ふりつもる線

aipittura.exblog.jp
ブログトップ

<   2015年 08月 ( 9 )   > この月の画像一覧


2015年 08月 28日

ミコ

b0080173_18315875.jpg
懐かしい写真が出てきた。
アトリエに一時期、毎日のように昼寝に来た仔猫のミコ。
光にかざすと透けてしまいそうな透明な空気の猫だった。
ミコとのうつくしい時間は、短いものだったけれど
記憶の中はきんいろに仄明るい。

[PR]

by ai-pittura | 2015-08-28 18:35 | 仰木の暮らし | Trackback | Comments(0)
2015年 08月 26日

茗荷

b0080173_21335967.jpg
大学通信の夏のスクーリング集中講義が終わって、ほっとしたと同時に体調下降気味。
キムチと渡辺さんのニンニクでスタミナをつけ、生姜で身体をあたため、茗荷で胃腸のはたらきを促す。
3年前に沖谷先生が株分けしてくださった茗荷はすくすく育ち、
第一陣収穫の子たちは皆よく太り、ツヤツヤとして見目麗しい。
描きたいものの旬は いつもあっという間に過ぎ去ってしまう。
急がねば。

[PR]

by ai-pittura | 2015-08-26 21:46 | 仰木の暮らし | Trackback | Comments(0)
2015年 08月 26日

五島列島〜4

b0080173_20223212.jpg
五島を発つ最後の日は快晴だった。
レンタカーを返却し、瑠璃色に輝く海沿いを岬の先端近くまで歩く。
このあたりは矢堅目という地名で、突端の三角の大岩はかつて五島列島西方海上航路の目標となった。
そのため、侵入してくる外敵を防ぐため矢(守備兵)で堅めたという。

b0080173_20225107.jpg




b0080173_20405609.jpg



階段をのぼり、大岩を眺める公園につくと突然視界がひらけ、
海から巻き上げられた風に強く身体を押された。
見る間に服が帆のように波うち、煽られた髪の毛が顔を叩く。
目をつぶると どこまでも飛んでいけそうな気持ち。
b0080173_20230229.jpg

b0080173_20405609.jpg
一個人が抗いようのないもの(それは戦争であったり自然現象であったり)に対峙してきた人々のこと、
そして時代が過ぎ去り、また移り変わってゆく意識のことを
旅のなかで考えるともなく考えていた。
それは、いい悪いということではなく。


目の前に無窮の海がひろがっていた。
じっと見ていると太古の息づかいが聞こえてくるようだった。
大陸からこのちいさな島へ渡来してきた私たちの遠い祖先のこと。
この風景はその人たちが見ていたものとさして変わらないのではないだろうか。


見上げると数えきれない赤トンボが上空を舞っていた。

b0080173_20415381.jpg



[PR]

by ai-pittura | 2015-08-26 21:21 | | Trackback | Comments(2)
2015年 08月 25日

五島列島〜3

b0080173_17524974.jpg
自然豊かと言えば聞こえいいけれど、島の自然は野性的で荒々しく、厳しい。
内部は山がちで田畑などはほとんど無く、
人が足を踏み入れていない山々を縫うように高低差の激しい道がどこまでもつづく。
植生は椿などの照葉樹林帯が目立ち、かつて渡来した縄文人のことに思いを馳せた。
むせ返るような緑にはさまれた、ほとんど風景の変わらない道をただただ走り
ようやく中通島の東端に辿りついた時は何かほっとしたような思いだった。

橋を渡り、海を見晴るかす場所に頭ヶ島天主堂が突然あらわれた。
日本には珍しい石組みのうつくしい教会。
教会の前には、青い海を背負うようにキリシタン墓地があり、
あるものは角がとれ、あるものはひび割れた石の十字架は
それぞれにふかく刻まれた皺をもつ人々の顔のようだった。


b0080173_17531151.jpg

ササユリが、切り立った海食崖の上の斜面のあちらこちらで満開を迎えていた。
その際立った白さが、教会を縁取るように心にのこっている。


b0080173_17534604.jpg
浜串、希望の聖母像

滞在中、五島列島50年に一度とも言われる大雨に見舞われた。
船は欠航となり、海水浴場も遊泳禁止、
岩壁に激しく波しぶきが打ちつけられ、思わずあとずさりする。
浜串の教会で、その日、守をしていたおばあさんと長くお話した。
繰り返されたキリシタン弾圧、この土地のもつ痛みや安らぎは
ひとりの人のささやかな日常のお話を通して、
はじめて実感を伴い、内側へ浸透していくような気がした。

この場所はおばあさんがこの島で一番好きだと言った場所。


[PR]

by ai-pittura | 2015-08-25 18:34 | | Trackback | Comments(4)
2015年 08月 25日

五島列島〜2

中通島、蛤浜へ。

遠浅の浜に、無数の小さな丸い砂玉が敷きつめられている。
もしかして、もしかして!とはやる気持ちを押さえながらのぞきこむと、
やっぱりそうだ。
コメツキガニ!
この砂団子はコメツキガニが砂をすくって口に当て、
プランクトンや有機物を吸いながら器用にまるめて下に落としていく、食事跡のようなものなのだが
なんとまあ見事なこと。

b0080173_13484844.jpg
砂のうえを歩いていると振動を感知して、皆すばやく隠れてしまうけれど、
じっと座って身動きせずに10分くらい待っていると
お、出てきた出てきた・・!
b0080173_13490083.jpg
写真中右下の穴の左上にもカニが写っている。すばらしい保護色。



b0080173_13490792.jpg
こちらはマメコブシガニ。コメツキガニと違ってなんともどんくさく、
すぐにつかまえられる。
横歩きではなく前に歩くカニで、砂に潜っていく様子も手際の悪さが愛らしい。

海の浅瀬にはたくさんのハゼやムツゴロウ?のような生き物達。
少し深いところにはクサフグの群れ。
岩場を求めて少し沖までいくと小さな黄色いフグやオコゼ(背びれに強い毒あり)、
黒や水色の魚の群れ。
そんなに遠くまで行かないでください!もっと手前で!とカヤックの監視員さんに怒られながらも
エイにも会えて嬉しかった海の一日。
b0080173_14215075.jpg
”水中で撮れるインスタントカメラ”なるものを見つけて
撮ってみたところ、やや不鮮明ではあるけれど、五島の海がそのなかに広がっていた。

[PR]

by ai-pittura | 2015-08-25 14:30 | | Trackback | Comments(0)
2015年 08月 16日

五島列島〜1

島内に29もの教会が点在している中通島へ渡る。



堂内へ
[PR]

by ai-pittura | 2015-08-16 18:09 | | Trackback | Comments(0)
2015年 08月 16日

8月9日長崎

b0080173_17065910.jpg

b0080173_17082255.jpg

2015年8月9日 長崎に着いた。
その場に立つ。
土地が語りかけてくるものは、どんな映像より切実に胸を衝き 呆然とする。
あれから70年。

肌がチリチリと痛く、歩く度にぐらりと視界が揺れるような、暑い暑い一日だった。

b0080173_17083599.jpg




b0080173_17084778.jpg

舟越保武さんの二十六聖人像が立つ、西坂の丘へ。
長崎駅からほど近い場所ながら、
急な坂道を上がりきるとふっと空気が変わり、時がゆるやかに流れはじめる。
舟越さんが無我夢中で、4年の歳月をかけて打ち込んだ26人の殉教者像。
そこには無窮のしずけさが宿っているようだった。
舟越さんは二十六聖人が殉教した日と同じ2月5日に亡くなった。


[PR]

by ai-pittura | 2015-08-16 17:43 | | Trackback | Comments(2)
2015年 08月 02日

真夏の午後の過ごし方


b0080173_18324437.jpg
b0080173_18325904.jpg





だーれもお外へは出ず、
それぞれに風の通り道を見つけ
ゆうらりだらり。

[PR]

by ai-pittura | 2015-08-02 18:33 | たがねとめめとみん | Trackback | Comments(2)
2015年 08月 01日

枝香庵サマーフェスタ2015のお知らせ

b0080173_10523047.jpg
枝香庵サマーフェスタ2015
8月3日(月)〜10日(月)
11:30〜19:00(日曜日・最終日は17:00まで)

〒104-0061東京都中央区銀座3-3-12銀座ビルディング8F
TEL:050-3452-8627
FAX:03-3567-4921

毎年恒例!枝香庵の夏祭り、絵画、木彫、版画、陶、ガラス、染織など大勢の作家大集合です。
私(今回は猫画うちわです。)も主人(陶)も出品させていただいております。
お近くにお越しの折には是非お立ち寄り下さいませ。

[PR]

by ai-pittura | 2015-08-01 10:57 | お知らせ | Trackback | Comments(0)