ふりつもる線

aipittura.exblog.jp
ブログトップ

<   2008年 05月 ( 13 )   > この月の画像一覧


2008年 05月 31日

事件そして雑感

b0080173_22361417.jpg今日は朝から派手な日で、寝ぼけて石につまずいて
自転車からふっ飛び、頭を強打。
意識がなくなりそうな中「救急車」と叫ぶおばさま方を
必死で制すもしばらく立ち上がれず。
その後、左後頭部がどんどん腫れ、痛みと流血騒動。
やっぱり大事をとって苦手な病院へ、そして初のCT。
外傷も縫うほどでなく脳内出血もなしで安心して
今日は近場でゆっくり安静にすることに。
後輩の展覧会見に河原町画廊
そしてヴォイスギャラリーは採集したものなど色々、
小山田徹監修〜実測図の展覧会〜
石や骨や実や、私もしょっちゅう拾ってくるそんな物が
ごろごろあってドキドキした。
そこでふと突き上げるような懐かしい感覚に襲われた。
自然史博物館だ。
植物園や自然史博物館のすぐ近くで育った私は、まるでそこを自分の庭のようにして育った。
その幼い記憶が急にフラッシュバックした。
モミジか何かのプロペラのような種が舞い落ちる装置に狂喜し、
羽を広げた時の蛾の紋様がこわかくて両親にしがみついたこと、
恐竜の足跡に赤い靴をはいた自分のちっちゃな足をあわせたこと、
少し大きくなっておじいちゃんが売店で虫のポストカードを選んでくれた時のこと、
今も書きながら次々に記憶が数珠つなぎのように引きあげられていく。
しかもまるでつい5分前のことのような極度な新鮮さをもって思い出せる。
頭を打っておかしくなったのかもしれない。
とにかく、あぁ今気づいた。自然史博物館でのことが私のルーツの核にある。
今はすっかり整備され、植物園のあの鬱蒼とした入り口やなんとなく秘密めいた薄暗い暗闇の中で
恐竜の化石や虫や実の標本をみつめることもできなくなり、さみしくなったものだが。

その後は鴨川望むカフェである作家さんと話した。
医師から本日の禁酒を宣告されたため、濃い話にもかかわらず飲めなかったことに自分を呪う。
オートマティズムとか、小林秀雄のことばをかりると無私の私とか最近ぼんやり考えていたことを
彼のタイムリーな言葉を通して再認識させてもらえたことがうれしい。
旅とか映画とか、キーファー、マックイーン、いろんなとこに飛び火しながら話す。
人に歴史あり、彼の絵の底力はまさにその経験の余白部分なんだろうと思った。
こんな人が美術界にいることがうれしい。同時に自分も頑張らなければと。
そうだ、思い出した。
マストロヤンニが役の中で「さぁ、時間を無駄にしようじゃないか。」と言って
ナポリの突堤から海を見るシーンが好きだった。
[PR]

by ai-pittura | 2008-05-31 00:36 | | Trackback | Comments(10)
2008年 05月 28日

ヒナゲシの

b0080173_11353477.jpg

イタリアでは土と密接な関係にある廃墟とお墓ばかりめぐっていた私に、
友人が「アイの好きそうなのをまた見つけた!」と写真を送ってくれた。
こんな風景の前でいつも私は言葉を失う。
身体がばらばらになりそうなぐらい揺り動かされ、それまで言葉にならなかったものが
全部ひとつのかたまりになって突きあがってくる。
今そこに行くことはできなくても、ここが今、遠い延長線上にあると想像するだけで私はうれしい。

b0080173_11394722.jpgb0080173_1140466.jpgb0080173_1140205.jpg


b0080173_20545553.gif
[PR]

by ai-pittura | 2008-05-28 12:04 | イタリア | Trackback | Comments(10)
2008年 05月 26日

携帯データ消滅につき

携帯がこわれてデータがすべて飛んでしまったため、こちらから連絡できなくなってしまいました。
非常に申し訳ないのですが、皆様、お名前と電話番号を携帯にメールでいただけるととても助かります。
[PR]

by ai-pittura | 2008-05-26 22:49 | お知らせ | Trackback | Comments(2)
2008年 05月 23日

うつわ

b0080173_21191489.jpgb0080173_21193025.jpg
ドローイングしてみるが、あいかわらず身体は難しい。
京都市美術館でうつわ考という展覧会をしていて、私はまだ見に行っていないが
最近私も、うつわについてよく考える。(写真は旦那の新作)
この手の中でカポネや銀があっちに逝った時、つめたくかたくなっていくその体のなかに
確かにさっきまで何かが入っていたように思った。
そういえば、人が死んだあと魂が抜けた分だけ軽くなるという『21g』って映画があったっけ。
魂の重さなんてそんな現実的な数字ではかれるかと思うけど
身体は、その人をいれておくうつわだったんだなぁと私は死を通して感じたりもした。
生きてる時は、身体の外と内、そしてその中の洞すべてがつながり連動していると思う。
心は頭にあるとか胸にあるとか、いろんな意見があるけど
私は全身にあると思っている。
すべてのことは体を通して、五感のすべてを通して感じているからだ。
それは色がひとつでは色として成り立たず、となりにくるものによって色を見せてくるように。
ここ数日、いくつかの心温まる手紙が届いた。
封を切り、その人の選んだ紙を広げる。筆跡や、ポストに投函してから家に届くまでの時間のずれ。
手紙はうつわの構造をもっていると思う。
私の青春はある意味、手紙に縁取られている。
高1の時にポケベル、高3の時に携帯を持ったけど、それでも手紙は絶対真ん中にあった。
恋人に、友達に書いた手紙は何百通、いや何千通か。
授業中、まわってくるたくさんの手紙、休み時間になったらしゃべれるというのに
教科書のかげで夢中になって書いた。まぁほとんど恋の話だったなー。
最近はメールがとても多くなった。返事を待つ楽しみも減った。
だからなおさら、ここ数日の手紙に胸をうたれた。内容もとてもしみるものだった。




b0080173_20545553.gif
[PR]

by ai-pittura | 2008-05-23 22:16 | | Trackback | Comments(9)
2008年 05月 21日

不調

b0080173_01832100.jpg描いてない時も、思わず口を突いて出る言葉が
「あー」とか「うーん」とか「アカン」とかだらしない。
ここ2、3日やることやること空まわり。
120号の絵はもうちょっとで終わりと思ってからが底なし沼だった。
いろいろやってみたけど、悪くなるばかりで麻痺してきたから
発送の前日まで寝かせることにした。
予定がずれこんでることへのつまらない焦りを払いたくて
気分転換に見た映画がこれまた期待はずれで悪循環。
最近、美術が社会と無関係と位置づける場に居合わせた。
かなしいとも悔しいとも何か違う塊が胸の奥につまって息苦しい。
そこでは話すことばも、共通の日本語でありながら全く違う文脈をもつ
異界のことばに聞こえていた。
そういうところで、共通の文脈で話せることが本当に必要。
しかし口で話すということのなんという難しさ。


b0080173_20545553.gif
[PR]

by ai-pittura | 2008-05-21 00:45 | | Trackback | Comments(8)
2008年 05月 16日

こんな晴れた日は

b0080173_23353863.jpg今日もスカッと晴れた。
どしゃぶりも台風も好きだが、夏に向かう快晴の日は
活力が内から湧いてくる。
雨にうたれるのもいいし肌がジリジリ焼けるのもいい。
実感とはそういうことだ。
こんな日は無性にドローイングがしたくなる。
ドローイングはいつもゼロの距離にある。
今までのことが全部とてもちっぽけなことに思える。
昼間に布団を干しながら雲ひとつない青空を見たら、
何かしでかしたいという渇きと共に
またどうしようもなく旅への熱が突きあがってきた。
インド、アフリカ、ペルー、キューバ、中国、カンボジア、そしてイタリア。

b0080173_20545553.gif
[PR]

by ai-pittura | 2008-05-16 23:49 | | Trackback | Comments(12)
2008年 05月 13日

小休止

b0080173_22263454.jpg
おばあちゃんと母と、琵琶湖の見える大津の温泉に行ってきた。
思いきり手足をのばして入れるお風呂に身も心もほどける。
三井寺近くの大津絵美術館にも寄って来た。
女三代でいろんなところに行くのは楽しい。
母方の祖母にとって私はひとりの孫。
おじいちゃんの分までこれからも元気で。


b0080173_20545553.gif
[PR]

by ai-pittura | 2008-05-13 22:35 | 筆休め | Trackback | Comments(14)
2008年 05月 11日

版画工房にて

b0080173_1285310.jpg
今日は、先日友人が結んでくれたご縁に甘えて、豊かな自然の中にある滋賀の版画工房に行ってきた。
仕事場というのはそれだけでうつくしいものだと思うが、そこに
それぞれのちいさな歴史を重ねた壁や床や、使い込まれた道具があったりしたらなおさらだ。
ワイエスの絵に出てきそうな一角がそこにはあって、私はすぐにここが好きになった。
版画に関してほとんど無知と言える私が凄腕の(しかしとてもキュートな)F氏から
丁寧に説明してもらいながら、銅版制作を始められたことはこの上なく贅沢なことだと思う。
横で友人が制作してる作品の経過や、こまめに言ってくれることも興味深い。
まだまだ知らない用語だらけで、ぽわわんという感じだけど、、、制作しながら
少しずつ覚えていくことでしょう。それにしても版画の技法の可能性は無限である。
銅版画は版を削ったり腐蝕させたりすることによって凹みをつけて、そこにインクをつめて
刷るんだけれど、第一印象として感じたことは、
削るのも腐蝕させるのも道具や溶液によって数え切れないバリエーションがある。
それはキリキリした線からにじんだ線、アメーバのような面から奥深い闇のような面まで
薬などの溶液も使う分、偶然が作り出す表情というのもすごく豊かだということ。
それは想像力をかき立てられると同時に、思わぬ効果はそれだけで作品に「なり得る」という
危険性も孕んでいてそのバランスが大事だと感じた。
例えば、ケーテ・コルヴィッツやムンクは見事に直刻の意志的な線を作品に昇華させたと思うし、
浜口陽三はやはりメゾチントの浜口陽三だと思う。
私はまだ自分の版画は未知だが、ニードルで彫り込むことはとても「実感」がある感覚だ。
それは絵を描いている時にも感じる、筆で描く以上に尖った鉛筆や鉄製の刃で描くことに
身体的共感を覚えることに通じている。
もしかして版画は絵を描くことに何かとてもいい刺激を与えてくれるんじゃないだろうか、
と初日のくせにえらそうなことを思ったり。
今日は、ソフトグランドで下地(背景づくり)までやりました。
120号の絵で考えたことを版画でもしようと思ったけど、中止です。
背景から思い浮かぶものをもう一度考えようと。
次、工房に行けるのはいつかなぁ。待ち遠しい。

b0080173_1301011.jpgb0080173_1302823.jpg
b0080173_1304489.jpgb0080173_1311021.jpg


b0080173_20545553.gif
[PR]

by ai-pittura | 2008-05-11 02:41 | 版画 | Trackback | Comments(8)
2008年 05月 09日

あと一息

b0080173_1724930.jpgあともうちょっとで120号が終わる。
少しの時間だったけど、じぃじぃの生身の身体を見たくて
尼崎まで確認しに行った甲斐あって、今日は筆が進んだ。
(N家の皆様いつもほんとにありがとう。)
絵を描く原動力、考えることも必要、
でも実際の生身の感動に勝るものなんて何も無い。
旦那がうつわをつくりながら言うのは、
内をつくらないと外側はかたちになってこないということ。
人の身体も同じ「うつわ」である。
じぃじぃの身体がなぜそんなにうつくしいのか。
内と外。絵もまたそうなんだ。
明日はイタリア語の後、版画の工房に行く。
初めての版画、今回の絵と同じことを小さいもので実験してみる。
今から下図描こう。


b0080173_20545553.gif
[PR]

by ai-pittura | 2008-05-09 17:28 | | Trackback | Comments(4)
2008年 05月 07日

GW

b0080173_11103838.jpg一昨日、ある方の展覧会を見に、明石に行った。
その人はプロの絵描きではなく、普通にバリバリお仕事してる方なんだけど
油絵だけでも130点は出ていて、ここ一年ちょっとの作品だという。
それに加え多くの木炭やパステルのデッサン、
出品してない作品もまだまだありそうだった。
毎日仕事から帰って、筆をもたない日はほぼ無いとおっしゃっていたし、
休みの日はモデルさんを呼んで(または目に留まった人をスカウトし)
どんどん描く。
休むことを知らない彼の絵に対する根源的欲求を目の当たりにして
私は感動し、またことばにならぬ勇気をもらった。
昼から飲むビールもうれしくて、明石焼はやっぱりすごくおいしかったな。
また食べたいなぁ、ほんとごちそうさまでした。

その後は、歩歩琳堂で旦那と合流。

画廊はゴールデンウィーク絵画祭中(13日まで)で、これまた大変なことになっている。
描かずにいられなかった欲求がぶつかりあって充満して、
宝探しのように、好きな絵を探す少年のような大人がそこにいて。
壁という壁が絵で埋め尽くされて、その中に私の絵もありました。
渡辺學さんのデッサンはやっぱり凄みがある。
個展に来てくださった方との再会や、いただいたDVD、思いがけない手紙。
夜は今後のこと話す大事なお酒、そして今回は旦那がそこにいたこともよかった。
旦那の作品も2点、絵画祭に参加させてもらうことになったよう。
神戸から帰る電車の中で、全身をひたひた包み込んでいくあの感覚に襲われて眠る。

b0080173_11101998.jpg一夜明け、昨日は旦那の誕生日。
やっとスニーカーを買ってあげられたこと、
二人で日光浴していると、鳶にケンカを売る烏、
そして信じられない空中戦が始まった少し上空では
飛行船が優雅に旋回していたり、鴨川はいろんなことがある場所。
京都に鴨川があって、その近くに住んでいることが
いつも私たちを癒してくれていると思う。
夜はカレーの苦手な旦那が悶絶するほどの極上カレーを
つつきながら、これからのことを話した。
結局いつも誕生日らしいことをあまりしてあげられないけど
ゆっくり過ごせたことは大事なこと。
さてさて、今日は仕事のあと尼崎へ行く。
再びじぃじぃの取材。
今描いてる120号のために、その次のために
どうしても必要なもの。
帰省中のYと長野旅行の計画もする予定。
うかうかしてられない、あっという間に5月も2週目に入る。


b0080173_20545553.gif
[PR]

by ai-pittura | 2008-05-07 12:14 | 筆休め | Trackback | Comments(10)