カテゴリ:展覧会( 154 )


2015年 11月 05日

折り返し

稲富淳輔展、開催中です。
展示風景をちらり。


b0080173_22053807.jpg

b0080173_22265697.jpg

後半も皆様のお越しを楽しみにお待ちしております。








[PR]

by ai-pittura | 2015-11-05 22:34 | 展覧会 | Trackback | Comments(0)
2015年 10月 30日

明日から

昨日、無事主人の展示が完了。
たのしい展示になりました。思わずくすっと微笑んでしまうものも。

稲富淳輔展、私も明日(31日)は終日会場で皆様のお越しをお待ちしております。

b0080173_21031498.jpg



[PR]

by ai-pittura | 2015-10-30 21:06 | 展覧会 | Trackback | Comments(0)
2015年 09月 29日

実りの時間

b0080173_22343745.jpg
まゆ、美味しい栗をありがとう!

すすき色に光る月の下で秋の色がいっそう濃くなった。
実りの季節は何度めぐっても嬉しい。
山に入ったらもうキノコがひょこひょこ顔を出していた。
今年は涼しくなるのがはやかったから、皆、秋に乗りおくれまいとして
一途にその身をきんいろにして。


うつくしい秋の実たち。描きたい、食べたいと気持ち逸る秋。
山の動物たちが一年でいちばん嬉しい秋。

b0080173_22345457.jpg
今年もうかわのファームマートのいちじくを手に入れられた。13個300円。コンポートとジャムに。

さて、念願のRichard Davisの個展が神戸でも実現します。
販売できる作品は日本国内はもとよりフランスにもほとんど残っていないため、
もしかしたら日本で販売できる最後の展覧会になるかもしれないとのこと、
ご興味がおありの方は是非、是非、ご覧ください。

Ricahard Davisは描くことを通して、描き得ないことを表現してきたように思えてならない。
彼の銅版画の世界を通して、そのむこうにある豊かさがゆっくりこちらへやってくる。
まるでたくさんの死者にまもられれて在るような、
そこにはいないものに対しても どこまでもやわらかくひらかれているような
こんな作品をわたしは他に知らない。

どうぞたくさんの方にご覧いただけますように。

画廊開廊 15周年記念特別展
RICHARD DAVIES Solo Exhibition

2015年10月3日(土)〜15日(木)

12〜19時(最終日は17時まで) 水、金休廊

650-0022 神戸市中央区元町通1-10-11 元町エビスビル3F
078-321-1154

b0080173_23103633.jpg


[PR]

by ai-pittura | 2015-09-29 23:11 | 展覧会 | Trackback | Comments(0)
2015年 07月 13日

展示中

b0080173_19443355.jpg
歩歩琳堂での特別展示開催中です。
旧作から近作、神戸初展示作品などたくさん並んでおります。
最終日20日は終日(12〜19時)在廊させていただきます。
ほんとうに暑い毎日、今週後半には台風直撃の可能性もあるとのこと、
お越しを考えてくださっている方はくれぐれもお気をつけて・・
よいタイミングを縫ってお立ち寄りいただけましたら大変幸せに存じます。

〜20日(月・
水・金定休
12:00 〜 19:00


ギャラリー歩歩琳堂
〒650-0022 兵庫県神戸市中央区元町通1丁目10−11 元町エビスビル 3F
お問い合わせは‎078-321-1154まで



[PR]

by ai-pittura | 2015-07-13 19:52 | 展覧会 | Trackback | Comments(0)
2015年 06月 19日

リチャード・デーヴィス展

b0080173_00362135.jpg

5月に名古屋で拝見し、あまりにも心ふるえた展覧会。
もう少しことばが降りてきたら、ゆっくり書こうと思っていた。
けれど、今なお豊穣の海のなかにいて、
ことばにしすぎると何か大切なものが消えてしまうような気もして、
お知らせまで。
もっと、もっとはやくにお知らせすべきでした。
展覧会は22日(月)までです。
ご興味がおありの方は是非お出かけください。
もうリチャード・デーヴィスの作品が日本でこんなに見られる可能性はないかもしれないとのこと。

ほんとうにすばらしい展覧会。
人生をこんなにも信頼して生きた人がいたということが
ただただ嬉しく、心づよく。



リチャード・デーヴィス 作品展

2015年05月06日〜2015年06月22日

名古屋市千種区末盛通4-13 第2富士ビル2F
アクセス地図 >>
TEL052(762)6223

午後1時~7時
休廊日 毎週火・水曜日

英国・ウェールズ地方で生まれ、仏・パリのアトリエで銅版画の制作を続けた作家デーヴィス(1945~91)。 
今展では銅版画を中心に、デッサン、画集など35点を展示する=写真は「夜、街の人々」。 
エッチング、アクアチント、ドライポイントなどの技法を混合し、人間の存在を描いた。

[PR]

by ai-pittura | 2015-06-19 00:51 | 展覧会 | Trackback | Comments(0)
2015年 06月 11日

感謝

2015.06.01〜06.06
稲富淳輔個展 〔ぼくは ぼくになるまえの ぼくのまま〕 於 ギャラリーゴトウ


主人の個展も無事に会期を終えることができました。
お越しいただきました皆様、お気に留めてくださっていた皆様、
ほんとうにありがとうございました。

ブログでも細かくご紹介頂き、心より感謝しております。

●R.L WAFFLE CAKE

●mohariza12メモ



そして、展示空間の気配がながれだすような写真を撮っていただきました。

b0080173_20512051.jpg





b0080173_20513648.jpg



b0080173_20515124.jpg



b0080173_20521720.jpg

Photo by Rika Okubo







b0080173_21103731.jpg



b0080173_21112864.jpg



b0080173_21115035.jpg




b0080173_21121377.jpg


Photo by Takuya Yamaguchi




本当にありがとうございました。
感謝を胸に抱いて。

[PR]

by ai-pittura | 2015-06-11 21:31 | 展覧会 | Trackback | Comments(2)
2015年 05月 29日

Helene Schjerfbeck

ヘレン・シャルフベック ――魂のまなざし

会期: 2015年6月2日(火)- 7月26日(日)
午前10時 - 午後5時(入館は午後4時30分まで)
休館日: 月曜日(7月20日は開館)、7月21日(火)

会場: 東京藝術大学大学美術館 本館 展示室3、4
観覧料: 一般1,500(1,200)円 高校・大学生1,000(700)円(中学生以下は無料)
* ( )は20名以上の団体料金* 団体観覧者20名につき1名の引率者は無料
* 障害者手帳をお持ちの方(介護者1名を含む)は無料

前売券の詳細はこちら→http://helene-fin.exhn.jp/ticket/
主催: 東京藝術大学NHKNHKプロモーション日本経済新聞社
後援: フィンランド大使館フィンランドセンター
特別協力: フィンランド国立アテネウム美術館協賛: 損保ジャパン日本興亜大日本印刷
協力: フィンエアーフィンエアーカーゴ

問い合わせ: ハローダイヤル 03-5777-8600



とても楽しみにしている展覧会。
フィンランドの画家、自画像を描き続けたヘレン・シャルフベック、日本ではじめての大きな展覧会です。

b0080173_23073618.jpg

[PR]

by ai-pittura | 2015-05-29 23:12 | 展覧会 | Trackback | Comments(2)
2015年 05月 14日

閉幕

b0080173_20570741.jpg

美の予感2015巡回展の会期を12日、無事終えることができました。
季節が初春から目の覚めるような新緑へと移り変わっていくなかで、
絵が様々な場所でたくさんの方にご覧いただけたことに改めて感謝しております。

東京展=2015年2月25日(水)→3月3日(火) 高島屋日本橋店6階美術画廊 
京都展=2015年3月11日(水)→3月17日(火) 高島屋京都店6階美術画廊 
大阪展=2015年3月25日(水)→3月31日(火) 高島屋大阪店6階美術画廊
横浜展=2015年4月8日(水)→4月14日(火) 高島屋横浜店7階美術画廊
新宿展=2015年4月22日(水)→5月4日(月・祝) 高島屋新宿店10階美術画廊
名古屋=2015年5月6日(水・振休)→5月12日(火) ジェイアール名古屋タカシマヤ10階美術画廊

各会場でご覧くださった皆様、本当にありがとうございました!


[PR]

by ai-pittura | 2015-05-14 21:03 | 展覧会 | Trackback | Comments(0)
2015年 05月 06日

ありがとうございました

b0080173_18003152.jpg

櫂を漕ぐ 100号 2014年

昨日、大阪高島屋ギャラリーNEXTでの個展、櫂を漕ぐの会期を無事終えることができました。
会期中、特に後半の一週間は信じられないほど多くの方にお越しいただき、感無量です。
14日間、毎日ギャラリーに立たせていただくなかでは、
会場に風が流れ出すように感じる瞬間が何度かあり、
展覧会とは本当にご覧くださる方と共につくっていくものなのだなあと改めて実感しています。

遠くからあたたかい声を送ってくださった皆様にも、
こころから感謝しております。
本当にありがとうございました。

展覧会を終えていろいろと思うことはあるのですが、
はっきりとひとつ確かに思うことは

正直に生きよう 
その一言に尽きます。

これからも精進いたします。
ありがとうございました。

忠田 愛




[PR]

by ai-pittura | 2015-05-06 18:12 | 展覧会 | Trackback | Comments(2)
2015年 04月 30日

It ART!

It ART! ~なんば美術手帳~

大阪高島屋美術画廊のブログです。

個展について記事を書いてくださいました。
よろしければご覧ください!

忠田愛 個展 - 櫂を漕ぐ -

モデルの方が御来廊
[PR]

by ai-pittura | 2015-04-30 23:03 | 展覧会 | Trackback | Comments(2)