ふりつもる線

aipittura.exblog.jp
ブログトップ

<   2009年 06月 ( 8 )   > この月の画像一覧


2009年 06月 26日

忠田愛展のお知らせ

b0080173_1441387.jpg忠田愛展

会期:7/11(土)~7/21(火)
12:00~19:00
(最終日17:00まで)
水曜日休廊、入場無料

在廊日:7/11、12(15時〜)、
18、19、20、21

会場:ギャラリー歩歩琳堂
神戸市中央区元町通1-10-11
元町エビスビル3F
#650-0022

TEL:078−321−1154




b0080173_1474670.jpg

今年も神戸で展覧会をさせていただきます。
小品を中心に淡彩、鉛筆ドローイングなども合わせて30〜40点の展示になるかと思います。
神戸方面へお越しの折には是非ご高覧賜りたく存じます。
[PR]

by ai-pittura | 2009-06-26 14:37 | お知らせ | Trackback | Comments(8)
2009年 06月 25日

京都アートフェア2009のお知らせ

b0080173_17293527.jpg
京都アートフェア2009
京の芸術家たち現在そして未来

会期:2008年7月2日(木)〜5日(日) 
10:00〜17:00(最終日は16:00まで)
入場無料

会場:みやこめっせ1F 
京都市左京区岡崎成寺町

主催:京都アートフェア実行委員会・
NPO法人芸術の街京都創生プロジェクト


趣旨:京都の美術界活性化と未来を担う作家育成を目的に、日本画・洋画・版画・陶芸・染織・漆芸・現代美術の
各分野から、京都で活躍する作家約250名の新作を一堂に展示。期間中は入札による販売を実施します。


もうすぐ開催されるアートフェアに、昨年に引き続き出品します。
私は10号の絵『なつやすみ』(上の写真は部分)を描きました。
私の旦那(稲富淳輔)も陶芸部門で出品します。
雨の多い季節ですが、皆様のご来場心よりお待ちしております。
[PR]

by ai-pittura | 2009-06-25 17:38 | お知らせ | Trackback | Comments(2)
2009年 06月 24日

旅をして具体的に何かを見たり何かを得ることを目的とするのでなく、
自分をほぐし、解体し、身をゆだねるような、そんな旅を、今年したいと思っていた。
実際の旅においても、絵においても生活においても。
自分を決めきらないこと、元旦の手帳にはそんなことを書き込んだ。
絵で少し色を使いはじめてから、今まで一度も選んだことのない色のTシャツを買った自分に驚いた。
まわりの景色が違った感触でざわめきはじめたことも、
町を歩いていて子供にばかり目が向くようになったことも。
そんななか、風景の広がりと裏腹に絵では四苦八苦していた。
でも、すぐに答えや結果がでるはずはなく、また答えを求めたい訳でもなく
とにかく根気強く、静かに遠くを見ることを忘れてはいけない。
毎週、春子おばあちゃんから私は勇気をもらった。
友人のりえさんが以前教えてくれた本、星野博美の『謝謝!チャイニーズ』や『銭湯の女神』もすごくよかった。
星野博美の旅はまさに常温、人肌。
気負いや衒いがなく、美しさや活力だけでもなく、人が背負っているどうしようもないものや暗さ、
そしてわからないことを含め、それが日常の速度で綴られている。
『謝謝!チャイニーズ』ではいろんなことを考えさせられた。
藤原新也の『全東洋街道』が大好きだが、星野博美は全然違った意味で懐が深い。
さてイタリアへの出発もあと1か月後となった。
とにかくその前に個展なので、個展が終わったらしばらく開ける家の大掃除をして、
必要なものを買い出しに行き、トランクにつめて、最低限の調べものをして慌ただしく出発になりそうだ。
今回はどんな人に出会えるのだろうか。
フレスコ画や古い町、なだらかな丘、劇的な空もまたその国の大好きなひとつではあるけれど、
その土地に住み、暮らしている人々から滲み出るイタリアに触れられたら幸せだ。
[PR]

by ai-pittura | 2009-06-24 14:45 | | Trackback | Comments(10)
2009年 06月 17日

赤ちゃん

b0080173_20371361.jpg先週、義姉の赤ちゃんに会いに行ってきた。
まだ自我も持たぬあなたは、生き生きとしていて、
動物的で、とてもやわらかく、そして重みがあった。
本当にちっちゃいのに、宇宙に守られているような大きさ、
あれはなんだろう。
これから、たくさんの人に出会い、
楽しいこと、しんどいこと、苦難も幸せも限りなくあるだろうけれど
どうぞ生きることを生きてください。
生きるってことはそれだけで圧倒的なことだ。
[PR]

by ai-pittura | 2009-06-17 21:05 | 人間 | Trackback | Comments(4)
2009年 06月 08日

こども

b0080173_23252682.jpg今日、義姉が女の子を無事出産した。
写メールに小さな小さな寝顔がうつっていた。
おもちでできたヒトデのようなぷにゃぷにゃした手に見とれた。
私はあの子のオバチャンになったのだ。

個展に向けて、私は子供の絵を何点か描いた。
特にモデルはいない。
自分の子供の頃を回想して描いたり、絵のゆくままに描いたり。
子供を描いていると浮かぶイメージがある。
子供の視線の先に化石がある。
それはアンモナイトや植物の化石であったり珊瑚であったりする。
私は近所の自然史博物館でショーケースを覗いていた小さな頃の
記憶を反芻しているのだろうか。
そういえば杉本博司の『歴史の歴史』展は美しかった。
[PR]

by ai-pittura | 2009-06-08 23:45 | | Trackback | Comments(10)
2009年 06月 08日

たこ寿

b0080173_1224799.jpg先週、ようやく千光士さん、wks.の片山さんとガソリン展総括ができた。
場所はもうすっかり馴染んだ居酒屋、たこ寿にて。
初めてのミーティングからここだった。安くてうまくて落ち着く。
展覧会で実際にふたりの作品を並べてみて、そしてガソリン展を終えて
お互い考えたことはいろいろあったし、それを話せてよかった。
二人ともガソリン展をしたことで変化したと思う。
私は個人的にも変わりはじめている時期だから余計そうだったと。
ガソリン展の作品を描いていた頃、
社会や美術の世界への疑問や主張が画面に伝っていったと思う。
何を見つめていくか、それをはっきりさせたかったということもある。
自分のある側面が強く出た。
そしてその分、ガソリンを終えて自分の中で反動があった。
今度は、今まで何でもないと見過ごしてきたものも描きたいと思った。
[PR]

by ai-pittura | 2009-06-08 23:02 | ガソリン | Trackback | Comments(0)
2009年 06月 08日

渡辺勝と松倉如子の新作

b0080173_13525446.jpg私の大好きなふたりがもうすぐ新作アルバムを出す。
ここ半年、私は彼らのうたで酒を飲み、彼らのうたで絵を描いた。
何度も何度も聞いて、聞けば聞くほど好きになった。
毎日聞いてさびないうた。ふるくてそして新しい。
彼らのアルバム発売ツアーも17日からはじまります。たのしみ!
高円寺→浜松→盛岡→神戸→京都→名古屋→吉祥寺→別府→福岡→小倉→札幌
お近くの方は是非!
詳しくは
松倉如子の歌
渡辺勝新作アルバムへの道(プロフィール画像に勝さんを描いた私のクロッキーが・・・嬉しい!!)
[PR]

by ai-pittura | 2009-06-08 16:16 | お知らせ | Trackback | Comments(0)
2009年 06月 01日

春子おばあちゃんの自画像

b0080173_2211872.jpg先週から春子おばあちゃんは自画像に挑戦している。
私がいない時に描いたものが今日はたくさんあって、
一週間前の自画像からぐっと進化していた。
アフリカの原始美術を思わせる、おおらかなお面のような顔も。
ちょっとおこっている目、やさしい目、遠くをみる目、
いまおばあちゃんは目の表情と
頬の皺から口にかけてどう描くかを探っている。
手を描いていた時よりもっと、いろんな方向から見ようとする気持ちが
あらわれているデッサン。
今日偶然にも、春子おばあちゃんが大野一雄さんを好きだと知って
さらに驚いた。
テレビで舞踏『わたしのお母さん』をみた時、涙がながれたと言った。
[PR]

by ai-pittura | 2009-06-01 22:26 | 春子おばあちゃん | Trackback | Comments(10)