ふりつもる線

aipittura.exblog.jp
ブログトップ

<   2008年 04月 ( 15 )   > この月の画像一覧


2008年 04月 27日

ヴィソツキーのレコード

b0080173_2244716.jpg

ヴラジミール・セミョーノヴィチ・ヴィソツキー
(Владимир Семёнович Высоцкий、1938年1月25日 - 1980年7月25日)
ソ連の詩人、俳優、シンガーソングライター。

ヴィソツキーのレコードを手に入れた。
Недолюбилを初めて聞いた時にしびれてしまって、アルバム『大地の歌』で恋に落ちた。
今回手に入れたのはそのアナログ。
音楽との衝撃的な出会いは時々あるんだけど、イヴリー・ギトリスと少し似ている。
つまり、ヴィソツキーは線を引いている。彫り込むような、揺るぎない線。
ヴィソツキーを聴きながら描いていると、次に描く線が見える。
でも描いた瞬間に砕けてしまい、壊す、くり返し。
明日も頑張ろう。

ヴィソツキーのこと・・・・・・・
1938年にモスクワで生まれた。モスクワ芸術座演劇学校卒業。
俳優としてはリュビューモフのタガンカ劇場に加わり、『ハムレット』の演技で名声を得た。
1960年代に、ブラート・オクジャワらと吟遊詩人(バルド)運動に参加し、
ソ連市民の心を”しわがれ声”でギターの弾き語りを始めた。
余りにも激しい体制批判ゆえに、生前には1冊の詩集も1枚のレコードも
出すことを禁じられていたにも拘わらず、彼はヒーローとなり、同時に良心であった。
彼の歌を収録したカセットテープは何度となくコピーされ、人の手から手へと渡され、
ソ連中に広まった。モスクワから遠く離れた小さな村の家の窓からさえ、
彼の歌は鳴り響いていたといわれている。真実の詩と情熱と勇気とを、ギターをかかえ、
しわがれた声で歌うヴィソツキーは、一人で全体主義的管理と状況に立ち向かい、
42歳の若さで逝った。葬儀の行われたタガンカ劇場の周りには、
前代未聞の200千人の人々が許可なく集まり、夭折を惜しんだ。(wikipedia)


b0080173_20545553.gif
[PR]

by ai-pittura | 2008-04-27 23:39 | | Trackback | Comments(2)
2008年 04月 27日

お国柄

b0080173_1815320.jpg
イタリアの友人から写真が送られてきました。
これ何でしょう?

答えは
[PR]

by ai-pittura | 2008-04-27 18:07 | イタリア | Trackback | Comments(8)
2008年 04月 25日

ここ数日

23日 造形大にて三瀬夏之介さんの講義『冬の夏』を聞く。
アートプロデュース学科主催の講義だったこともあり、日本画どうこうじゃなくて
絵の背景にある事柄のお話など。
制作過程や制作場所の写真が見られたのも面白かった。
ことばにできることと絵にできること、実際に人の前で発せられることばはまた強し。
これはもっと日本画の学生たちにも聞いてもらいたかったな、行って本当よかった。
この日は、小金沢智氏が神戸の個展について展評を書いてくださった
ギャラリー代々木通信がお昼に届いたり、と興奮気味。
とても嬉しい言葉がそこにはありました。
ほんとに頑張らなきゃバチがあたります。

b0080173_23443519.jpg夜は、会いましょうと言いながら延び延びになっていた版画家の
F氏との初対面でした。写真家の奥さまの作品も素敵で。
そんな流れで、今度F氏の工房で版画に初挑戦させてもらうことに!
版画ド素人の私、
本日早速図書館で版画技法の本を借りてきて見てるとこです。
まだ全然わからないなりに魅力を感じた技法、
銅版画直刻法はドライポイント、
腐食法はエッチング、ディープ・エッチ。
削りながら絵を描く私にとって彫るイメージは遠いものじゃない。
さぁどうなることやら、来月、滋賀の工房で実験です。
今日は、大阪の母が実家にある画集や食材を積んで来京。
その中にはダ・ヴィンチの超大型画集なんかもあったり。
本に埋もれて幸せな夜です。


b0080173_20545553.gif
[PR]

by ai-pittura | 2008-04-25 23:50 | | Trackback | Comments(4)
2008年 04月 22日

本/メモ

最近読んだ本、読んでいる本、近々読む本

○『生誕百年記念展 小林秀雄 美を求める心』 文化庁 新潮社
○『辻が花』 河上繁樹 京都書院美術双書
○『画家の沈黙の部分』 瀧口修造 みすず書房
○『夢の漂流物』 瀧口修造 世田谷美術館/富山県立美術館
○『ヴィソツキー ーあるいは、さえぎられた歌』 マリナ・ヴラディ  リブロポート
○『絵画の制作学』 藤枝晃雄・谷川渥・小澤基弘 日本文教出版
○『深海生物ファイル』 北村雄一 ネコ・パブリッシング
[PR]

by ai-pittura | 2008-04-22 14:03 | | Trackback | Comments(2)
2008年 04月 21日

願い

b0080173_2255477.jpg暗い河を、今ただ見ることしかできないある人に、一枚の絵を描いた。(写真は部分)
自分の未熟は百も承知で、私はやさしい絵を届けたいと思った。
絵の前に立つ、その度に、長い対話ができるものをと願った。
様々な時間軸の記憶へと旅立たせてくれるもの。
この人からいただいた、一通の手紙、そして個展を通して
私は自分がどういう絵描きになりたいのか、
なぜ絵を描くのか
絵を通してどんな風に人とかかわりたいのか、
ことばにするのはとても難しいが、
それが少しだけわかるようになってきた気がするのだ。

絵は無言の中の渡し守である。
[PR]

by ai-pittura | 2008-04-21 23:09 | | Trackback | Comments(4)
2008年 04月 20日

神戸へ

昨日やっと神戸に行けた。
個展が終わってからも神戸では気になる作家さんの展覧会が続いており、
時間を合わせられず、悔し涙をのんだ個展がはやくもいくつかあった。
昨日急遽時間がとれ、静かに気持ちを整えてギャラリー島田での藤崎孝敏展を見に行った。
藤崎さんの作品は以前、歩歩琳堂で一点見せていただいたことがあった。
ハサミを持った少女の見透かすような視線にドキッとした。
「髪を切った少女」というタイトルの。いい絵だと思った。
他の作品も見てみたいと思っていた念願叶い、昨日ギャラリーで多くの作品を見せていただいた。
2時間近くいたかもしれない。私は藤崎さんの絵になぜかとても励まされた。
そして襟を正された。
短い時間だが、帰国中の藤崎さんとお話することもできてうれしかった。
家に帰ったらまず今の段階の絵を壊そうと思った。
島田さんのところやその周辺で、私の個展に来てくださった方数人と偶然のうれしい再会。
行動範囲は重なるものですね。
少し喫茶店でおしゃべりした後、永津照見さんの個展を見に歩歩琳堂へ。
永津さんは私よりも2つ上の同世代。何かすがすがしい気持ちにさせてくれる色彩的な絵。
使う色も絵の方向も全く違う分、とても勉強になる。
ドローイングの鉛筆の線が美しい。裸婦の体をなぞるような気持ちいい線が走る。
フランスに2年、ベルギーに1年いた彼の絵は、
午後のオープンカフェでシャンパンを空けてから、少々揺れる視界の中で見たい、
そんな気持ちにさせる。
夜、永津さんの酒席に少しお邪魔。ネオンきらめく夜の酒場を前にはしゃぐ大橋さんと
いつも変わらぬ皆の空気の中で、あぁここが好きだとしみじみ思った。


b0080173_20545553.gif
[PR]

by ai-pittura | 2008-04-20 20:30 | 展覧会 | Trackback | Comments(13)
2008年 04月 17日

無意識の先

b0080173_2194364.jpg私は必然的主題を求めてきた。
今までそれは自分の意識に依るところが多かったのかもしれない。
ここのところ無意識の自分に興味がある。
それは長年、無意識でいる祖母の影響もあるかもしれない。
彼女はまるでどこまでもつづく平野のように広々としている。
自分という領域のなかで、意識はとてもちっぽけなものだ。
人の記憶は大脳の中に積もっていく。
何度も思い起こすものは記憶、想い出として、いつも取り出せるところにあるが
その下には思い出すことのなかった膨大な記憶が沈殿している。
忘れるということをひどく恐れたこともあった私は
そのことを思い浮かべる時、心安らぐ。
忘れるというのは失うことではない。
それは、今取り出せないけれど、何かの拍子にふっと浮きあがることもあり得る。
人生と同じ速度でそれは永久に積もっていき、自分の中にありつづける。
無意識の層をずっとまだまだ降りていくと、
人の心の動きの原形となるところ。個人をこえて人類に共通するもの。
夢や神話、おとぎ話のイメージは時代や民族に関係なく人類に共通しているという。
人類の心が帰する無意識の世界とはどんな風なのだろうか。
意識せずに無意識を降りることはとても難しいが、
自分の過去のそのもっと奥にあるものに出会ってみたい。
そんな思いもあってか、直感を大事に思う。
はっきりこうしたいという意志をもって決めることも多いのだが
迷ったらもう直感なのだ。それは多分私の無意識が欲する方向。
そして今、大きな選択の前にいる。
でも、もう無意識の舟は動き出しているのかもしれない。



今日でブログ2周年です。
書く時はいつもひとり画面に向かっているけれど、
その向うで多くの方が読んでくださっていること、とてもうれしく思っています。
無精者で、更新も返信も遅れ気味なのにコメントをくださる皆様、
いつも本当にありがとうございます。
これからもどうぞよろしくお願い致します。
[PR]

by ai-pittura | 2008-04-17 22:03 | | Trackback | Comments(23)
2008年 04月 17日

地震

夜、午前0時58分ごろ、調べものをしていたら一瞬空気がかたまり、縦揺れした。
兵庫県明石市などで震度4の地震とのこと。ドキっとして嫌な胸騒ぎがした。
京都で感じた揺れは小さいものだっただろうが、
阪神淡路大震災を体験した私たちの身体には、もう否応なくあの恐怖がしみついていて
たった少しの揺れにも敏感になる。
これはただの兆候で、この後もっと大きいのがくるのではないだろうかなどと
不安が首をもたげ、黒い鉛が胸のあたりを覆う。
私は当時14歳、大阪にいて家も無事だったが、家が全壊した友人や死を目の当たりにした。
あまりに圧倒的だった地震がのみこんでいった多くの人の未来。
昨夜の地震は私以上の思いを大震災の被災地に与えただろう。
あの時、私が今の年齢、今の状況だったら、その後も絵を描き続けることができたのだろうか。
[PR]

by ai-pittura | 2008-04-17 10:19 | 京都 | Trackback | Comments(4)
2008年 04月 13日

一週間

b0080173_17585433.jpg一週間、飛ぶように過ぎる。
ゆいと朝まで10時間、
飲みながら個展をふりかえった大事な夜、
そして造形大での初授業。私は二回生担当。
久しぶりの大学の雰囲気はやっぱりいいな。
そして、生徒のみんなと話すことって、
鏡のように自己確認すること。
大いに刺激を受けて帰って、
押入れの中もすべてひっくり返して
アトリエ大掃除大会。
おかげで一畳分、広く使えるようになった。
新しい出会い、新しい環境、
忙しいけどあぁ、ビールもおいしい、
春ですね。
写真は下地に和紙を貼ってるとこ。


追伸:先日の携帯不調は電話会社の通信障害だったよう。もう復活しました。


b0080173_20545553.gif
[PR]

by ai-pittura | 2008-04-13 18:18 | | Trackback | Comments(6)
2008年 04月 10日

携帯不調につき

b0080173_02519.jpg先ほどから携帯が急におかしくなり、ずっと圏外表示で
電話もメールもできなくなりました。
ということで、連絡とれない方、ごめんなさい。
急用の方はパソコンの方のメールもしくはコメントにて
連絡ください。

今日は仕事の前後に、次描く絵の準備。
普通に布屋で売っている麻布の幅は大体120cm前後で
100号以下の作品を描く時、いつもそれを使っている。
でも今回は作品のために130cm以上の幅が必要で、
探しに探して唯一見つけた画材屋の2m幅の極荒目キャンバス
(値段もぐんと高い!)を利用したのだが
裏に思いっきり目止め(布の目を糊でふさぐこと)加工が
してあるため布が固いのなんのって。
(どなたか幅広の柔らかい麻布を買える所ご存知ですか?)
院の修了制作でも死にものぐるいでこのじゃじゃ馬を
張ったことを思い出したけど、こんな扱いづらいキャンバス、
見たことがない。側面に巻き込む時にうまく折れないし、
布とパネルの間の空気抜きもこっちを抜けばあっちに入る、
とそれはもう冗談抜きで旦那と二人がかりの死闘。
旦那が必死で力をふりしぼってやっと押さえ込めるという暴れっぷり。
こんな時ばかりは、か弱き女(女子にしては力ある方ですが)に生まれたことを後悔です。
なんとか最終的にはビシッと張ることができ、ふらふらで仕事へ。
そして、先ほど夜中に雨音をBGMに下地塗り。
6帖のアトリエはでんと120号のこの子が横たわり、足の踏み場もありません。
準備段階から大荒れのこの絵とはこれからどんな戦いになるのか、久しぶりに血が騒ぐ夜。



b0080173_20545553.gif
[PR]

by ai-pittura | 2008-04-10 00:36 | | Trackback | Comments(2)