2008年 09月 17日

舟越桂展とギャラリー巡り

b0080173_2036418.jpg
舟越桂展を見に東京に行って来た。個展まで余裕が無く、断念しようかと思っていたのだが、
銀座のギャラリーイッツで中野弘彦展をしていることも知り急遽夜行バスで出発した。
日帰りで展覧会を見てまた夜行バスで帰京した。今回はめずらしく旦那も同行。
東京到着の朝、サウナでリフレッシュして庭園美術館へ。
舟越桂の作品を好きになってもう10年以上が経つ。
自分が絵を描きはじめてからは、人物と対峙する中で山や炎がこちらに向かって
押し寄せてくるような感覚を稀に味わった。
それは舟越桂の人間風景にも通ずるところがあった。
今年のはじめ、西村画廊の新作展も見に行った。ドローイングはすばらしかった。
でも、その時、彼の最近の彫刻作品には前ほど共感できないと思った。
両性具有的なものや説明的な表情は限定が多く、イメージが固定されすぎると感じたし
作品が見るものを拒んでいるかのような違和感も若干持った。
今回の展覧会ではこれまでの各時期の主要作品も出ていると聞いていたので、
その変遷を見て、もう一度近作を見たいという思いがあった。
モザイクのエントランスを入って、迎えてくれたいくつかのスフィンクスシリーズを見た時に
半年前に感じた違和感はものの見事にふっ飛んだ。
期待していた空間は予想以上だったし、その中で桂の人間が実に堂々と立っていた。
鏡にうつる像との対比もよかったし、カーテンや調度品があるのが魅力的だった。
過去の作品が佇んでいるという雰囲気だったのに対し、今のスフィンクスシリーズは
地を踏みしめているように感じた。
舟越桂の人間に対する苦闘がびしびしと伝わってきた。
今の舟越桂の彫刻の中には相反するものが同居している。
男と女、戦争と平和、美と醜・・・一見、人間のかたちから離れたその異形の像が、
人間を遠くから見つめる何者かのようであり同時に人間の本質だと思った。
2005年から08年にかけてのスフィンクスシリーズにも様々な試行錯誤を感じた。
こめかみの切れ込み、眼玉の位置、何よりいいと思ったのは後頭部だ。
数枚スケッチしたのだが2006年「遠い手のスフィンクス」(写真右)と比べると
2008年「見晴らし台のスフィンクス」(写真左)の後頭部は全然違う。
木の実のような、何かの兵器のような、とても有機的な魅力のあるかたちだ。
結局2時間以上、もうくたくたになるほど舟越桂を見た。
その後、space TRYへ義父が伊豆時代に共に作陶していた武田武人さんの展覧会をに見に行き、
清澄白河の東信さんのギャラリーAMPGアートスペース羅針盤INAX蜘蛛の網展、
そしてギャラリーイッツ中野弘彦展で時間切れ。
ギャラリーAMPGは教えてもらって初めて行ったんだけど、
2年間限定で毎月変わる展示や空間、丁寧なギャラリーの方もすごくよかった。
東さんのコンセプトは甘さが無く、資料としての記録も美しい。また展示を見てみたい。
最後、久しぶりに見た中野先生の絵は、やっぱり静かで小雨のような詩情があって
全然強くない絵なのに、決して忘れられないやさしさと厳しさがすっと入ってくる。
中野先生の絵を何点も見られる機会はほとんど無いから、とても嬉しかった。
ギャラリーの方もいい方で、また訪れたいところだった。
今回は東京そんなに回れなかったけど、これというものを心ゆくまで見られて充実の一日でした。
[PR]

by ai-pittura | 2008-09-17 22:30 | 展覧会 | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://aipittura.exblog.jp/tb/9517830
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by sigh at 2008-09-17 23:26 x
舟越桂、数年前に四国に見に行ったのですが
わたしも、その頃の彼の試行錯誤を
aiさんと同じように説明的すぎるとか
イメージの具現化がイメージを不自由にしているのでは、とか
感じました。
でも、aiさんの日記を読んで、
その次の、今の彼の作品たちを見るのが楽しみになりました。
庭園美術館での展示は見られなくて残念だったけど、
ずっと見ていたい人です。
Commented by s-home3103 at 2008-09-18 02:23
aiさん
おひさしぶりです。
夜行バスで連続で往復お疲れ様です。
私も先日行った民族学博物館で彼の作品をひさしぶりに見て
(たった一体だけですが)
胸騒ぎと懐かしさを感じていたところでした。
まだ多くの作品を一同には見たことありませんが
いつかはと思っています。
デッサン素敵です。




Commented by ai-pittura at 2008-09-19 14:31
sighさん sighさんもそう感じられましたか。
つきつめるものは鋭くなるほど多くの人には受入れられないものに
なるのだと思います。
しかし舟越桂の試行は本物だと思いました!
また次の展示もたのしみですね!
Commented by ai-pittura at 2008-09-19 14:32
s-homeさん おひさしぶりです!
民族学博物館、いいですよね。私大好きなんです。
そこにも桂の作品あったんですね。
私もたくさん一気に見たのは今回はじめてでしたが
ほんとエネルギッシュで凄かったですよー!!
Commented by ギャラリーイッツ 林 at 2008-09-25 19:28 x
夜行バスでの往復、さぞお疲れのことだったと思います。
ハ-ドスケジュールのなか中野先生の展覧会を観に来ていただけましたこと嬉かったです。
見せていただいた作品の写真、心惹かれました。
個展を拝見させていただくの楽しみです。
お身体たいせつにされて頑張ってくださいね。お礼まで。
Commented by ai-pittura at 2008-09-25 22:03
ギャラリーイッツ 林さま コメントありがとうございます!
とんでもないです。お知らせをいただいたおかげで中野先生の
静かな時間に触れられたこと、うれしかったです。
私の作品は拙いものばかりで・・・
東京での展示はグループ展になるのですが
またご案内させていただきます。
こちらこそ本当にありがとうございました。


<< ゴールデン街      生 >>