<   2013年 09月 ( 5 )   > この月の画像一覧


2013年 09月 30日

収穫祭

b0080173_160352.jpg
秋の道の駅はたまらない。
ひとつひとつのお顔があまりに豊かで、選ぶのも時間をかけて。
ああ実りの季節なんだなあと。
田舎の秋は短い。
夏の竹マットをしまい、毛のカーペットに敷きかえる。
庭の草はヌスビトハギ、イヌタデ、エノコログサへ。
[PR]

by ai-pittura | 2013-09-30 16:10 | 仰木の暮らし | Trackback | Comments(0)
2013年 09月 23日

めめ

b0080173_2133675.jpg
この夏は、かなりバタバタしてブログの更新もお知らせばかりになってしまった。
この夏の大きな出来事、
それはおめめがうちの子になったこと。
気位が高く、どんな猫もまず好きになれない(自分を人と思っている)たがねが
めめが家にあがっていることを黙認したのだから、猫と猫の相性というのはとても不思議だ。
日中、たがねの出入り口として開けたままにしている戸の間からは時々他の猫が、
隙を伺いながら入ってくることがあるのだけれど、たがねはそれを見つけたが最後、
すごい剣幕で追い回し、毛を逆立て山のように怒る。
それは今までどんな猫に対しても変わりはなく、テリトリーなので当然なのだけれど、
散歩から帰り、昼寝をしているおめめを見つけた日、たがねはめめを追い出そうとはしなかった。
ギロリと横目で睨みをきかせ、ほんのひとまわり背中をふくらませたけれど。
そこからめめは”お泊まり”していくようになり、そのままうちの子になり、
たがねとめめがお互いの距離をはかりながら、
日々近づき、離れするのを観察するのはとてもおもしろい。
屈託がなく、好奇心旺盛なめめ。
たがねのゆれる尻尾に飛びついては怒られ、猫パンチを受けても次の瞬間にはけろりと忘れているめめ、
怒ったたがねに部屋中追いかけまわされても、追いかけられることを楽しんでしまうめめだから、
半ばあきれ、いつの間にか追いかけることをそれなりに楽しんでいるたがねがいる。

b0080173_22205691.jpgb0080173_22212617.jpg

最近のめめは、小さかった頃のしずけさがどこにいったのか不思議に思うほどやんちゃだ。
ビニール袋にダイブし、ゴミ箱に飛び込み、あらゆる小物をドリブルして本棚の下にシュートし、
花瓶を倒し、ねずみのおもちゃをくわえて部屋から部屋を疾走し、
突然電池が切れたかのようにこてんと膝のうえで眠る。

b0080173_22214532.jpg
[PR]

by ai-pittura | 2013-09-23 22:25 | たがねとめめ | Trackback | Comments(2)
2013年 09月 23日

ガレリアポンテにて

b0080173_20234543.jpg

金沢から滋賀に帰ってきました。
知っている人がほとんどいない初めての土地で展示させていただくのは新鮮。
初個展をした時の心持ちを思い出しました。
そのなかで、自分の絵を眺め、いろいろ思いを新たにしました。
金沢の方たちに知っていただくには、これからじっくりと時間をかけて
回を重ねていけたらと思います。
在廊中には神戸、京都から駆けつけてくださった方が数人いらっしゃり、
胸が熱くなりました。心底嬉しかったです。
遠路、ほんとうにありがとうございました。

個展は29日までです。
どうぞよろしくお願いいたします。

夜の部
[PR]

by ai-pittura | 2013-09-23 21:06 | 展覧会 | Trackback | Comments(0)
2013年 09月 20日

忠田愛個展@金沢のお知らせ

b0080173_2142480.jpg忠田愛 個展

ー 日月 ー



この度、ご縁あって金沢で個展をさせて
いただくこととなりました。
北陸では初の個展となります。
自己紹介ということで、
これまでに描いた絵、銅版画のなかから、
そして新作の絵、彫塑の作品を
あわせて25点ほど展示予定です。


会期:9月20日(金)〜9月29日(日)
水曜休廊
11:00~18:00

20日と21日(15時頃まで)に在廊します。
金沢にお越しの機会がありましたら是非お立ち寄り下さい!






※DMの作品はこの夏に描いた絵です。
”朱夏” 4号S 麻布、陶土、岩絵具、土性顔料、墨 2013



b0080173_21151941.jpg

ガレリアポンテ
住所 :〒921-8031石川県金沢市野町1-1-44
Tel :076-244-6229
Fax :076-244-6229
Mail :galleria_ponte@nifty.com

アクセス :金沢駅よりタクシー、バスで約15分
金沢21世紀美術館より徒歩10分
[PR]

by ai-pittura | 2013-09-20 21:00 | お知らせ | Trackback | Comments(2)
2013年 09月 13日

中之条ビエンナーレ2013参加のお知らせ

b0080173_13135281.gif


イマジン参加概要
【展示会場】十二みます:群馬県吾妻郡中之条町入山4049-28
【プラン】「中之条の町に星の家を作る」
【参加メンバー】市川裕司、大浦雅臣、加藤優花、加藤由紀、小金沢智、菅原有生、多田さやか、
忠田愛、西川芳孝、福田浩之、松川はり、Emily Miller、渡邊透真/13名

「中之条ビエンナーレ2013」概要
【会期】2013年9月13日(金)〜10月14日(月祝)
【展示会場】群馬県中之条町 町内6エリア37ヶ所
【イベント内容】温泉街や木造校舎など町内各所で絵画・彫刻・写真・インスタレーション等の展示、
オープニング・クロージングイベント・舞踊等のパフォーマンス、建築館サテライト企画、
伊参スタジオ映画祭タイアップ企画、作家によるワークショップを開催。
※展示会場を巡るバスは土日祝日に運行予定、ほか各種イベントを多数企画。
【パスポート】当日1,000円・前売り800円 / 高校生以下 観覧無料 
【アクセス】
・ お車の場合 – 関越自動車道「渋川伊香保I.C」より40分
・ 高速バスの場合 -「東京駅」「新宿駅」より直行便で3時間
・電車の場合-上野駅より特急草津で2時間
※公共交通で六合(くに)地区へお越しになる場合は、「長野原草津口」駅より路線バスをご利用ください。
(運行数が少ないのでご注意ください。)
【お問い合わせ】中之条ビエンナーレ実行委員会事務局(SATORI内)
〒377-0424 群馬県吾妻郡中之条町大字中之条町926-1
TEL/FAX : 0279-25-8500
email : biennale@town.nakanojo.gunma.jp

b0080173_13141461.jpg

日本画出身者によるプロジェクトグループ・イマジンは、中之条ビエンナーレ2013に
「中之条の町に星の家を作る」というプランで参加します。
会場は、六合・暮坂エリアにある2階建ての元民宿・十二みます。
1階の土間と座敷には来訪者参加型インスタレーション「みんなの星で銀河を作る」と多田さやかの大作を、
2階の客室には天文民俗学者・野尻抱影(1885-1977)氏の著作『星三百六十五夜』(1955年)から
着想を得た作家12名の作品を展示し、群馬県北西部に位置する山間の町・中之条町に、
星降る家を出現させるという試みです。

『星三百六十五夜』はその名のとおり、1年間365日分の星にまつわる随筆が収められています。
もともと野尻抱影氏は、毎夜の観察によってそれらを収めることを目的としていたようですが、
居住していた関東地方の気象ではそれがかなわず、戦前からの日記や思い出を補いつつ、
おおよその月日にあたる星座や星を配し、愛誦する唐宋の詩、西詩、ギリシア・ローマ古詩の
初訳など星にちなんだ文学も挟みこんでいます。
それは、「星」をめぐる、豊かで、巨大なデータベースを形成していると言えるでしょう。
今回私たちは、この『星三百六十五夜』の、それぞれの誕生日にあたる随筆を読み解き、
創造の大きな源として作品を制作しました。
会場では、こうして野尻抱影氏の随筆をアイデアソースとして作家12名が制作した作品に加え、
それらの作品を元にした日本近現代美術史研究者・小金沢智の文章も展示します。

イマジンsiteより

オープニングに合わせて私も星降る中之条にゆきます。
交通の便は決していいとは言えないところですが、
日本の山村風景が変わらず残る中之条、秋の風に会いにゆっくりしに来ていただけたら嬉しいです。
近くには四万温泉、万座温泉、草津温泉、もうすぐダムに沈む川原湯温泉、吾妻渓谷、
秘湯名所が盛りだくさんです。

[PR]

by ai-pittura | 2013-09-13 13:11 | お知らせ | Trackback | Comments(0)