ふりつもる線

aipittura.exblog.jp
ブログトップ

<   2010年 01月 ( 5 )   > この月の画像一覧


2010年 01月 31日

版画工房での日々2

b0080173_23421792.jpgb0080173_23423260.jpg
b0080173_2343359.jpg

b0080173_23431944.jpg


b0080173_23433355.jpgb0080173_23434515.jpg
b0080173_23541061.jpgb0080173_23553492.jpg


b0080173_23532250.jpgb0080173_23533912.jpg
b0080173_23441410.jpg

b0080173_0484327.jpg

PHOTO by Akihito &Miyuki Fujii

銅版画工房カプラムマニアにて二度目の滞在制作を終え、
凝縮されたようにあらわれたものを毎日のように反芻する。
それぞれの役割が前回よりはほんのすこし手に馴染んだ道具たち。
何かと何かの間を綱渡りするような手探りのなか、すこしだけ近づけた時、束の間のよろこびと
次の瞬間投げられた石の波紋に傾く自分。
押す力と引く力と、ジグザグに曲がりくねった道のなかで
まだまだ形にならなくても版に向かうことの大きな大きな意味を感じさせてもらった日々。

ありがとう。


b0080173_024228.jpg

工房へ向かう車からみる琵琶湖の毎日違う光と、ある日は雪に隠れた比良の山並、
ちいさな鉄橋がとても好きで。
[PR]

by ai-pittura | 2010-01-31 00:35 | 版画 | Trackback | Comments(2)
2010年 01月 24日

海のような

b0080173_2132431.jpg

版画はひらたい彫刻だ。
立体をとじこめた平面だ。
わずか数ミリの銅版に深い深い海がかくれてる。


カプラムマニアでの滞在制作を終えてもう京都に帰っています。
前もそうだった。
心が思うよりもはやく、銅版を彫る感触を手が欲して、驚く瞬間がある。
言い得ないものを、まんなかにあるものを今からゆっくり考える。

[PR]

by ai-pittura | 2010-01-24 21:45 | 版画 | Trackback | Comments(3)
2010年 01月 13日

開始

b0080173_031543.jpg

[PR]

by ai-pittura | 2010-01-13 00:32 | 版画 | Trackback | Comments(2)
2010年 01月 11日

日本画新展

b0080173_021484.jpgこの展覧会は、日本画活性化のためJR西日本、京都新聞が
新人賞を創設した展覧会で今年が2回目となります。
京都を中心として制作、発表する25〜45歳の日本画家が対象で
選考委員が選んだ38名の新進作家の作品と、選考委員5名(大野俊明、
小嶋悠司、竹内浩一、林潤一、村田茂樹)の作品が展示されます。

私は『雲下の素描』という100号の絵を出品しており、
今回優秀賞をいただきました。
感謝し、励みにさせていただくと共に
今後とも焦らず謙虚に己と向き合っていきたいと思っています。
京都駅にお越しの折には是非お立ち寄りください。

会期: 2010年1月27日(水)~ 31日(日)10:00~20:00
(最終日は5時閉館)
会場: 美術館「えき」KYOTO JR京都駅伊勢丹7階隣接
〒600-8555 京都府京都市下京区烏丸通塩小路下ル東塩小路町
TEL:075-352-1111 入場無料



明日からまたしばらく版画工房で制作させていただくことになりました。身がひきしまります。携帯は圏外なので音信不通になると思います。
それではいってきます!



★スタッフをさせていただいている美術予備校、京都美術学院の講師作品展にも参加しています。

会期:2010年1月25日(月)-31日(日)
会場:HOUSE OF ART Gallery(阪急桂駅東口)
詳細
お近くにお越しの折には是非お立ち寄り下さい。
[PR]

by ai-pittura | 2010-01-11 00:24 | お知らせ | Trackback | Comments(4)
2010年 01月 06日

新年

b0080173_1026527.jpg


新しい年と、今日29歳の誕生日を迎えて静かに思うことは
邁進を掲げていた以前とは変わり、立ち止まること。
もどかしくとも立ち止まって見えてくる風景をみること。
どんな時も誠意をもって向き合えるよう、
時間の制約やまわりの音に心惑わぬように。
この家に住むのもいよいよあと一年と少し。
次住むのはどんなところだろうか。
今年は家探しの年、どこかにいいご縁がありますように。
身辺の整理をする。必要なわずかなものだけを持ってゆこう。
[PR]

by ai-pittura | 2010-01-06 10:47 | 筆休め | Trackback | Comments(8)