ふりつもる線

aipittura.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:お知らせ( 142 )


2014年 10月 01日

忠田愛個展ー櫂を漕ぐーのお知らせ

b0080173_11300591.jpg







忠田愛個展 ー 櫂を漕ぐ ー のお知らせ


ー 櫂を漕ぐ ー


遠い昔から流らう

八重の連なりに

櫂を漕ぐ。

存在は

境のない生と死の

揺らぎを渡る

一葉の舟の

物語にも似てー。





会期:平成26年10月1日(水)〜10月8日(水) 会期中無休

時間:11時30分 〜 19時 (最終日8日は17時まで)

作家在廊日:10月1日(終日)、2日(11時30分〜17時)、4日(11時30分〜18時)


b0080173_11363001.jpg




夏が過ぎ、虫の声や風、透明な光に日々秋の訪れを感じています。
皆様のところはいかがでしょうか?
先日主人の個展が終わり、私は夏に受け持っていた大学の集中講義などを終えたところですが、
あっという間に今度は自身の個展が近づいてきて 慌ただしい日々です。

枝香庵の荒井さんが初めて作品を見てくださったのは暑い暑い夏の日、
2年前の滋賀での二人展でした。
それからお誘いをいただき、個展が実現することになり、とても嬉しく思っています。
枝香庵は銀座の松屋通りのほそーい通路を入り、(とっても細いので看板をお見逃し無く!)
そこからエレベーターでビルを8階まであがったところにあります。
展示空間はちいさな階段をはさんでいくつかに分かれている面白い空間で
なんといっても屋上のテラスがとっても素敵です。
テラスから見下ろす銀座の風景、そして空に抜けていくような開放感が心地よく
人呼んで銀座のオアシス!!遊びに来ていただけましたらとても嬉しいです。

私は今回、新作の絵に加え、陶彫、今年の春に神戸でさせていただいたドローイング展出品作の一部、
そして絵付け陶器なども展示予定です。
是非ご高覧ください。

忠田愛


※DM作品 ”櫂を漕ぐ” 麻布・陶土・岩絵具など 50号(写真は部分) 2014年


[PR]

by ai-pittura | 2014-10-01 11:29 | お知らせ | Trackback | Comments(16)
2014年 08月 28日

お礼

b0080173_20251928.jpg
柿傳ギャラリーでの稲富淳輔展が本日無事終了致しました。
お越し下さった皆様、応援してくださっていた皆様、そして遠方で見守っていてくださった皆様、
ほんとうにありがとうございました。
個展を終えて、一度心をまっさらにして、明日から主人の制作の日々がはじまります。
また、次の個展で今よりも成長した姿を見せられますように・・
柿傳ギャラリーのブログで主人の個展の様子を紹介してくださっています。
ご報告まで。

[PR]

by ai-pittura | 2014-08-28 20:49 | お知らせ | Trackback | Comments(0)
2014年 08月 18日

稲富淳輔個展ー月よむ骨ーのお知らせ

b0080173_23495347.jpg

稲富淳輔展 ー 月よむ骨 ー

会期:平成26年8月22日(金)〜8月28日(木) 会期中無休

時間:午前11時 〜 午後7時 (最終日28日は午後5時まで)

作家在廊日:22、23、24、27、28日

場所:柿傳ギャラリー(JR新宿駅中央東口徒歩1分)
住所:〒160-0022 東京都新宿区新宿3−37−11安与ビル地下2階
電話:03-3352-5121

b0080173_00101523.jpg



稲富さんは、琵琶湖近くの大津市に居を構え、今年33才となる新進の陶工で、白いうつわだけを徹底して作っています。

その白色の肌合いは艶やかで、素敵なフォルムと相まって、静かな魅力を醸し出しています。

私は、陶磁器の作品にどんな音楽が合うか、時に、想いを巡らします。

稲富さんの静かな作品には、私はジャズが似合うと思いますが、皆様はどう思われますか。

今回の個展のサブタイトルを、「月よむ骨」と稲富さんは名付けました。

何故、「月よむ骨」とい うタイトルにされたかは、以下の彼が書いた詩をお読み頂くとして、暑い夏の一夜、

ジャズの名曲「Fly me to the moon」でも聴きながら、稲富作品を愛でては如何でしょう。

左党の方は、キリっ と冷えたスパークリングでもご一緒に。


「朔望をただすら まったくする月を
 ぼくのこの骨はいのりましょう
 悉に美しい理が
 悉く美しいままにあるのですから
 ぼくは僕になるまえの
 いのりで在るぼくのまま」
 
稲富淳輔

人懐っこい笑顔を絶やさず、猫が大好きな稲富さん。

どうぞお手に取り、若き陶工にご指導を頂ければ嬉しいです。

                                               店主 安田 尚史


b0080173_00100200.jpg

主人が新宿の柿傳ギャラリーにて個展をさせていただくこととなりました。
粉引き一本の個展、会場も広いので、
今までで一番作品数の多い個展になるかもしれません。
今年も厳しい猛暑日が続きますので、外出の折はお気をつけて・・
新宿方面にお越しの折は、お立ち寄りいただけましたら大変嬉しく存じます。

[PR]

by ai-pittura | 2014-08-18 23:49 | お知らせ | Trackback | Comments(12)
2014年 08月 17日

滋賀の本

b0080173_21372269.jpg
エルマガジン社から発売中の滋賀の本
滋賀の手仕事のコーナーにて主人をすこし紹介していただいています。
(一番後ろのコーナーです。)
私たちがお世話になっているギャラリーサラや馴染みの場所もたくさん出ていました。
書店などでお見かけの折にはご覧頂けましたら嬉しいです。
b0080173_21373133.jpg

[PR]

by ai-pittura | 2014-08-17 21:44 | お知らせ | Trackback | Comments(0)
2014年 08月 01日

金沢へ

明日8/2は装丁画展のオープニングパーティーに出席するため、日帰りで金沢に行ってきます。
オープニングパーティーは18時から。
金沢の皆様ぜひお気軽にお越しください!

カフェ&ギャラリーミュゼ
920-0999 金沢市柿木畠3-1
TEL :076-263-1187
12:00-19:00  定休日:月、火曜.
アクセス

b0080173_10592751.jpg
[PR]

by ai-pittura | 2014-08-01 11:08 | お知らせ | Trackback | Comments(0)
2014年 08月 01日

枝香庵サマーフェスタ2014

b0080173_10430784.jpg
枝香庵サマーフェスタ2014
8月4日(月)〜11日(月)
11:30〜19:00(日曜日・最終日は17:00まで)
★OPENING PARTY  8月4日(月)18:00〜

〒104-0061
東京都中央区銀座3-3-12
銀座ビルディング8F

TEL:050-3452-8627
FAX:03-3567-4921


10月に個展をさせていただく銀座のギャラリー枝香庵にてグループ展に参加いたします。
私も主人も出品させていただきます。
絵画、木彫、版画、陶、ガラス、染織など大勢がそれぞれ1〜2点出品する
枝香庵の夏祭りです。
屋上テラスのある素敵なギャラリーです。
お近くにお越しの折には是非お立ち寄り下さいませ。


[PR]

by ai-pittura | 2014-08-01 10:54 | お知らせ | Trackback | Comments(0)
2014年 07月 19日

金沢アートスペースリンク2014のお知らせ

b0080173_16442065.jpg

金沢アートスペースリンク24
-金沢 26のアートを追え!-

2014年8月1日(金)〜8月31日(日)

主催 金沢アートスペースリンク
お問合せ・事務局 NPO法人金沢アートグミ

参加ギャラリー一覧  計 26ヶ所
As baku B/ÉNIGME/金沢アートグミ/cafe&gallery musée/Kapo/ガレリアポンテ/
ギャラリーアルトラ/ギャラリー点/ギャラリートネリコ/ギャラリー椋/ギャラリールンパルンパ/
芸宿ge-Shuku/KOGEI まつきち/コニーズアイ/collabon/COLONY/茶房一笑/山鬼文庫/
THE ROOM BELOW/shirasagi/白鷺美術/真福院/髙木糀商店/問屋まちスタジオ/陶庵/
NEW ACCIDENT/山ノ上ギャラリー


金沢、武蔵が辻(近江町市場)横の北國銀行の歴史的建造物を利用した金沢アートグミの会場で、
参加ギャラリーのアートフェアが開催されます。
cafe&gallery muséeのブースにて私も小さな絵を出品させていただきます。
アートスペースリンクにお越しの皆様、cafe&gallery muséeでの装丁画展とあわせて
是非お越し下さいませ。 

[PR]

by ai-pittura | 2014-07-19 16:50 | お知らせ | Trackback | Comments(0)
2014年 07月 19日

ミニアチュール神戸展のお知らせ

b0080173_16382583.jpg

恒例の夏祭り展、ミニアチュール神戸展がはじまります。
毎年、ギャラリーがテーマを決めて、作家が新作で参加をするという、企画者や観客としては贅沢な試みです。
今年のテーマはずばり 「Change」 です。 皆さんは何をChangeされますか?
日本を、世界を、 原発を、相方を、生活習慣を・・・ Changeするのはなんのためでしょうか。
破壊、革新、投棄といった怒りによるChangeもありますがその向こうには「希望」も「夢」も
ありそうです。誕生、再生、回復、発見もまたChangeでしょう。
作家たちが小さな宇宙に想いを託します。ぜひご覧いただきたいと思います。
ギャラリー島田HPより

◆B1Fにて 7/26(土)〜 8/6(水) 12:00〜19:00
※火曜日は〜18:00、最終日は〜16:00まで。

◇恒例の「ドリンクナイト」へお集まり下さい。7月26日(土)17:00から
お客様、作家の皆さんが楽しく交流する「ドリンクナイト」です。
いつも、ここから何かが生まれる、そんな魔法の時を過ごしてください。
いつものpotluck(ポトラック・持ち寄り)スタイルです。どなたさまもどうぞ。


ギャラリー島田
〒650-0003 神戸市中央区山本通2-4-24リランズゲートB1F
TEL&FAX 078-262-8058 

お誘いをいただき、急遽こちらにも夫婦揃って出品致します。
神戸、三ノ宮界隈にお越しの折には是非お立ち寄り下さいませ。

[PR]

by ai-pittura | 2014-07-19 16:41 | お知らせ | Trackback | Comments(2)
2014年 07月 14日

文学とアートの出会いー装丁画展@金沢のお知らせ

b0080173_22202090.jpg

「文学とアートの出会いーアートソムリエ山本冬彦とギャラリーが選ぶ装丁画展ー」

□ミュゼさんの装丁展によせて
ここ2年ほど若手作家の様々なグループ展を企画していますが、昨年東京で実施した文庫本表紙の装丁展を
見たカフェギャラリーミュゼの益田さんから金沢でも実現したいとの依頼を受けました。
せっかくの機会ですので益田さん推薦の地元関連作家と私が全国から選んだ若手作家の
エール交換のグループ展としました。
楽しみにしてください。

アートソムリエ 山本冬彦

●会期  2014年8月2日(土)~9月3日(水)
     12:00 〜 19:00 木金休廊

●会場  ギャラリーミュゼ(金沢市柿木畠3-1 2F)
      076-263-1187 

●参加メンバー

荒木 愛 (東京藝大 日本画)    小塩 恵子 (金沢美大 洋画)
黒木 美津子 (多摩美大 日本画)  佐直 麻里子 (金沢美大 日本画)
佐々木 優衣 (東北芸工大 洋画)  竹平 亮太 (金沢美大 洋画)
忠田 愛 (京都造形芸大 日本画)  本多 厚二 (金沢美大 彫刻)
中村 眞弥子 (武蔵野美大 洋画)  前田 有加里 (京都造形芸大 日本画)
新家 未来 (愛知芸大 日本画)   安田 薫 (金沢美大 日本画) 
平田 達哉 (金沢美大 洋画)
牧 弘子 (佐賀大 洋画)

※今年の8月も金沢市内 24ヵ所のギャラリーが合同企画として催される「金沢アートスペースリンク」の一環として開催されます。


装丁には以前からとても興味を持っており、そんな折、山本さんから展覧会にお誘いを頂きました。
もしも自分が装丁するとしたら・・と、本を選ぶところからたのしい時間を過ごしました。
私は、愛読している梨木香歩さんのエッセイ、”渡りの足跡”の装丁として
墨と鉛筆でドローイングを描きました。
金沢にお越しの機会がありましたら是非お立ち寄りください。

※装丁したブックカバーは実際に本屋さんに並ぶ訳ではなく、本展のみの企画となっています。 
いつか、本当に装丁画のお仕事もさせていただけることを夢見て!


[PR]

by ai-pittura | 2014-07-14 22:37 | お知らせ | Trackback | Comments(0)
2014年 07月 12日

前田寛治大賞展

第9回 前田寛治大賞展

故・前田寛治の偉大な業績を顕彰し未来へ向けて継承するため、1988年に創設された前田寛治大賞展。
今回で9回目となるこの大賞の理念は、前田寛治が残した理論や作品に顕現された新写実主義を受け、
現代におけるその新たなる展開や可能性を主題にしています。
出品は、写実主義を実践している若手作家を推薦委員より選抜する指名応募制です。


髙島屋東京店(日本橋)6階 美術画廊 
平成26年7月16日(水)~7月22日(火)
午前10時~午後8時(最終日は4時まで)

倉吉博物館
平成26年9月 6日(土)~10月5日(日)

石田 淳一 井原 信次 卯野 和宏 小田 志保
桂 典子 加藤 隆之 近藤 智美 竹内 佑未
茶谷 雄司 忠田 愛 張 麗寧 鶴 友那
唐仁原 希 中尾 直貴 中台 ゆう子 名知 聡子
鉢呂 彰敏 馬場 洋藤田 貴也 益村 千鶴
松田 一聡 目黒 礼子 森吉 健 山田 和宏
山田 真二 湯浅 ひろみ 横山 瑛子 吉中 裕也
渡抜 亮 安彦 文平 磯貝 知哉 津田 やよい
 

推薦をいただき、前田寛治大賞展に100号の絵を出品させていただいております。
会期中に上京できず、とても残念なのですが、日本橋高島屋にお越しの機会がありましたら
是非美術画廊にお立ち寄りください。

[PR]

by ai-pittura | 2014-07-12 22:26 | お知らせ | Trackback | Comments(5)