ふりつもる線

aipittura.exblog.jp
ブログトップ

<   2010年 11月 ( 9 )   > この月の画像一覧


2010年 11月 30日

庭の木

b0080173_2292832.jpg滋賀、仰木の引っ越し先を見にゆく。大家さんと待ち合わせて最終確認。
残っていた荷物ももうほとんど運び出してくださっており、処分するもののなかから
火鉢や机やふるい木の板などをいただく。
大家さんとこのおばあちゃんが、私たちの家の庭に橙と??(ゆずりは)があるよと教えてくれる。
今まで草に埋もれていて全然気づいていなかった。橙も??も七五三縄に使うもの。
おばあちゃんがこんど七五三縄をつくってあげるねとにこにこ言ってくれる。
橙は代々つづいてゆくように、??は若い葉が出ると前の葉が落ち、
葉をゆずるようにつけることから新年の縁起物らしい。
近所には家々や田のなかに夕陽色の実をつけた柿の木があちこちにある。
中山間地域の柿や栗は動物との住み分けのため、
里山の柿は不作の時に里におりてくる熊や猿止めのためと
江戸の頃に柿渋、干し柿、柿なます、柿の葉茶とあらゆる効用のある柿の木を
家のまわりに植えることを奨励されたことにあるよう。
田舎でシュロの木がよく見られるのも繊維質でシュロ縄やホウキを作れるから。
自然からのお裾分けと人の知恵と共にある里山の生活、学んでいきたいことがたくさん!

『陽をあつめる』4号F
[PR]

by ai-pittura | 2010-11-30 22:45 | 仰木の暮らし | Trackback | Comments(2)
2010年 11月 26日

ありがとうございました

b0080173_2022684.jpg






本日、新生堂での個展"糸をたどる庭"が終わりました。
寒いなかお越し下さった皆様、どうもありがとうございました。
来週からは神戸、歩歩琳堂での銅版画展なのでまだ展覧会がつづいているような感覚です。
東京でなかなか滞在できなかった分、神戸ではほとんど毎日在廊するつもりなので
関西の皆様、ひきつづきよろしくお願いします。
[PR]

by ai-pittura | 2010-11-26 20:52 | | Trackback | Comments(0)
2010年 11月 22日

片付け

個展がはじまり、ほっと一息つくも引っ越しまで一ヶ月となり、アトリエの片付けをはじめる。
昨日は一日中奮闘するも遅々としておそろしく進まない。
生活のものは本と古道具以外とても少ないのだけれど、
アトリエのものはどうにも多く、かといってほとんどが必要なものなので困ってしまう。
なんとか身軽でいたいものだ。
歩歩琳堂での個展が終わったら、車ですこしずつ荷物を移動させ、クリスマス前に完全に引っ越しする。
冬のあいだはゆっくり荷物を整理して、野外制作できるよう軒をつくって、家を補修して・・・。
落ち着くまでまだまだずいぶんかかりそうだけれど、
身のまわりを整えて、生活環境をつくる、筆休めの大事な時間でもある。
[PR]

by ai-pittura | 2010-11-22 22:04 | 筆休め | Trackback | Comments(0)
2010年 11月 22日

"犬"の変遷

b0080173_1631274.jpg
"犬"は初めて銅というものを思い切り身体に受け、12日間の滞在制作のなかで2回の徹夜を経て
朝から晩まで取り組ませてもらった版画だった。
以前も書いたけれど、銅版上の見えかたと刷った時の見えかたの違い、反転した時の印象の違い、道具の使い方から
腐蝕の効果など何もかも全くわからず、
とにかくまずはやってみて知ることだった。
そのために、刷師の藤井さんは"犬"ができあがるまでに、いま思えば通常では考えられない25枚という
大量のTrial Proofを刷ってくれた。
また常に刷師と作家のコミュニケーションを大事にしてくれ、
私自身の制作のありかたについてもじっくり話して来た。
それは、大抵のことは言葉があまり必要でなくなった今でも変わることなく、
版の状態やエディションの刷りやすさのことを度外視しても、版にむかう意味を尊重してくれている。
そんな訳で、私はただ目の前のものに集中させてもらい、
結果私の版の多くは無数の微妙な凹凸から成り立ち、あるいは湾曲し、あるものは角がボロボロで、
自分で刷ればモノタイプの1枚を刷るのでさえ困難な複雑な版になっている。

藤井さんという刷師は、湖に浮かんだ小舟から糸を垂らす私に同乗してくれる釣具師であり、助産師のようでもある。
いま、自身の個展で版画の前に立った時、あらためてそれぞれの版画の経過がくっきりとよみがえり、
愛さんの版は刷師泣かせと藤井さんは笑うが
深い忍耐のなかでエディショニングしてくれる藤井さんの懐の広さにしずかな感謝を思う。

More
[PR]

by ai-pittura | 2010-11-22 18:34 | 版画 | Trackback | Comments(2)
2010年 11月 19日

新生堂個展

b0080173_14302062.jpg
b0080173_14303158.jpg
個展が始まった。
スタッフの方が手伝って下さってとてもスムーズに終わった搬入、そして初日の在廊日は
途切れ目なくいろんな人が来て下さり、それぞれの方とゆっくり話す時間ももてた有意義な一日。
昨日は、多くの素描が出ていて素晴らしかったゴッホ展や来年展示するかもしれない場所の視察、ギャラリー巡りなど
まだまだ行き残したところがあるまま、あっという間に時間が過ぎ、昨夜遅くにくたくたの帰宅でした。
いろいろな人との話の中で感じたことが今はとにかく頭を駆け巡り、ゆっくり整理したいと思います。

初日は夕方から鎌倉でライブドローイングした時のメンバー来訪が重なり、皆で飲みにゆくことに。
もう2年半前のことなんだなあ。
詩人モッタちゃんナガシマさん、カメラマンのリカさん、そして母も。
あと、ゆうこねえとタクヤさんがそこにいてくれたら最高でした。
いつかゆっくり話してみたいなあと思っていたナガシマさんやリカさんとゆっくり机を囲めたことが
とてもうれしかった。
ほんとにあったかくて素直な人たちで。

KやK沢さん、Sゾー先生、K塚さん、陽ちゃん。
東京に行ったらいつもゆっくり夜を過ごしたいなあと思う人たちがいて二泊ではやっぱり足りないのでした。



個展の感想を綴ってくださった役者の近藤佑子ちゃん、銅版画家、画家の渡邊榮一さんmohariza6さん本当にありがとうございます。
身に余ることで。
私はいろいろなことがうまくできず、選択肢もそんなになく、本当に限られた細いことをそれしかできず、
ただそのなかで一生懸命やることしかできませんが
これからも、真面目にそうし続けてゆきたいなと改めて思います。
[PR]

by ai-pittura | 2010-11-19 15:16 | 展覧会 | Trackback | Comments(2)
2010年 11月 17日

忠田愛展 "糸をたどる庭"

b0080173_2159454.jpg忠田愛展  ”糸をたどる庭”

2010年11月17日(水)~26日(金)

11:00~18:00(最終日は17:00まで) / 日曜・祝日休廊

1F会場


4号を中心とした新作の絵と
昨年から取り組みはじめた銅版画を
それぞれ10点前後展示予定です。

青山界隈にお出かけの折には何卒ご高覧頂きたく存じます。
私は初日(17日)在廊予定です。



『雲をすくう』4号S




新生堂 畑中昭彦
 〒107-0062 東京都港区南青山5丁目4番30号
東京メトロ「表参道」駅(銀座線・半蔵門線・千代田線) B1出口から徒歩7分
TEL : 03-3498-8383/FAX : 03-3499-9960
b0080173_22281281.jpg











-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------
個展まで最新の日記はこの記事の下に更新します。
[PR]

by ai-pittura | 2010-11-17 10:53 | お知らせ | Trackback | Comments(4)
2010年 11月 15日

風景

b0080173_17144159.jpgb0080173_17142927.jpg

左:"石の羽音"   4号S 麻布、陶土、岩絵具、土性顔料、墨、鉛筆
右:"陽をあつめる"    4号F 麻布、陶土、岩絵具、土性顔料、墨、鉛筆

事象として、単体としては別個のものであるように思えたり、表面的にみえなくとも 
それぞれは葉脈のように枝分かれしながら見えない糸で確かにつながっている。
制作してきた絵や版画をひとつの空間に並べる機会をもらえること。
それは作品から作品につながる風景をもう一度確かめさせてもらう場でもあると思う。

あした新生堂へ搬入にゆきます。
個展17〜26日、是非お越し下さい。
[PR]

by ai-pittura | 2010-11-15 17:36 | | Trackback | Comments(2)
2010年 11月 13日

発送

b0080173_14205629.jpg










作品たちの発送も完了してすこし落ち着く。しかし未だDM発送作業中。
17日東京で会いましょう!
[PR]

by ai-pittura | 2010-11-13 14:23 | | Trackback | Comments(2)
2010年 11月 01日

W

b0080173_222449100.jpg
雨あがりの散歩。
ふりかえれば突然の贈りものに思わず息をのむ。
そのあとも思い出してはうれしくなって。
[PR]

by ai-pittura | 2010-11-01 22:35 | 風景 | Trackback | Comments(2)