00、最終日は 〜16:00


〒650-0003 神戸市中央区山本通2-4-24リランズゲートB1F・1F
TEL&FAX 078-262-8058 
メールアドレス:gallery.shimada@dream.com

島田さんとのお付き合いももう7年ほどになるでしょうか。
歩歩琳堂での初個展以来、いつも個展に駆けつけてくださり、
あたたかく、そして厳しいやさしさを持って見守ってくださる島田さんに感謝の念が尽きません。
コレクション展に、なつかしい作品を数点展示してくださっています。
お近くにお越しの機会がありましたら、是非お立ち寄り下さい。

[PR]

by ai-pittura | 2015-02-08 14:09 | お知らせ | Trackback | Comments(0)
2014年 12月 13日

石井一男さん

b0080173_21521788.jpg
先日は楽しみにしていた石井一男さんの展覧会を見に神戸へ。
階段を降りると島田さんと石井さんがちょうど扉をあけて出て来られたところだった。
子犬のようにきらっと光った石井さんの眼にぶつかる。
画廊のなかには額を着て、スポットライトの光を浴び、
すこし気恥ずかしそうな絵たち。
私は鳥の絵が気になり、画廊のなかを何周かまわる度に
その前で立ち止まってしまう。
黄土を背にする黒い鳥。
どこを見ているのかわからないその眼は
怖いとも優しいとも悲しいとも違う、
太古の鳥類のようでもあり、ひとのようでもあった。
見ていると
石井さんのアトリエのしずかな空気がすうっと流れてきた。

(左の写真は今回の石井さんのDM表紙の絵)

[PR]

by ai-pittura | 2014-12-13 22:12 | 展覧会 | Trackback | Comments(0)