ふりつもる線

aipittura.exblog.jp
ブログトップ
2008年 11月 26日

不器用展

b0080173_2141852.jpg
陶芸をしている主人(稲富淳輔)が参加しているグループ展が本日より始まりました。
お近くまでお越しの機会がありましたら、お立ち寄りいただけると嬉しいです。
写真は主人の新作(展示作品)です。

不器用展
●会期:2008年11月26日(水)〜12月7日(日)
●会場: GALLERY RAKU
●開館時間:11時00分〜19時00分【最終日は17時00分まで】
●入場: 無料
●出品者:浅野孝之/伊賀上空見子/稲地環/稲富惇輔/川上大介/北本裕二/
鈴木純子/高原泰代/高屋佑子/武田幸子/吉村美智子
清水六兵衞(京都造形芸術大学教授)
[PR]

by ai-pittura | 2008-11-26 21:17 | お知らせ | Trackback | Comments(10)
トラックバックURL : http://aipittura.exblog.jp/tb/9937297
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by S at 2008-11-26 22:29 x
今日、京都に行っていたのに。残念です。
でも、週末も行くことになりそうなので、
拝見してみたいです。
Commented by sigh at 2008-11-26 23:22 x
明日学校に行きます。
帰りに見せてもらいますね。
Commented by ai-pittura at 2008-11-27 21:42
Sさん すみません、SさんってSueさんでしょうか?
どなたか特定できず申し訳ないですが
ありがとうございます!!


Commented by ai-pittura at 2008-11-27 21:42
sighさん 今日、行ってくださったのでしょうか!
雨のなかありがとうございます。
どうでしたかー?
Commented by stcl at 2008-11-28 15:20
タイトルが面白いなぁ。
旦那さんの作品、キャンドルのよう。でも地震が怖いね(笑)
Commented by ai-pittura at 2008-11-28 22:43
stclさん 確かに。地震だとドミノのように・・・
ろうそくのよう、っていう意見ちらほら聞くんやけど
それまで私には人か塔のように見えてたから
ほーなるほど!と。 
Commented by Sue. at 2008-11-28 23:07 x
なぞのSになってました^^;;
そうです。私でした。日曜いってきます。
Commented by ai-pittura at 2008-11-29 22:49
Sueさん やっぱりそうだったんですねー
謎がとけてスッキリ 笑
あした行ってくださるんですか!ありがとうございます。
Commented by hyblaheraia at 2008-12-01 08:37
数日前、こちらに初めて伺ったとき、この作品を見てすっと力が抜けたような気がしました。これは陶器なんですか?温かい感じがしますね。
「不器用展」のサイトの文章が含蓄に富んでいて、いろいろ考えさせられました。「言語は・・・むしろ心を隠すためのものであるべき」というのは、特に今日の瞑想の言葉になりそうです。
Commented by ai-pittura at 2008-12-01 13:58
hyblaheraiaさん ありがとうございます。
はい、陶器なんです。
でもさわるとつるつるでもがさがさでもなく、とってもすべすべで
是非触っていただきたい感じです。
>言語は・・・むしろ心を隠すためのものであるべき
そうですね。言葉でないものをつくろうとする人間にとって
言語とそんな関わりができたらと思ったりします。


<< ダウン      大阪下町 >>