ふりつもる線

aipittura.exblog.jp
ブログトップ

<   2011年 12月 ( 6 )   > この月の画像一覧


2011年 12月 28日

映画漬けの日々

b0080173_2256381.jpg"ヤコブからの手紙" クラウス・ハロ
映像の光と影がとにかくすばらしい。
私には内容そのものよりも
紅茶を飲む行為、バターを塗る手、手紙を読む手、何気ない行為や仕草、日々の道具のうつくしさを
掬いとる視線が心にふかく残った。


b0080173_2331551.jpg"シチリア シチリア" 原語タイトルはBAARIA ジュゼッペ・トルナトーレ
愛すべきイタリアの巨匠、トルナトーレの故郷バゲーリア(BAARIA)を舞台とした自伝的映画。
トルナトーレらしい切り口が随所に散りばめられる。
シチリアの小さな地方都市がきらめく宝石箱のように輝き、時間という軸をたどった時、
それは星空のように果てしないひろがりをもつ。
人間のもつすべてをひっくるめて愛しているトルナトーレの人間讃歌。


b0080173_23361053.jpg"ONCE UPON A TIME IN THE WEST" 通称"WESTERN" セルジオ・レオーネ
密かなマカロニウエスタンファンでありながら今までこの映画を見ていなかったとは!
カメラワーク、クレジットの入れ方、タイミング、どこをとっても絶妙。
エンニオ・モリコーネと言えば上記のトルナトーレとのコンビも素晴らしいが、
レオーネと組んだ時に映画は何層も厚くなるような気がする。
3時間という長編映画だが、二日続けて二度見て、さらにメイキングもたっぷり見た。
チャールズ・ブロンソンは文句なしで、シャイアン役のジェイソン・ロバーズがもう素晴らしい。
何年経っても色褪せることのない映画。


b0080173_2324489.jpg"ONCE UPON A TIME IN AMERICA" セルジオ・レオーネ
レオーネの遺作。
上記の"WESTERN""夕陽のギャングたち"とあわせてワンスアポンアタイム三部作と言われる作品。
1930年代の禁酒法の頃のアメリカを舞台としており、"アンタッチャブル"を彷彿とさせる。
デ・ニーロは名演だが、全体としてはまずまず。
"WESTERN"と続けてみると、大きく変わってゆく時代のなかで古き良き頃への郷愁や讃歌にも感じられるが、
"WESTERN"の鮮やかさは逆に時代が変わっても変わらぬものを教えてくれる。


b0080173_23373866.jpg"BABEL" アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ
ずっと気になっていた、ようやく見た、バベル。
重い映画。
ひとつの出来事がすべてのこととつながっている、イニャリトゥがずっと主題としてきていることは
舞台が世界に広がってもぶれることない。
菊池凛子扮する聾唖の少女が大事な役割を果たしているが、彼女が特別なのではない。
わたしたちひとりひとりが、耳が聞こえず、話すことができないのだ。目があっても見えていない。
バベルを見終え、何日か重い気持ちで悶々と考えさせられた。
イニャリトゥは言葉をこえた人と人との関わりに救いを見出そうとしたのだろうか。
私は、人がそのどうしようもなさを突きつけられ、それを自覚せざるを得なくなったときの
その一筋の謙虚さが救いと思えてならない。


b0080173_2349288.jpg"卵""ミルク""蜂蜜"長編三部作 セミフ・カプランオール
一節一節を心こめて綴られた詩のような、非常に繊細な映画。いままで見た映画のなかでも秀逸の作。
ほんとうに大切なことは決してことばにすることなく、
その行間のみに託した類稀なる映画。
描かないことで描くということ、描くことによってできる余白のことを
何よりも考えてつくられた映画ではないだろうか。
心のまんなかで納得できる。
一見退屈に見えるシーンも、ひとつひとつが後で意味をもってくる。
"卵"から"ミルク"、そして"蜂蜜"へ。
ユスフという男性の今からスタートし、時間を追うごとに青年期、少年期へ移行する。
そして時と共に、点と点はすこしずつ線を結びはじめ、最後の"蜂蜜"で大きく速度を増す。
映画のなかで点は完全に線になりきってはいない。
曖昧に点のまま結ばれぬもの、まだ茫洋としているものを含め、決して明快にしなかったことが
この映画の嘘のなさだと思う。
映画になり得なかった部分を想像した。その部分を含めて存在するものを感じたいと思った。

セミフ・カプランオール、彼の映画をまた見たい。
叶うならば会ってみたいと思う人。

"蜂蜜"公式サイト




ちなみに今見たい映画はこれ。


[PR]

by ai-pittura | 2011-12-28 00:06 | 映画 | Trackback | Comments(2)
2011年 12月 27日

布まみれ

b0080173_22253859.jpg
昨日は版画を新たに軸装するため、以前、お世話になった
栗山知浩さんのお宅にお邪魔させていただいた。
表装の作業場は予想よりもずいぶん小さく、
しかしクローゼットや押し入れの中から出てくる裂地の量といったらもう止め処なく、
あっというまに反物の山ができてゆく。
そのひとつひとつをじっくり見せて頂いたが、インドの古裂からお坊さんの袈裟に使われているようなものまで
ありとあらゆる色、種類があって目がまわりそうになる。
さらに布は裏表どちらも使え、刺繍のものだと全く違う印象であり、
柄ものも小さな部分で使うとなるとありとあらゆるバリエーションがあり、
その無数の選択肢のなかから選ぶことは、楽しくも気が遠くなりそうな作業だった。
さらに布選びが終わると、軸の巾や寸法、一文字や風袋のあるなし、軸先などを決めていくという
フルオーダーメイド。
結局4時間半悩ませていただき、選んだものは前回とはかなり違う印象になりながらも、
作品はスッキリと見せられるもの。
出来上がりが今から楽しみで仕方ない。

栗山さんのお話はとても面白く、様々な布や軸に関する豆知識は目から鱗で本当に勉強になりました。
またこれから栗山さんとお仕事させていただく機会がたくさんありますように!
[PR]

by ai-pittura | 2011-12-27 22:43 | | Trackback | Comments(0)
2011年 12月 27日

忘年会

b0080173_22223617.jpgb0080173_21522395.jpg

先日は我が家にてちいさな忘年会。
わこちゃんが朝、福井まで行って買ってきてくれたぼたん海老と甘エビは新鮮そのもので、
生で食べるととろけるように甘く、焼くとヒゲや足までがばりばりと美味しい。
フンパツして久保田、買ってほんとによかった。
美味しいものというのは、どうして美しくもあるんだろうと海老をまじまじ眺める。
豚ねぎごぼうの生姜鍋はやっぱりおいしくて、何杯も食べて、
最後は麺を投入して、もう口もきけないほどお腹いっぱいになる。
ひと呼吸おいて〆はまついさんが買ってきてくれた濃厚チョコのケーキ。
みんな本当にありがとう。

今年はいろんなことがあった。
重い年だった。
それでも、そこに立ってやっていくということ、
なんとか踏ん張るということ、
そして、たとえぐらぐらになったとしても、変わらないものは変わらないのだと知ったこと。
それぞれのことを思い出しながら

皆様、どうぞよいお年を。
[PR]

by ai-pittura | 2011-12-27 22:10 | 仰木の暮らし | Trackback | Comments(2)
2011年 12月 21日

冬の実り

b0080173_15551766.jpg
いただきものの重なった日。
畑でとれたてのまだ土がついている人参、かぶ、大根、葱、山のキウイに柿、蜜柑、
そして黒いのは吊るし干柿。
上質で肉厚な柿ほどタンニンが出て黒くなるのだそう。
滋賀は野菜が本当においしい。
ふだん大体野菜は道の駅で買う。
スーパーのように食べたい時に食べたい野菜を選べる訳ではないけれど、
この一年、春夏秋冬、旬の野菜を存分に食べ続けて、
それぞれの野菜の本来のおいしさをずいぶん教えてもらった。
そして見た目の素朴な力強さと繊細さには、
はじめてそのものに触れたような新鮮な驚きと感動がいつもある。
[PR]

by ai-pittura | 2011-12-21 16:07 | 仰木の暮らし | Trackback | Comments(0)
2011年 12月 21日

冬を迎える

b0080173_1401042.jpg
個展が終わってあっという間の二週間。
どっと疲れが出て、とにかくよく眠った。
久しぶりの、絵を描かない時間、もうひとつの大事な時間を過ごす。
たくさん映画を見る日々、湖と、その上の絶え間なく変化していく雲と光をゆっくり眺める日。
個展で荒れていた家とアトリエの大掃除、久しぶりに髪をバッサリと切り
身も心もすっきりとして。
滋賀は初雪が降った。炬燵から出る度ごとに大きな勇気のいる、この家の寒い寒い冬がきた。

b0080173_146376.jpg

小石蹴る 冬には冬の 音がする

大好きな山口砂代里さんの句は、冬の光がよく似合う。

b0080173_1454974.jpg


b0080173_1461935.jpg

昔から少しずつ集めてずいぶん増えた木の実たちやドライフラワーをあちこちに飾る、
食べる訳でもないのに冬が本格的にはじまる前に実たちを並べると貯蔵室のようで
どうしてだろう、こんなにもうれしい気持ちになる。
ジュンが学生の頃につくった大壺に、この前、湖縁でいただいたばかりの桐の花芽を投げ入れてみる。

b0080173_14184575.jpg
23日でここに引っ越してちょうど一年になる。
クリスマスを迎える準備も万端に。
[PR]

by ai-pittura | 2011-12-21 14:25 | 仰木の暮らし | Trackback | Comments(2)
2011年 12月 07日

個展終了しました

b0080173_22281574.jpg
歩歩琳堂での個展 "うつしおみ" が無事終了しました。
寒いなか、ご来場くださった皆様、本当にありがとうございました。
皆勤賞はなりませんでしたが、画廊には二日間をのぞいて毎日のようにいたので
本当にたくさんの人とお話することができました。
ほとんどの作品は震災以降に制作したもので、滋賀での新しい生活のなかでつくったものたち、
自分にとっては少し特別な個展となりました。
個展中に考えさせられたいろんなことはまだまだかたちを結ばず、
これから大事にゆっくりとつないでゆきたいと思っています。

ほんとうに、ありがとうございました。

なお、現在、歩歩林堂での展示は常設の絵画祭りに入っていますが
奥の小部屋にて20日頃まで個展の作品の一部(といっても小さなものを含めると20点以上)を
展示していただいています。
よろしければご覧ください。

お問い合わせは歩歩琳堂 078-321-1154 まで。

個展風景
[PR]

by ai-pittura | 2011-12-07 22:52 | 展覧会 | Trackback | Comments(2)