ふりつもる線

aipittura.exblog.jp
ブログトップ
2008年 10月 30日

延長上

b0080173_23293325.jpgお昼前から、日が暮れて夜まで、変わる光を感じながら
ニュートロンのカフェにいることがすごく心地よい。
ここで展示したことのある作家さんや、ゆっくりこの空間に身を浸したことが
ある人は皆この感覚を味わったことだろう。
ギャラリーは一段高く舞台のようになっており、
ガラス張りで隣接したカフェからも見える。
カフェでは座る席によって絵の見え方も違う。
そして決して邪魔にならないBGMと人の話し声、食器の音、
小気味よい包丁のリズム、そんなものを感じながら
ゆっくり絵と絵を見ている人を眺める。とても贅沢だ。
絵がそういう人の営みの中にあることをとても幸せに思う。
そして、もっとゆっくり静かに絵と対峙したい時はギャラリーに入る。
音は遠ざかり、高さも変わり、絵が色濃くなる。
とても素敵なのが夜の表情だ。中央のシャンデリアが急に存在感を増す。
深海を漂うアンコウのようでとても美しい。
カフェの照明は全体的に暗く、ギャラリースペースが発光するように浮かぶ。
これだけ表情の変わるギャラリーはなかなかないでしょう。
・・・となんだかんだ私がつまらない解説をするよりも、百聞は一見にしかず、いやいや
一見というより、お時間ゆるす方はどうぞカフェの方にも座って長居していただけたら最高です。
神戸のギャラリー歩歩琳堂とニュートロン、ぱっと見、全然違うんだけどとても大事な共通点がある。
それは人の普段の生活を意識できるギャラリーであるということ。
いつもしていること、いつも使っていることばの横に絵を置けることに強い可能性を思う。
[PR]

by ai-pittura | 2008-10-30 00:10 | 展覧会 | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://aipittura.exblog.jp/tb/9779974
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by sigh at 2008-10-30 10:12 x
夜、ニュートロン行ったことないんですが
今回は夜(というか日が暮れてから)
行かせてもらおうかなぁと思います。
Commented by ai-pittura at 2008-10-30 23:08
sighさん 最近は日暮れがはやいので5時半頃から夜の空間です。
ぜひぜひ夜に!
私は6時半頃〜呑みにでてしまうことが多いのですが
ぜひお会いできたらなと。
Commented by fukumimi_0306 at 2008-10-30 23:32
愛ちゃん、先日はありがとう!
おはなしできて嬉し恥ずかしでした。なーんかいらんことまで喋ってへんかったかな。
ニュートロン、いい雰囲気です。広々として天井も高いのに親密な空間。
近すぎて入ったことなかったのよね。
次は夜行って、アルコールを飲みながら愛ちゃんの絵と対話しようかな。
(手袋、ごめん!こちらはちゃんと在廊中に伺います。メール入れるわ)
Commented by ai-pittura at 2008-10-31 00:33
ふくみみねえさん 一緒にランチもできていろいろ話せてよかったー!
たのしかったですよ。
ニュートロンいいですよね。夜もぜひぜひ。
曲のイメージなんかつくるにもよさそうな空間ですね。
次はねえさんのフルートが聞きたいな。
Commented by ゆき at 2008-11-03 21:11 x
作品を間近でみることができて、ひさしぶりに愛さんにもお会いできて、とてもとてもうれしかったです。

今度、ニュートロンでひとりでお酒をのみながら、お店のいろんな表情をたのしんでみようかなあとたくらんでいます。むふふ。
Commented by ai-pittura at 2008-11-05 22:38
ゆきさん 来てくださりありがとうございました。
しかもレビューまで書いてくださりうれしいです。
ニュートロンでひとり酒もいいですね。
今度またゆきさんの歌をききながら線をひっぱりたいです。
クリスマスライブ、なくて残念ですがまたの機会を楽しみにしてますよ。


<< 波      展示 >>