ふりつもる線

aipittura.exblog.jp
ブログトップ
2008年 10月 15日

電話

b0080173_12514831.jpgふと声が聞きたくなって久高島に電話した。
ここから約6時間の隔たりを越え、
久高の景色がうねりながら細い電波の線をつたって
眼前に飛び込んできた。

三線のじじい、脳梗塞で倒れよったけどいま病院で
リハビリして元気にしとるよ。
それ以外はなんも変わっとらんよ。
古波のおじいからあんたに電話するように言うとくよ。
ほんであんたいつ来るね?

胸が熱くなる。
ここには逞しく、雄大で、しかし小さなことで腹を立て
すぐ人のことに首をつっこみ、意地を張り、酒と共に泣き笑い
そしてその土地に誇りを持って生きる男達女達がいる。
[PR]

by ai-pittura | 2008-10-15 13:09 | 久高島 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://aipittura.exblog.jp/tb/9692083
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by Sue. at 2008-10-15 19:48 x
いいですね。やっぱり久高島。
スクーリングでの参加は叶いませんでしたが、
余裕ができたら、一人でふらっと行こうと思います。絶対。
Commented by ai-pittura at 2008-10-16 00:19
Sueさん そうですね。なんか親戚がいる気分です 笑
スクーリングで行けなかったことはもしかしてよかったかもしれませんね。
久高はやっぱりひとりで行く中で何かがある場所だと。
Commented by Sue. at 2008-10-16 20:06 x
やっぱり!私もそう感じて、スクーリングやめたんです。
Commented by ai-pittura at 2008-10-17 00:12
Sueさん 大正解!だと思います。
夏の観光シーズンを避けてゆっくり行ってみてください。


<< 京都展終了      個展ー内側の他者ー >>