<   2013年 04月 ( 15 )   > この月の画像一覧


2013年 04月 30日

東北へ vol.7さくら

b0080173_22221759.jpg

b0080173_22222818.jpg

b0080173_22224453.jpg

b0080173_22232058.jpg

b0080173_22232055.jpg

[PR]

by ai-pittura | 2013-04-30 22:26 | 東北 | Trackback | Comments(4)
2013年 04月 30日

東北へ vol.6仮設の今

b0080173_19385047.jpg
高田一中の仮設は犬猫も暮らしている。

仮設では住民の幾人かの方のお話を伺うことができた。
それは考えてみれば当然のことなのだけれど、驚くほど千差万別だった。
仮設での暮らしも長くなればなるほど様々な問題や格差が出てきている。
震災前は、ひとり暮らしで淋しさを感じていたけれど、
今こうしてボランティアの方にも良くして頂き、友達が近くにいることは安心する、とおっしゃる方、
なかなか趣味も見つからず、仮設の皆で集まってする手芸などにも興味が持てず、
仮設の暮らしはもう辛い、はやく家が欲しい、とおっしゃる方・・・。
若い人はなんとか少しずつ仮設から出て、新たな暮らしをつかみとっていくことができても、
お年を召された方が新たな家を手に入れることはすごく難しいことなのだ。
時間が経つと共に、少しずつ訪れる人も減り、歯抜け状態になっていく仮設。

たこ焼きが焼けたら家に届けてほしい、と依頼をいただき、何軒かの家に宅配にまわった。
仮設の路地を歩いている時、テレビの音が漏れてくるお宅がいくつもあることに気付いた。
ただ、何をする訳ではない、家の前に虚ろな顔で立っておられる方がいた。
広場でのイベントや炊き出しに参加しておられない、参加する気持ちになれない方も
たくさんおられるということを知った。

被災のかたちは様々だ。
二年の月日が過ぎ、そこにどんどん大きな差が産まれつつあることを目の当たりにした。
被災者の方、とひとくくりにすることなどできない、
それぞれの方の人生の数だけ それぞれの震災の事実がある。

そして、幾人もの現地の方から言われたことがある。
あなたの避難所はどういう場所ですか?
そこに行ったことがありますか?
安全ですか?
家族がバラバラになった時、落ち合う場所を決めていますか?

震災は終わったことではない。
他人事でもない。
自然とのかかわりの中で、常に意識しておくべきことなのだ。

最後に、仮設の金会長からこう言われた。

あなたの孫の代までには必ず南海トラフ地震が起こる。
その時 何がなんでも 絶対に生き延びると約束してほしい。

被災していない私たちがするべきことは、まず自分自身のこととしてしっかり考えること。
考えなくてはいけないことが、原発を筆頭に現在進行形でまだまだたくさんある。
そして、瓦礫撤去など目に見える直接的な仕事が少なくなったとしても、
これからこそボランティアが必要となってくる部分もあり、
ほんとうの意味での復興には何十年という膨大な時間がかかるのだと感じた。

b0080173_21321113.jpg

最後に、利権がからんだ問題や、
行政と住民のズレに関するお話も
いろいろと伺いました。
事実を詳細に知った訳ではないので、
ここに書くことは憚られますが
住民の方の意見が尊重されることを
切に願います。


高田一中仮設の広場にて
”一本松”の松の子だよ、と言ってくれた松子おばあちゃんと
福美おばあちゃんと。
[PR]

by ai-pittura | 2013-04-30 21:44 | 東北 | Trackback | Comments(4)
2013年 04月 30日

東北へ vol.5仮設にて

b0080173_18473437.jpg

b0080173_18475133.jpg高田一中仮設のイベントでたこ焼きの炊き出し。
これは大阪人の腕の見せどころ!
たこ焼き器6台、
追加でたくさん買い出しもしていただき
全部で400〜500個焼いたでしょうか。
最後は予約までいただき、2時間で売り切れ。
喜んで食べていただけることが本当に嬉しくて。
仮設では一ヶ月に一度、このようなイベントを
ずっとされているとのこと。
他にはバーベキュー、ビールにおにぎり、なめこ汁、
おまんじゅう、ケーキなども。


b0080173_18481761.jpg

b0080173_18464532.jpg
(この写真、レンズにたこ焼きの油がついてますね。)
お腹がふくれてきた頃、前のステージではカラオケ。
COOPたこ焼き組も最後に皆で365歩のマーチを歌わせていただきました。

b0080173_1972032.jpg
そして、最後は満開の桜の下、皆でさくら音頭をおどる。

b0080173_1921799.jpg
[PR]

by ai-pittura | 2013-04-30 19:28 | 東北 | Trackback | Comments(0)
2013年 04月 30日

東北へ vol.4一本松

b0080173_1642261.jpg
一本松がもう生きられず、モニュメントとして残されること、
しかし1億5000万円ものお金が使われることを
ニュースで知った時、正直、一抹の違和感を感じていた。

しかし、今回、何もかもなくなった陸前高田の風景を背に見た一本松のモニュメントの存在は
ほんとうに象徴的なものだった。
瓦礫の山のなかで、津波にのまれてなお、たった一本で凛と立って生き続けたこの松は、
当時どれだけの人の光になったのだろう、
ほんとうに 心から お疲れさま。
[PR]

by ai-pittura | 2013-04-30 18:37 | 東北 | Trackback | Comments(0)
2013年 04月 30日

東北へ vol.3陸前高田沿岸

b0080173_15385619.jpg
一本松で知られる陸前高田沿岸部。
震災の前、ここは白砂の広がる美しい松原だった。
語り部釘子明さんのお話を聞きながら、
ひとつひとつの場所を見せていただく。

b0080173_1546468.jpg
海のすぐそばの気仙中学校は震災モニュメントとしてこのまま残されるとのこと。
先生の的確な指示で生徒全員が避難することができた。

b0080173_15463542.jpg

b0080173_15475782.jpg
一本松を前に、後ろを振り返ったところにあるガソリンスタンド。
b0080173_15443556.jpg

その横に視線をうつせば、ただ 何もない、何もない、風景が広がる。
愕然とする。
ひとつの街が、たくさんの営みが、津波によって無くなってしまった。
たった 4分の間に。

b0080173_15584856.jpg
瓦礫の処理はずいぶんと進んでいる。
それでも、陸前高田の沿岸部は1mにも及ぶ深刻な地盤沈下により、水が至るところに溜まったままで
塩害がひどく、復興にはまだまだ遠い。
阪神大震災の復興のはやさが意識のどこかにあったのかもしれない。
比べることには何の意味もない。
ただ、津波がもたらしたものがここまで、土地に深い爪痕をのこしていることに
圧倒され のみこまれ 思考は完全に停止した。

More
[PR]

by ai-pittura | 2013-04-30 16:36 | 東北 | Trackback | Comments(0)
2013年 04月 29日

東北へ vol.2上長部地区

b0080173_21585223.jpg陸前高田市上長部地区は気仙川を遡ってきた津波によって
村の家屋や田畑3分の2を失い、
壊滅的な被害を受けた地区で、
震災直後は瓦礫の山と冷凍倉庫から流れついた水産物の山で
腐乱臭も酷く、
それはもう言葉にならないような壮絶な風景だったとお聞きした。







遠野まごころネットさんより
当時の写真


そこから2年が経ち、延べ一万人のボランティアの手により、上長部地区は少しずつ少しずつ、
しかし着実に復興への道を歩んでいる。

b0080173_22103647.jpg
昨年、同じく生協さんのボランティアで母も手伝わせていただいて石を拾い、耕したという農地の一部には

b0080173_22131579.jpg
畦に咲き乱れるタンポポと共に、なんと小麦が青々と風に揺れていた。

しかし、震災から2年が経ち、全体としてボランティアの数は約8分の1に減少していること、
でも、まだまだボランティアの手が必要なこと、していかなくてはいけないことは
気が遠くなるほどたくさんあることを思い知る。
私自身、最近、震災のことを思うこと、いまどうなっているか現状を知ろうとすること、
それがとても少なくなっていた。遠くなってしまっていた。
でも、ここでは毎日、休むことのない忍耐がつづいている。
様々な人が入れかわり立ちかわりしながら、積み重ねつづけて築いてきたものを目の前に
ただただその道のりのことを思う。

長部川の清掃
[PR]

by ai-pittura | 2013-04-29 23:19 | 東北 | Trackback | Comments(2)
2013年 04月 29日

東北へ vol.1

b0080173_21334940.jpg
生協(COOP)主催の震災ボランティアバスにて東北に行ってきました。
57名と事務局のスタッフの方5名が、約30名ずつ陸前高田組と大槌組2台のバスに分かれる。
オリエンテーションの時にリーダーの木下健一さんが言っておられた、
「微力は無力ではない」という言葉を合い言葉に、
お手伝いできることはほんのわずかだとしても、
まずは現状をしっかりと見、感じ、現地の方と交流することを目標とし、
それぞれの思いを胸にバスに乗り込む。
私たちは陸前高田組となり、夜行バスで大阪を出発して12時間、そこから現地のバスに乗り換え
活動場所の上長部地区へ。
バスが陸前高田に近づくにつれ、まだ橋桁が流されたままの川、塩害によって切り倒された切り株の
残る斜面、重機や何も無い広い土地が増えはじめ、
胸がしめつけられる。

b0080173_2134977.jpg

b0080173_2132558.jpg

b0080173_21362719.jpg

b0080173_2136402.jpg
気仙川
[PR]

by ai-pittura | 2013-04-29 21:38 | 東北 | Trackback | Comments(0)
2013年 04月 22日

ながしまよいちさんの個展

b0080173_21274522.jpgながしまよいちさんの"真冬の綱引き"という絵です。
なぜかわからないけれど、この絵を見ると泣いてしまう。
なぜなんだろう。
よいちさんの絵のなかでもとても好きな絵。
それは、絵本を読んだ時の感覚に近くて、
私はあっという間に幼稚園児くらいに逆戻りしている。
すべてがとても大きくて、私の掌はとてもちいさかった。



よいちさんは、愛犬のチャチャ丸と共に野山を駆け回り、いつまでもキラキラしている子供のような人です。
そんなよいちさんの個展のご案内です。

北鎌倉の
山の中
屋根の下
~ながしまよいち個展~

朝晩、犬と北鎌倉の山の中をゆっくり歩く。
感じたものを小さな部屋に帰って描く。
それは忘れていたぬくもりだったり、遠い記憶、
そこから湧いてくるひらめきだったりする。
北鎌倉のそんな空気感が少しでも伝われば、しあわせです。



2013年5月1日〜5日
水~日曜日(月、火休廊日)
11:00~18:00(最終日17:00まで)


〒248-0012 神奈川県鎌倉市御成町15-11
0467-22-2418
ギャラリーヨコ

※"真冬の綱引き"はよいちさんの以前の作品で、今回の個展には出品されないと思います。(ですよね?よいちさん。)
[PR]

by ai-pittura | 2013-04-22 21:42 | お知らせ | Trackback | Comments(4)
2013年 04月 16日

Richard Davies

b0080173_22544470.jpg


b0080173_22553819.jpg

リチャード・デイヴィスという版画家を知ったのは、数年前の歩歩琳堂の絵画祭りだった。
壁一面に並べられた作品のなかで、彼の版画に吸い寄せられた。
少し目を離すと、また見たくなった。
Autoportrait、彼の晩年の自画像だった。
それからしばらく時間が空き、今回ある方のお宅で彼の版画二点に出逢った。
私は再び、数年前のその時以上に不思議な感覚にとらわれた。
うまくいえないけれど、彼の作品を見ていると、
人生を、生きていて死んでいくということを、とても遠いところから俯瞰しているような感覚になる。
そして、海のようにやわらかくて大きなもののなかで揺れ、眠りに落ちるときのような安堵感に包まれる。
哀しみを包んだ幸福といえばいいのだろうか、
それはとてもやさしく、懐かしい。
こんなにも光に包まれた深い黒を感じたのは、彼の版画がはじめてだと思う。

いつか、彼の作品を手に入れることができればと思う。
毎日、彼の版画を傍らに暮らしてみたい。

リチャード・デイヴィスを見ると、改めて銅版画がしたいと思う。
私にとって銅版画の一番の魅力は白がひと削りで黒になるところだ。反対も同様。
つまり、版に傷をつけた部分が黒くなるが、そこをもう一度フラットにすれば白になるという点。
黒は同時に白であり、闇は同時に光であって、同じものの両面であることが
こんなにも端的に表現され得る素材であるということ。
版画はとてもシンプルで多くの可能性を秘めていると思う。

今回、個展中、「もう版画はしないのですか?」という質問をたくさんいただいきました。
お会いした方にはその都度お話していたのですが、
実は滞在制作をさせていただいていた銅版画工房が、その後ご事情で工房を休止されており、
今は銅版画の制作はできていない状況です。
銅版画が制作できるチャンスがあれば、また再開したいと思っています。
気長にお待ちいただけましたら嬉しいです。

[PR]

by ai-pittura | 2013-04-16 23:25 | 版画 | Trackback | Comments(8)
2013年 04月 15日

こころの川

b0080173_2319492.jpg昨日、街でかなしい出来事を目にした。
小さな川の横に黒い軽自動車が止まり、中から出てきた青年が
おもむろにマクドナルドの飲み終えたジュースの容器を
川に放り投げた。
続け様にハンバーガーの包み紙などが入っているであろう袋のごみを
投げ入れた。
数瞬の後、ごみは音を立てて川面に落ち、
弧を描きながら下流へと流れはじめた。
彼らに声をかけようとしたけれど、咄嗟に声が出ず、
車はあっという間にその場を去っていった。
コンクリートで固められた小さな川だったけれど、
少し先には小さな鷺がいた。
干潟のようなものがあった。
私はしばらくそこを動けなかった。


多分、とてもショックを受けたのは、彼らがした行為に対してというよりは、
彼らの目には川が川として映っていなかったことに対してなのだと思う。
彼らは果たして川で遊んだことがあるだろうかと漠然と考えていた。
心に川が流れていないなら、そのなかで愛情をもつことはきっととても難しい。
そしてそれは川に限ったことではない。

野田知佑さんという人がいる。
有名なカヌーイストで、ガクという犬と共にユーコンやアラスカ、世界中の川を下った人だ。
私は特にその犬ガクのファンであり、ガクが生きていれば弟子入りしたかったくらいだが、
その飼い主の野田さんは「川ガキ養成講座」と称した川の学校をつくり、
とにかく子供を川に放り込もうとしている楽しい大人だ。
野田さんのような人がいることも、川を知らない彼らのような若者がいることも、
どちらも日本の事実なのだ。
[PR]

by ai-pittura | 2013-04-15 23:55 | 人間 | Trackback | Comments(4)