ふりつもる線

aipittura.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:未分類( 50 )


2017年 06月 13日

あたらしい暮らし

b0080173_21394401.jpg

4月末、滋賀から大阪へ居をうつしました。
長らくブログを更新せず、ご心配をおかけしました。

住まいの整理、大工しごと、アトリエ作り、
ハイハイを始めた六熊のお尻を追いかけまわすうちにあっという間に駆け抜けた5月。
時々、乳腺炎ともお付き合いしながら、住まいの整理を後回しにして6月、制作を開始!!

まだ1日のなかで絵に向かえる時間はわずかだけれど、
太陽に向かってあたらしい若葉を広げるように成長する六熊との日々は
ただただシンプルで
生きる力が胸に満ち、
だいじなものだけが真ん中にのこってゆくような不思議な感覚。
わたしも、赤子のように素直に生きてみたい。

[PR]

by ai-pittura | 2017-06-13 22:21 | Trackback | Comments(2)
2017年 01月 01日

2017年

b0080173_17053053.jpg



明けましておめでとうございます。
本年も何卒よろしくお願い申し上げます。

皆さまのご多幸をお祈りして。

2017年 元旦

忠田 愛

[PR]

by ai-pittura | 2017-01-01 17:08 | Trackback | Comments(0)
2016年 03月 06日

会いにゆく

うちの風呂場の脱衣場(屋外)によく寝泊まりしていたノラたちを
友人が新しい家族として迎えてくれ、はや一ヶ月。
マロ(推定約8ヶ月♂:写真左)とチー(推定約2歳♀、マロの母親:写真右)と名付けられた、
懐かしい顔ぶれに会いにゆく。

マロは天然でぼんやりしていた仔猫時代は一体どこへ・・と眼を疑うほど
激しく部屋を駆け回り、宙を舞い、チーのごはんを奪いとり、散々暴れたあげく
電池が切れたようにこてんと眠った。
それにしてもマロの食に対する飽くなき闘志のすごさよ。

チーは以前と変わらず、哲学者のように思慮深く外を見る時間を愛し、
マロのご乱心ぶりに一歩身を引きつつも、慈母のようなやさしい眼差しを注いでいた。
チーの佇まいの密やかなうつくしさは、いつもしずかに胸を打つ。

ある種、対照的なほどの二匹だけれど、それぞれにたっぷりと愛情を注がれ、
すっかり落ちついて暮らしている様子に、心から安心して帰路についた一日。

b0080173_16380505.jpg
[PR]

by ai-pittura | 2016-03-06 17:11 | Trackback | Comments(2)
2016年 01月 04日

2016

b0080173_21001524.jpg

明けましておめでとうございます。

ここ数年、必死に走り抜けた年が続いたのですが、
2016年はドローイングや”実験”を特に大事にしながら、
時間をかけて取り組む年にしたいと思います。
発表させていただく機会はいつもよりゆるやかなペースになりますが、
その分、より制作を深めてゆけるよう精進いたします。
新たなプロジェクトも始動予定です!
(いずれブログでもご報告します。)

本年も何卒よろしくお願いいたします。

皆様のご多幸をお祈りして。


2016年
忠田 愛



[PR]

by ai-pittura | 2016-01-04 11:10 | Trackback | Comments(0)
2015年 12月 05日

枝香庵クリスマス展のお知らせ

b0080173_17500782.jpg
稲富淳輔 ”ナル”

枝香庵のクリスマス

2015年12月9日(水)-12月15日(火)
11:30~19:00(日曜日、最終日は17:00まで)



一條朋子 稲富淳輔 上原由起子 浦島晶子 大亦みゆき 片桐翠 菅野由貴子 古賀勇人 こぺんなな さいとうれいこ
佐藤温 しまたにあや 瀧石公子 田沢千草 谷村優希 たんたん 辻優子 内藤寛子 長尾玲子 永津照見 永沼敦子
中村眞弥子 生江葉子 野田朗子 濱谷陽祐 まちゅまゆ 松木崇 向田れん 椋野茂美 宗像裕作 守美音 横田尚

あっという間に師走!!
毎年恒例、枝香庵のクリスマス展に主人が参加いたします。
お時間がありましたら是非お立ち寄りください。



ギャラリー枝香庵(えこうあん)
〒104-0061 東京都中央区銀座3-3-12 銀座ビルディング8F
Tel 050-3452-8627
◎東京メトロ(丸ノ内線/銀座線/日比谷線)銀座駅 C8出口1分
◎東京メトロ銀座一丁目駅(有楽町線) 8番出口5分
◎JR有楽町駅(山手線/京浜東北線) 5分ビル
左横の細い通路を入りエレベーターでお越しください

[PR]

by ai-pittura | 2015-12-05 17:59 | Trackback | Comments(0)
2015年 07月 01日

学校

大学通信教育部の集中講義週間を終えて、いろいろなことを反芻する。
うけもっている授業は人物制作。
写生週間を終え、7、8月は50号制作へ。
自分が学生だった時のことをつい昨日のことのように思い出す。


教えるとは希望を語ること
学ぶとは誠実(まこと)を胸に刻むこと


フランスの詩人ルイ・アラゴン「ストラスブール大学の歌」の一節より




[PR]

by ai-pittura | 2015-07-01 15:13 | Trackback | Comments(0)
2015年 04月 19日

春の譜面

b0080173_19250748.jpg

b0080173_19251415.jpg

ゼンマイの愛らしいかたち。
平べったいの(一般的に出回っているのはこちら)が雌、巻いている内側が立体的な方は雄とのこと。

[PR]

by ai-pittura | 2015-04-19 19:34 | Trackback | Comments(2)
2015年 03月 05日

船のおうち

b0080173_19443180.jpg

東京ではいくら言葉を尽くしても余りある あたたかい時間を過ごさせていただく。
いろいろな場面を思い起こす度、散りばめられている真心にふたたび出逢い
しずかな感動で満たされる。
船を模したといわれるマンション、海に向かってひらいてゆくようなベランダと大きな窓、
白いカーテン越しの植物たちは春の光をうけてきらきら笑っている。

東京から帰る頃には、このところ制作を詰めすぎてかたまっていた身体と心が
まあたらしく生まれ変わっていることに気づく。
ほんとうに安息の時間をいただいたのだなあ。
ありがとうございます。

まっしろな気持ちで絵に向かいます。

b0080173_20473633.jpg
Rさん、Tさん、Cママ、ありがとうございました。ほんとうに。
それからKちゃん、逢えて嬉しかった。

[PR]

by ai-pittura | 2015-03-05 21:06 | Trackback | Comments(0)
2015年 01月 07日

お正月

b0080173_22033366.jpgb0080173_21594025.jpg

b0080173_22003345.jpgb0080173_22001065.jpg

b0080173_22001647.jpgb0080173_21593466.jpg

2015 お正月に
[PR]

by ai-pittura | 2015-01-07 22:09 | Trackback | Comments(2)
2015年 01月 07日

2015

b0080173_16292063.jpg

明けましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願い致します。

皆様のご多幸をお祈りして。


2015年

忠田愛

[PR]

by ai-pittura | 2015-01-07 16:33 | Trackback | Comments(0)