ふりつもる線

aipittura.exblog.jp
ブログトップ

<   2014年 07月 ( 15 )   > この月の画像一覧


2014年 07月 30日

Under the Kayak


b0080173_13520350.jpg

食欲が戻り、暑さにも慣れてすっかり元気になってきた。
思いがけず1年間、月に1回ほど滋賀県高島市や高島トレイルのPRに関わることとなり、その初仕事に。
夏の低山は暑過ぎるので、その日は高島市の水まわりを取材、体験させていただきながら、
滝のそばでの岩登り、そして最後はなんと奥琵琶湖でカヤックまで。
お仕事でこんなに楽しませてもらっていいのだろうかと思うほど
胸躍らせた、少年(少女)の夏のような一日。

今までカヌー(カヌーがオープンデッキなのに対しカヤックはクローズドデッキで足を船体の中に入れる)や
リジッドカヤックには乗ったことがあったけれど、
フォールディングカヤック(船体布と骨組みで構成される組み立て式カヤックで、コンパクトになるので
いつか買おうとしているタイプ)に乗るのははじめてだった。
何が違うかというと、カヌーに比べて視線が水に近いということと、
何よりもお尻の下は船体布一枚なので、水のうねりや水温までもがそのまま身体に伝わってくること!
しかも、乗せていただいたカヤックは、大好きな野田知佑さんが愛用していたFeathercraftのもので、
カヤックオーナーのOさんはなんと野田さんの著書に出逢ってその道に入ったシーカヤッカー。
数々の冒険譚は少し聞いただけでも本当に面白く、いろんな素敵なことが重なってうれしいことばかりだった。

空はどこまでも青く、光輝く雲は生命力に満ちていて、きらきらと光る湖面までもが笑っているようだった。
肌は太陽に灼かれ痛いほどだったけれど、湖面を渡る風は涼しく心地よかった。
ふと目を閉じると、お尻の下には冬の高山にも似た鋭いしずけさがどこまでも広がっていて
そのことが心に刺さって忘れられない。
大きな水と空の間をすすんでいく一葉のカヤックは
おおきな流れのなかに生きてゆく私たちにそのまま重なって見え、
きっとそれだけが理由でもなく、なぜかわからないけれど
どうしようもないほど胸を打たれていた。

b0080173_16061303.jpg




[PR]

by ai-pittura | 2014-07-30 16:08 | 風景 | Trackback | Comments(0)
2014年 07月 30日

Basilico


b0080173_13212243.jpg



摘心をくりかえしてこんもり育ったバジルの収穫。
近くのスーパーに松の実が売っていなかったのでオリーブオイル、白胡麻と一緒にすりつぶし、
ペーストを作る。
あたり一面、バジルの香りに包まれて、イタリアの風景が蘇ってくる。

b0080173_13252835.jpg
b0080173_13245290.jpg

[PR]

by ai-pittura | 2014-07-30 13:29 | 仰木の暮らし | Trackback | Comments(0)
2014年 07月 29日

感謝

日本橋高島屋の前田寛治大賞展、そしてギャラリー恵風の四人展にお越し下さった皆様、
本当にありがとうございます。
ひとりひとりとお会いして、ゆっくりお話できればと思いながらも
それが叶わないなかで、
絵が多くの人たちと出逢っている不思議に感謝しています。



[PR]

by ai-pittura | 2014-07-29 00:35 | | Trackback | Comments(0)
2014年 07月 23日

Myoga

b0080173_14272877.jpg
夏がとても好きなのに、早くも少々夏バテ気味で、お腹の調子が一週間以上芳しくない。
食欲もさほど無し。
このところ一番美味しく感じるのは茗荷。
お素麺は葱、紫蘇、錦糸卵、オクラ、はちみつ漬けの梅、生姜、それから茗荷をどっさりいれて、
薬味と素麺は1対1くらいでもいいくらい。
食欲の無い日は、おぼろ豆腐に茗荷と紫蘇、トマトのザク切り、(シラスがあればなおよし)
それにポン酢とオリーブオイルをかけて。
茗荷はそのまま食べてもいいし、バターで炒めると少しやさしくなり、
これなら10個でも20個でも食べられる。

去年植えた茗荷の花穂が出てくるのを手ぐすね引いて待ち構えている。


b0080173_14503066.jpg
茗荷のデッサン、稲富淳輔のうつわと @白白庵 2013
[PR]

by ai-pittura | 2014-07-23 14:52 | 仰木の暮らし | Trackback | Comments(2)
2014年 07月 23日

大暑

b0080173_14172993.jpgb0080173_14173660.jpg
"Over the Clouds" 2014年 陶土、真鍮、岩絵具

梅雨明け宣言、夏ですね。
夏の雲を見る度に、あの雲のむこうに駆けてゆきたいと思い。

b0080173_14572126.jpg
[PR]

by ai-pittura | 2014-07-23 14:22 | 陶彫 | Trackback | Comments(0)
2014年 07月 19日

金沢アートスペースリンク2014のお知らせ

b0080173_16442065.jpg

金沢アートスペースリンク24
-金沢 26のアートを追え!-

2014年8月1日(金)〜8月31日(日)

主催 金沢アートスペースリンク
お問合せ・事務局 NPO法人金沢アートグミ

参加ギャラリー一覧  計 26ヶ所
As baku B/ÉNIGME/金沢アートグミ/cafe&gallery musée/Kapo/ガレリアポンテ/
ギャラリーアルトラ/ギャラリー点/ギャラリートネリコ/ギャラリー椋/ギャラリールンパルンパ/
芸宿ge-Shuku/KOGEI まつきち/コニーズアイ/collabon/COLONY/茶房一笑/山鬼文庫/
THE ROOM BELOW/shirasagi/白鷺美術/真福院/髙木糀商店/問屋まちスタジオ/陶庵/
NEW ACCIDENT/山ノ上ギャラリー


金沢、武蔵が辻(近江町市場)横の北國銀行の歴史的建造物を利用した金沢アートグミの会場で、
参加ギャラリーのアートフェアが開催されます。
cafe&gallery muséeのブースにて私も小さな絵を出品させていただきます。
アートスペースリンクにお越しの皆様、cafe&gallery muséeでの装丁画展とあわせて
是非お越し下さいませ。 

[PR]

by ai-pittura | 2014-07-19 16:50 | お知らせ | Trackback | Comments(0)
2014年 07月 19日

ミニアチュール神戸展のお知らせ

b0080173_16382583.jpg

恒例の夏祭り展、ミニアチュール神戸展がはじまります。
毎年、ギャラリーがテーマを決めて、作家が新作で参加をするという、企画者や観客としては贅沢な試みです。
今年のテーマはずばり 「Change」 です。 皆さんは何をChangeされますか?
日本を、世界を、 原発を、相方を、生活習慣を・・・ Changeするのはなんのためでしょうか。
破壊、革新、投棄といった怒りによるChangeもありますがその向こうには「希望」も「夢」も
ありそうです。誕生、再生、回復、発見もまたChangeでしょう。
作家たちが小さな宇宙に想いを託します。ぜひご覧いただきたいと思います。
ギャラリー島田HPより

◆B1Fにて 7/26(土)〜 8/6(水) 12:00〜19:00
※火曜日は〜18:00、最終日は〜16:00まで。

◇恒例の「ドリンクナイト」へお集まり下さい。7月26日(土)17:00から
お客様、作家の皆さんが楽しく交流する「ドリンクナイト」です。
いつも、ここから何かが生まれる、そんな魔法の時を過ごしてください。
いつものpotluck(ポトラック・持ち寄り)スタイルです。どなたさまもどうぞ。


ギャラリー島田
〒650-0003 神戸市中央区山本通2-4-24リランズゲートB1F
TEL&FAX 078-262-8058 

お誘いをいただき、急遽こちらにも夫婦揃って出品致します。
神戸、三ノ宮界隈にお越しの折には是非お立ち寄り下さいませ。

[PR]

by ai-pittura | 2014-07-19 16:41 | お知らせ | Trackback | Comments(2)
2014年 07月 14日

文学とアートの出会いー装丁画展@金沢のお知らせ

b0080173_22202090.jpg

「文学とアートの出会いーアートソムリエ山本冬彦とギャラリーが選ぶ装丁画展ー」

□ミュゼさんの装丁展によせて
ここ2年ほど若手作家の様々なグループ展を企画していますが、昨年東京で実施した文庫本表紙の装丁展を
見たカフェギャラリーミュゼの益田さんから金沢でも実現したいとの依頼を受けました。
せっかくの機会ですので益田さん推薦の地元関連作家と私が全国から選んだ若手作家の
エール交換のグループ展としました。
楽しみにしてください。

アートソムリエ 山本冬彦

●会期  2014年8月2日(土)~9月3日(水)
     12:00 〜 19:00 木金休廊

●会場  ギャラリーミュゼ(金沢市柿木畠3-1 2F)
      076-263-1187 

●参加メンバー

荒木 愛 (東京藝大 日本画)    小塩 恵子 (金沢美大 洋画)
黒木 美津子 (多摩美大 日本画)  佐直 麻里子 (金沢美大 日本画)
佐々木 優衣 (東北芸工大 洋画)  竹平 亮太 (金沢美大 洋画)
忠田 愛 (京都造形芸大 日本画)  本多 厚二 (金沢美大 彫刻)
中村 眞弥子 (武蔵野美大 洋画)  前田 有加里 (京都造形芸大 日本画)
新家 未来 (愛知芸大 日本画)   安田 薫 (金沢美大 日本画) 
平田 達哉 (金沢美大 洋画)
牧 弘子 (佐賀大 洋画)

※今年の8月も金沢市内 24ヵ所のギャラリーが合同企画として催される「金沢アートスペースリンク」の一環として開催されます。


装丁には以前からとても興味を持っており、そんな折、山本さんから展覧会にお誘いを頂きました。
もしも自分が装丁するとしたら・・と、本を選ぶところからたのしい時間を過ごしました。
私は、愛読している梨木香歩さんのエッセイ、”渡りの足跡”の装丁として
墨と鉛筆でドローイングを描きました。
金沢にお越しの機会がありましたら是非お立ち寄りください。

※装丁したブックカバーは実際に本屋さんに並ぶ訳ではなく、本展のみの企画となっています。 
いつか、本当に装丁画のお仕事もさせていただけることを夢見て!


[PR]

by ai-pittura | 2014-07-14 22:37 | お知らせ | Trackback | Comments(0)
2014年 07月 12日

前田寛治大賞展

第9回 前田寛治大賞展

故・前田寛治の偉大な業績を顕彰し未来へ向けて継承するため、1988年に創設された前田寛治大賞展。
今回で9回目となるこの大賞の理念は、前田寛治が残した理論や作品に顕現された新写実主義を受け、
現代におけるその新たなる展開や可能性を主題にしています。
出品は、写実主義を実践している若手作家を推薦委員より選抜する指名応募制です。


髙島屋東京店(日本橋)6階 美術画廊 
平成26年7月16日(水)~7月22日(火)
午前10時~午後8時(最終日は4時まで)

倉吉博物館
平成26年9月 6日(土)~10月5日(日)

石田 淳一 井原 信次 卯野 和宏 小田 志保
桂 典子 加藤 隆之 近藤 智美 竹内 佑未
茶谷 雄司 忠田 愛 張 麗寧 鶴 友那
唐仁原 希 中尾 直貴 中台 ゆう子 名知 聡子
鉢呂 彰敏 馬場 洋藤田 貴也 益村 千鶴
松田 一聡 目黒 礼子 森吉 健 山田 和宏
山田 真二 湯浅 ひろみ 横山 瑛子 吉中 裕也
渡抜 亮 安彦 文平 磯貝 知哉 津田 やよい
 

推薦をいただき、前田寛治大賞展に100号の絵を出品させていただいております。
会期中に上京できず、とても残念なのですが、日本橋高島屋にお越しの機会がありましたら
是非美術画廊にお立ち寄りください。

[PR]

by ai-pittura | 2014-07-12 22:26 | お知らせ | Trackback | Comments(5)
2014年 07月 11日

b0080173_12335699.jpg
庭に植えた向日葵たちがひと雨毎に伸び、
見る度におおきくなり、
私たちの背丈を越え、
風ニモマケズ
夏ノ暑サニモマケヌ丈夫ナカラダヲモチ
どっしりと根をおろし、
すくすくと育ち、
いつの間にか軒を越え、
とうとうおとなりの二階の窓にほど近い高さになろうとしている。
[PR]

by ai-pittura | 2014-07-11 12:41 | Trackback | Comments(0)