ふりつもる線

aipittura.exblog.jp
ブログトップ

<   2012年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧


2012年 11月 26日

鯨の笑う目

b0080173_23205112.jpg
左から 山ニ 吼エル、山ニ 考エル、山ニ 笑ウ 〈熊と岩魚と人〉 2012年夏 陶彫

お山に行くようになって、かなり意識が変わってきた部分がある。
たとえば、これまで夏は海や湖に行って、潜ることに夢中になったりした。
その体験は、精神的な部分とつながってすごく面白かったけれど、
海での一日が、その後の感覚や生活まで変化をもたらすことはなかった。
山に行き出して、登るという行為自体は潜ることと同様、
身体との対話や精神面と直接的に関わっているのだけれど、
それだけではない、
もう少し違う部分の感覚が揺り動かされているような気がしてきたのはしばらくしてからだった。
一言で山と言えど、場所、植生などによってもその空気は全く異なる。
杉やモミ、檜などの針葉樹林帯は薄暗く、ドイツ的でどこかキーファーや魔笛を想起させる。
それに対し、水分を多く保有するブナの原生林は明るく、美しい光と共に獣の気配を感じる。
錦繍の山々を見ると、夏には一面緑でわからなかった常緑樹と落葉樹の境が見え、
ああこの山は北山杉のしんとした山だとか、
この辺りは広葉樹林帯だとか、その下を歩くように想像することは愉しいことだ。
下生えの草花ひとつとっても山によって全然違う。
秋は木の実、地面に落ちている実の少なさから、確かに今年、ブナやドングリが大凶作であることを身を持って感じている。
木の実が少ない年、動物たちは里に降りてくる他ない。登山道や里にも爪痕や糞が増える。
最近、夜空を眺めると、星になった熊や鹿たちのことが胸をかすめる。

気づけば、隣人を思うようにブナや白樺や、熊や鹿や岩魚のことが頭にあった。
それらは同時に、人間である私を教えてくれ、
生きることについて、そして私が何者であるのかについて、
ちいさな声で何かを投げかけてくれているように思えてならない。
昨日、何かの番組で塩をつくっている方が、海の近くに塩田を据えながら、
塩作りに一番大事なのは川だという。
山の栄養分、ミネラルをたっぷり含んでいる川の水が塩作りの決め手になると。

私たちは、かたい糸で結ばれているのであり、どうしたって繋がっている、
身体を見つめれば無数の糸、命は網の目のように他と手をむすび、蟻の子一匹零れることはない。
山を陽にかざせば、鯨の笑う目がみえる。

b0080173_22344674.jpg
写真はPatagoniaより
いつかこんなところで寝てみたいものだ。
[PR]

by ai-pittura | 2012-11-26 23:27 | 山へ | Trackback | Comments(2)
2012年 11月 19日

山男たち

b0080173_16594233.jpg連なる白銀の峰、そこに巻く風。
飄々とした立ち姿の向こうに確かに風景が見えた。
山岳ガイド、角谷道弘さん。
イッテQでイモトさんをモンブラン、アコンカグア登頂に
導いたことでもお馴染みの方だ。
その後、別の山でスリップ事故に巻き込まれ、滑落し、
ガイド復帰は難しいと言われる大怪我をされたが
現在リハビリをしながら少しずつ山に戻られている。

そのことは知っていたのだが、読図やロープを勉強したくて、
先月から通いはじめた登山学校(と言っても毎月1回)で
扉をあけると、突然角谷さんがおられて驚いてしまう。
登山学校の我らが師、前川さんが角谷さんと
お仕事されていたこともあり、ゲストで呼ばれたようで、
その日は角谷さんたちと山に登り、読図の勉強をした。
短い時間だったけれど、実際に触れた角谷さんの佇まいは
私たちのなかに何かおおきなものを残していった。
生も死も等しく、空たかく預けているような、
ある種の限界を乗り越えつづけてきた安らかさなのか、
もちろん今も角谷さんは厳しいリハビリ中なのだけれど、
戦っているというより共に歩んでいるような静かな火を思う。
そして、角谷さんとは全然違うタイプで
俺は方位磁石じゃなく、匂いで行く!なんて言って、
まさしく獣のカンで生きる、パワフルで腕白坊主のような
前川さんにも、同じく独特の静けさを感じる。
それが何なのかわからないけれど、すごく心を揺さぶられた。


ずっと思っている、ずっと自分に訊いている。
人が生きていくということ。

そして、山の深部にもう少し近づきたくなってしまっている自分がいる。
この冬は、前川さんたちと共にスノーシューで冬山に入ります。

写真は秋晴れの雪野山。おだやかで明るい、小さなお山。
[PR]

by ai-pittura | 2012-11-19 18:42 | 山へ | Trackback | Comments(0)
2012年 11月 19日

仔猫たちのその後

b0080173_16244633.jpg
東京から帰ったら6匹のうちピンチ以外の5匹の子猫がいなくなっていた。
成猫のチコにチータ、コバンはいつもと変わらず、夜になるとうちのお風呂の脱衣場で寝そべっている。
10月末頃からチコやチータが子猫たちによく牙をむいてシャーッと言っていたのは、
甘える子猫に乳離れさせるためだと思っていたけれど、
いま思えば、独り立ちするよう促していたんだろう。
多分、そこに私たち二人が家を空けた一日半の環境の変化も手伝って、
子猫たちは旅立ちを決めたのだと思う。
当然のことながら、別れはいつも突然だ。
なかでも、素直で忍耐強く、甘えん坊だったチーミミのことが胸にのこる。
できればもう一度、頬ずりしたいけれど、叶わない。
それは淋しいけれど、それぞれきっと新天地で冒険していることだろう。
東京に行く直前、ちょうど丸一日チーミミをデッサンした。
描きながら、チーミミのことをしっかりと焼きつけておこうと、その時は漠然と思っていたけれど
別れの挨拶だったかもしれない。
同じように、以前ミコもパンダも、いなくなる直前にゆっくり描かせてくれたのだった。
猫との交わりのなかには、時々ことばにできない不思議な時間がある。

写真は一匹だけ残ったピンチ。
[PR]

by ai-pittura | 2012-11-19 16:55 | 仰木の暮らし | Trackback | Comments(0)
2012年 11月 02日

第18回平和堂財団 新進芸術家美術展

第42回滋賀県芸術文化祭参加
第18回平和堂財団 新進芸術家美術展のお知らせ


今年度、新進芸術家奨励賞をいただきました平和堂財団主催の展覧会に参加させていただきます。
100号を2点展示しております。
お近くの皆様、是非お越し下さい。 
 
■ビバシティ彦根(JR南彦根駅前)2階ビバシティホール
会期:平成24年11月03日(土)~11月11日(日)
会場時間:10:00~20:00
 
 
■しが県民芸術創造館(旧草津文化芸術会館)
会期:平成24年11月17日(土)~25日(日)
会場時間:9:00~17:00
※11月19日(月)は休館
 
入場無料
 
[PR]

by ai-pittura | 2012-11-02 22:06 | お知らせ | Trackback | Comments(0)
2012年 11月 02日

りかさんと雨の夜

b0080173_14504630.jpg
b0080173_14511798.jpgずっと、ゆっくりお話したいと思っていたりかさんとの念願のお酒。
りかさんが連れていってくださったところは、
東京駅が真正面に見えるテラスだった。
雨に滲んだ駅舎の灯りが、
この駅が出来た頃の遠い日からずっとつづいていることを思った時、
かつてここに辿りついたであろう万の人の感慨や思いを
全身にうけるような気がする。
果てしない無数の軌跡。
丸の内、背筋がしゃんとするような、とくべつな気配がする街。
"ちいさいおうち"という絵本、大好きな絵本だけれど、
今読むと、最後おうちが引っ越すことはすこし複雑な思い。
私は、東京駅が今も、当時と同じ高さで、
そのままここにあってくれることが嬉しい。

街の空気を体中にうけて、りかさんと並んで座り、
見上げると、頭上から舞落ちる雨粒が光に照らされて、
まるで雪のようだった。それがあまりにきれいで、
自分の内にある哀しみが揺り動かされたような気がして
(とてもうつくしいものを見た時、哀しさに似た気持ち
になることがある。なぜだろう。)
ぽつぽつとりかさんにそんな話をした
(ように思う、この後ずいぶん酔って記憶がこまぎれ)。
哀しみは、不思議だけど、苦しいとかつらいとかとは全然違って、
自分のなかで長い時間をかけて見ていきたいことなんだろうなと思う。


りかさんって、ふしぎな人だ。
里芋みたいにほっくりあったかいのに、
かたい皮をむいた冬瓜のように、翡翠色をした繊細な透明感がすごく印象にのこった。
りかさんが言っていた不真面目ってこと、
最近ずっと思っていたてきとう(ちゃんとしないってことじゃなくてええ塩梅の適当)ってことと
すごく重なって、うなずく。
そして、りかさんが選んでくれたお料理やお酒はもうどれも本当においしくて、
なかでもにごりの熱燗って初めてだったけれど、最高だった。
結局、ビールに赤ワインに日本酒熱燗、にごり熱燗、最後は特別なカクテルまでいただき
久しぶりに芯から酔っぱらった。(帰りみちはホテル周辺でリンデワンデリング。)
途切れ途切れの記憶のなかで、鮮明にのこっているのは
雨のなか、りかさんが住む街の氏神さまのところへ連れていってくれた時のこと。
とてもおだやかで、下町の香りがして素敵なところだったなあ。

またもっとお話ししたくなり、会いたくなりました。次は料理のお話もたくさん聞きたい。
りかさん、Tさん本当にありがとうございました。
[PR]

by ai-pittura | 2012-11-02 16:05 | 風景 | Trackback | Comments(0)