<   2008年 08月 ( 15 )   > この月の画像一覧


2008年 08月 29日

儚さ

美大に入学してはじめて描いた絵は、枯れた芍薬、首を垂れた蓮の実、枯れた向日葵の後ろ姿だった。
芍薬は確か一番はじめの課題で、蕾の切り花がそれぞれの机に配られた。
蕾から花ひらくまでの間の様々な表情をとらえようと皆必死で写生していた。
私も一枚、二枚スケッチしてはみたが後はじっと花を見ていた。
数日が経ち、花びらがくしゃくしゃになり、机の上にはらりと舞った。
そこから写生をはじめた。
「おまえは阿呆か。なんで生きてて一番きれいな時を描かへんねん。きったない。」
横に来て言ったある先生の言葉に反抗したことを、今は懐かしく思い出す。
あの頃はなぜ自分がそういったものばかりに興味をもつのか、よくわからなかった。
ただ、死を纏った儚さとは私にとって弱さではなくむしろ苛烈に見える時があった。
自分が惹かれるものとはどういうものなのか、それは何がそうさせるのか、
自分の背景含めて問いつづける中で、祖父の死がいつも脳裏を掠めた。
悔いや無念が大きかった分、当時の自分の状況が悪かった分、死というものが
重く巨大化し、とりとめのないものとして居座っていた。
私は傷を剥がしてでもそれと闘わねばならなかったし、人生の儚さを飲んではじめて
自分と祖父の関係もかわるんじゃないかと漠然と思っていた。
じいじいを描くうちに、じいじいも私の中に入り込んだ。
その間にはいろいろな死もあった。多分に感傷的な時もあった。
それでも正視しつづける必要があったし、その中で着実に変わってくるものはあった。
じいじいが亡くなり、描けない自分を罵っていたある日、
「愛はこれ読んだらええよ。合うと思うわ。」と旦那が手渡してくれたのが司馬遼太郎の本だった。
今まで自分がしてきたこと、個展前後から急に熱を帯びたこの半年のこと、
その中で捨てたものと残ったもの、読みながら自分を知り、像をつくる過程で、
探していたものに対して熱湯がどくどく注ぎ込まれるような何かがあった。
ずいぶん遠回りもしたな。
晋作が死んだのは27年と8か月。
奇しくも今の自分とほぼ同い年だった。
閑吟集にこういうのがある。
何せうぞ くすんで 一期は夢よ ただ狂へ
夢幻や 南無三宝
どちらも晋作の笑顔の残像が見えるような小歌だ。 
[PR]

by ai-pittura | 2008-08-29 16:49 | | Trackback | Comments(11)
2008年 08月 28日

気になっている展覧会

ものすごく見たい展覧会が多い。
舟越桂展 〜9/23(火) 東京都庭園美術館
舟越桂のつくる人間の中には蕩々たる風景がある。同時に彼の彫刻は何かの一部にもなっている。
それが舟越桂に惹かれる理由だ。
ドローイングもたくさん出ているという。
何より夏の邸宅という独特な空間での展示に興味がある。

岡村桂三郎展 9/13(土)〜11/24(月) 神奈川県立近代美術館
日本画の作家の中では最も好きなひとりだ。すごい展覧会だろう。
まさに土の中から掘りおこすスタンスで制作している人。
彼が同時に農業をしているところもなるほどと思う。

小林健二展 10/4(土)〜11/1(土) ギャラリー椿(東京)
小林健二の作品は未だ実際に見ていない。
「夜と息」「プロキシマ」という展覧会に興味をもってから、彼の本を何冊か手に入れた。
まるで自分がずっとひとりで宇宙の遠い星に住んでいて、
はじめて誰かに出会ったかのような澄んだ音が聞こえる。
小林健二さん、会って話がしてみたい作家。

アヴァンギャルド・チャイナ―〈中国当代美術〉二十年―
 〜10/20(月) 国立新美術館(東京)、12/9(火)〜3/22(日) 国立国際美術館(大阪)
先日ボローニャ在住の女性アーティストと話をしたが、今ヨーロッパでは中国の現代美術が
ものすごい注目を集めていて、引っぱりだこだという。
中国の現代美術に関する大きな展覧会はこれが日本でははじめて。
今、報道では中国のことについて大きく取り沙汰されていて、
それもひとつの現実ではあるかもしれないが私はこっちの方に興味がある。
美術が社会をどううつしているか。生々しいものを見てみたい。
[PR]

by ai-pittura | 2008-08-28 13:02 | 展覧会 | Trackback | Comments(15)
2008年 08月 24日

松林図

b0080173_22195546.jpg

PHOTO by Timoteo

イタリアの友人が彼の田舎を撮った写真の中で最も好きな一枚。
私にはイタリア式松林図に見えてしかたがない。フレスコと日本画がつながる感覚と似てる。
同時にこれはイタリアにおける建物と植物の関係でもある。

b0080173_20545553.gif
[PR]

by ai-pittura | 2008-08-24 22:27 | イタリア | Trackback | Comments(5)
2008年 08月 24日

ざわめき

b0080173_2141140.jpg仕事の後は、ニュートロンにて個展打ち合わせ。
今までの制作。今回のスタンス。
どういう個展にしたいか。近況。
死とか生とか。
口下手ながら言語化して、急に自分の中で整理されてきた。
何よりの収穫はオーナーの石橋さんに伝わった実感があること。
ギャラリストとの信頼関係は何よりも大事に思うことのひとつ。
個展の場をいただけたことに今一度感謝。
家に帰ってからもう一点ボツを決める。
これじゃだめだ。
さて、明日もまた楽しいことがある。
今日は確実に眠れなさそう。
[PR]

by ai-pittura | 2008-08-24 22:20 | | Trackback | Comments(4)
2008年 08月 23日

田舎

b0080173_2023342.jpg
お盆は田舎に帰ってたゆいがおばけ野菜を土産に戻ってきた。
まわりの何人かは毎年田舎に帰る。
私の先祖は父方も母方も北陸の人だが祖父母の世代から大阪に住んでいるので、私には田舎がない。
小さい頃から生きものとか自然が好きで、週末はよく家族でそういうところに出かけたが
それが生活と隣りあっていないことが淋しくて、田舎のある人に羨望の気持ちがあった。
そういう私が田舎に住む機会が2年前突然やってきた。しかもイタリアだった。

More
[PR]

by ai-pittura | 2008-08-23 22:00 | イタリア | Trackback | Comments(6)
2008年 08月 22日

やっと

b0080173_2365696.jpg入道雲が筋雲に変わり、
蝉が赤トンボへと変わっていく。
蛙より虫の声が多くなった。
鴨川ではいつも季節の移り変わりを感じる。
夏の終わりは別れに似て切ない。

あっという間に個展まであと2か月。
のたうちまわっている制作の方は
特に何がきっかけって訳じゃないけど
今日突然、いい時の感覚がよみがえった。
とにかくこの小さい連作にかかってからは
はじめて。1か月半ぶりぐらいだった。
これで何としても抜け出さないと。
ボツにする絵も今回多そうだ。
ペースあげないと。



b0080173_20545553.gif
[PR]

by ai-pittura | 2008-08-22 23:55 | | Trackback | Comments(4)
2008年 08月 18日

高台寺

b0080173_1954229.jpgb0080173_19544261.jpg
送り火で母が京都に来たので、次の日に高台寺の特別公開、百鬼夜行を見に行くことにした。
久しぶりに祇園の方に出て高台寺まで歩く。
この辺りは寺も多い。観光化もされてるけど古い京の町並がだいぶ残っていてすごくいい。
直線の格子、犬矢来なんかもそれぞれ微妙に違っていて京の意匠を感じる。
花見小路のお茶屋や料亭の暖簾はいつ見ても古びず、粋だ。
黒地に白の二つ巴は家紋だろうか。
うだるような暑さを斜めに斬るような潔さがあって心がしゃんとする。
百鬼夜行は期待はずれで土佐光信と暁斎はよかったけれど少ししか出ておらず、
あとのものは全くピンと来なかった。
その代わりに思いもかけぬ名品をみることが出来て感無量だった。
長谷川等伯障壁画「四季山水図」(旧三玄院襖絵とも呼ばれているよう)、そして応挙「幽霊図」。
等伯のこの襖絵は普通そのうえに絵は描かないという、一面桐紋の襖の上に描かれている。
余白をかなり取った点景とその前に降る雪のような桐紋、
「夏の画」「冬の画」など季節を描いたものや無季のものをあわせ全部で36面あるらしい。
松林図に次ぐ見事な絵だと思った。
応挙の幽霊図も暁斎の集中力には負けるが、いいものだった。


b0080173_20545553.gif
[PR]

by ai-pittura | 2008-08-18 21:45 | 京都 | Trackback | Comments(2)
2008年 08月 18日

銭湯

もう水一滴すらお腹に入らないほど食べて飲んだあと、みんなで銭湯に行こうということになった。
銭湯は昔から大好きだった。
おじいちゃんの家に泊まりに行ったら、夕方、おばあちゃんと三人で近所のあさひ湯に出かけた。
「おじいちゃーん、そろそろあがるー?」「よっしゃー、外で待ってんでー。」
男湯の方から返ってくる祖父の声とわーんとした反響が今も耳の中にある。
京都で旦那と同棲しはじめた頃、冬は時々銭湯に行った。
普通のお風呂がついた今の家に越してきてからはまだ行ったことがなく、
百万遍の東山湯に行こうという話になった。
昔のままのつくりで、四枚羽根の扇風機があって、マリリン・モンローやジョンとヨーコ、
七三分けの演歌歌手のポスターなんかが貼ってあっていい感じだった。
シャワーも据え付けでホースがないタイプ、
「洗濯をしないでください」「シャワー出しっぱなし厳禁!!!」マジック手書きの張り紙も
埃をかぶった造花もなつかしい。
やっぱりいいねといいながら風呂場に入り、体を洗おうと腰掛けた私たちの所に
突然すごい形相で突進してくるおばちゃん。
眉をつり上げものすごい剣幕で「誰のやと思ってんのよ!人様のもの勝手にとっ○▲*#・・・」。
どうやら洗面器のことらしい。
間違えて使おうとした私たちが悪かったが、おばんの洗面器は銭湯備え付けのものと
同じに見えたし、ぜんぜん違いがわからなかった。
ぽかんとする私たちからすごいいきおいでおばんは洗面器をひったくり、悪態をつき、
振り返りながら水風呂の方にドスドス歩いていった。
一瞬言い返そうかとも思ったが何かおもしろくなってしまった。
銭湯にもいろんな特徴がある。
うちの地元は同じ湯につかればすぐに会話がはじまる。年寄りだろうと若かろうとあんまり関係ない。
常連同士は体調のことを気遣いあったり、家庭内の愚痴を言ったり。
裸になればいつもより饒舌にもなる、そういう感じがあった。
前に行っていた京都の蓼倉湯はおばあさんが多かった。でも
話をしている人もそんなにおらず瞑想の湯みたいな感じだった。
この東山湯はつり眉おばんがどうやら常連のドンだ。
それに付き従うコバンザメみたいなおばんもいて、ずっと怒った彼女の機嫌をとっている。
他にも常連が多そうだった。皆おばさんだ。たぶん常連同士の縄張り争いもある。
脱衣場で別のおばんも「誰かが私のものわざと使って・・・」と延々話していた。
まぁ、銭湯におけるいざこざの原因ナンバーワンは洗面器(などの間違い)にあると言えるが
ここまでそれが如実に出ているのも可笑しかった。

もうひとつ、銭湯のおもしろさはいろいろな年齢の女性の様々な体を見られるところにある。
そこにそれぞれの人生が刻まれている。
先日3、4年ぶりにヌードクロッキーに行った。
モデルはやはり若くて均整のとれたプロポーションの人が多い。
描いていると確かに女性から見ても崇高な美にはっとする。
でも私がほんとにわくわくするのは銭湯で見るおばちゃんやおばあちゃんの体だ。
そこに紙と筆がないことがどんなに悔しいか。
私は目でその線を追う。
おなかに届きそうな胸とか、太腿との境目がわからない象のようなお尻とか
弛みと皺でとても一筆描きできない体のラインとかガニ股気味の足とか・・・
それを人は醜というかもしれない。
しかし、そこには生身の人間の風景がある。
人生の実感のようなものがあり、私はしみじみと見とれてしまうのだ。
[PR]

by ai-pittura | 2008-08-18 12:05 | 人間 | Trackback | Comments(6)
2008年 08月 17日

大文字の送り火

b0080173_17564041.jpgb0080173_17565830.jpg
昨日8月16日、京都は五山の送り火。
我が家のベランダから大文字の送り火を見に、
長野からゆり夫婦、大阪からマミコさん、母、イタリアからティミーが来京。
みんな京都に住んでないのに、また去年と同じメンバーで集まってくれたのは嬉しかった。
天気があやしく、一時はどうなるかなと思ったけれど予定通り20:00点火。
あっという間に浮かびあがる大の字。
直前にあがった雨が空気をあらったせいか、去年よりもあかあかと燃える松明に見入る。
あれから一年、今年は皆でじいじいを送る。
時間の流れということばでは収めたくない、
すべてをのみこみ押し流す巨大ななにかと、その隙間にある静けさが体を吹き抜けた。
あとは、最高においしい「おおにし」の肉、旬の京野菜、シャンパン、ビール、ワイン、
みんなが持ってきてくれたたくさんのお土産、死ぬほど食べて、飲んで、しゃべる。

b0080173_17575574.jpgb0080173_17581273.jpgb0080173_183922.jpg
b0080173_20545553.gif
[PR]

by ai-pittura | 2008-08-17 19:04 | 京都 | Trackback | Comments(8)
2008年 08月 13日

ロク

b0080173_22555568.jpgb0080173_22561768.jpgb0080173_22563916.jpg
ロク、何か縁があったかな。
大阪の保健所からウチに来ることになった日もこんな風に暑かった。
誰かに頭を蹴られたりしていたのか、長い間頭を触らせなかったのが痛かった。
玄関の隅っこでじっとして時々、瞳に疑心を映すこともあった。
あれから4年、好き嫌いはあいかわらず激しいが、自信を持って意思表示する成犬になった。
そして、甘えでないやさしさを宿すようになった。
ロク、おまえは強かった。
[PR]

by ai-pittura | 2008-08-13 23:18 | 人間 | Trackback | Comments(12)