「ほっ」と。キャンペーン
2008年 09月 13日

酒がのみたい夜は

高田渡の『酒が飲みたい夜は』という歌が好きだ。
歌詞は石原吉郎の詩からとられている。原詩はこれ。いい詩だ。


酒がのみたい夜は/石原吉郎

酒がのみたい夜は
酒だけでない
未来へも罪障へも
口をつけたいのだ
日のあけくれへ
うずくまる腰や
夕ぐれとともにしずむ肩
酒がのみたいやつを
しっかりと砲座に据え
行動をその片側へ
たきぎのように一挙に積みあげる
夜がこないと
いうことの意味だ
酒がのみたい夜はそれだけでも
時刻は巨きな
枡のようだ
血の出るほど打たれた頬が
そこでも ここでも
まだほてっているのに
林立するうなじばかりが
まっさおな夜明けを
まちのぞむのだ
酒がのみたい夜は
青銅の指がたまねぎを剥き
着物のように着る夜も
ぬぐ夜も
工兵のようにふしあわせに
真夜中の大地を堀りかえして
夜明けは だれの
ぶどうのひとふさだ

        詩集<サンチョ・パンサの帰郷>から
        『現代詩文庫26 石原吉郎詩集』〔思潮社)所収
               
               
[PR]

by ai-pittura | 2008-09-13 22:12 | 風景 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://aipittura.exblog.jp/tb/9491609
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by チャチャ亭 at 2008-09-14 11:45 x
東京に出て来たときラジオから流れていたのが高田渡でした
もしかしたら隣で飲んでるかもしれないという期待で伽藍洞にも行ったりしました
ハッピーエンドに憧れながら訥々と語る高田渡が気になり
「ごあいさつ」を買いました
数年前テレビの中で奥さんに沖縄土産のウコンを選んでいたのが僕が見た最後のすがたでした
ブルースという単純な詩が好きです
Commented by stcl at 2008-09-14 19:00
おお、いい詩だ。石原吉郎氏、寡聞にして知らなかったけど、これだけ見ると李賀の漢詩にそっくり。やっぱりこういうのは酒のみじゃなきゃね。
Commented by ai-pittura at 2008-09-15 01:51
チャチャ亭さん そうだったんですか!!
ごあいさつ、いいアルバムですよね。「石」も「系図」も大好きです。
ほんと、一度でいいからライブ行ってみたかったです。
Commented by ai-pittura at 2008-09-15 01:53
stclさん 私も渡さんから知ったんやけど、いいよね。
他の詩も読んでみたい。
漢詩にそっくりなんやー。
石原さんは香月泰男みたいにシベリヤ抑留体験があって
この詩はそれにも関係あるよう。


<< 生      五感 >>