2008年 08月 28日

気になっている展覧会

ものすごく見たい展覧会が多い。
舟越桂展 〜9/23(火) 東京都庭園美術館
舟越桂のつくる人間の中には蕩々たる風景がある。同時に彼の彫刻は何かの一部にもなっている。
それが舟越桂に惹かれる理由だ。
ドローイングもたくさん出ているという。
何より夏の邸宅という独特な空間での展示に興味がある。

岡村桂三郎展 9/13(土)〜11/24(月) 神奈川県立近代美術館
日本画の作家の中では最も好きなひとりだ。すごい展覧会だろう。
まさに土の中から掘りおこすスタンスで制作している人。
彼が同時に農業をしているところもなるほどと思う。

小林健二展 10/4(土)〜11/1(土) ギャラリー椿(東京)
小林健二の作品は未だ実際に見ていない。
「夜と息」「プロキシマ」という展覧会に興味をもってから、彼の本を何冊か手に入れた。
まるで自分がずっとひとりで宇宙の遠い星に住んでいて、
はじめて誰かに出会ったかのような澄んだ音が聞こえる。
小林健二さん、会って話がしてみたい作家。

アヴァンギャルド・チャイナ―〈中国当代美術〉二十年―
 〜10/20(月) 国立新美術館(東京)、12/9(火)〜3/22(日) 国立国際美術館(大阪)
先日ボローニャ在住の女性アーティストと話をしたが、今ヨーロッパでは中国の現代美術が
ものすごい注目を集めていて、引っぱりだこだという。
中国の現代美術に関する大きな展覧会はこれが日本でははじめて。
今、報道では中国のことについて大きく取り沙汰されていて、
それもひとつの現実ではあるかもしれないが私はこっちの方に興味がある。
美術が社会をどううつしているか。生々しいものを見てみたい。
[PR]

by ai-pittura | 2008-08-28 13:02 | 展覧会 | Trackback | Comments(15)
トラックバックURL : http://aipittura.exblog.jp/tb/9384173
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by stcl at 2008-08-28 13:12
同感。小林健二は行ってみようかなぁ、「夜と息」好きだしな。体調次第だな。
あと、川崎市民ミュージアムで、いまブルーノ・ムナーリやってるんだよね~。これも体調次第だけど、見に行きたい。
舟越桂、場所が庭園美術館だよね、ということは有閑マダムたちがわんさかと…、と考えると萎える…。
あと横浜トリエンナーレで内藤礼の新作があるそう。また一人ずつしか入れないとかなら静かに見られていいな。
Commented by ai-pittura at 2008-08-28 16:51
stclさん こういう時、関東圏の方が羨ましい!!
ムナーリ、私も絶対いくつもりだったのに滋賀の展覧会見逃して最悪。
トリエンナーレの礼さんもみたい!
庭園美術館って有閑マダムが行くところなん!?笑
わんさかの中で見るのはうんざり 笑
でも、動機が何であれそういう人たちが実際に桂の作品を目にするのは
すごく大事だと思う。

Commented by kogane at 2008-08-28 18:39 x
東京いらっしゃいませー。

庭園美術館は確かにマダム生息の白金にありますが(笑)、
それを差し引いても素敵な美術館です。その名の通り庭園もあり。
僕の母校の近くで、通学路でした。

庭園美術館お越しの際は、伝説の酒アブサンをきわめて低価格で
飲める立ち飲みバーを紹介しますよ(あやしい、笑)。
Commented by ai-pittura at 2008-08-29 00:34
koganeさん なるほどー、白金とはそういうところなんやね。
部屋が細かく分かれていて建物もおもしろいと聞いて
気になってるんやけど、いつ行くか金銭的にも時間的にもタイミングを考え中。
アブサン!! 笑 飲んだことないなー。
興味津々。
Commented by fukumimi_0603 at 2008-08-29 02:20
こんばんはー
実は昨日、庭園美術館に行ってきたのでっす(^^)v
平日だからかそんなにヒトは多くなかった。
何度も前後左右からも近くからも遠くからも、ゆっくり作品を見ることができました。
あの場所に船越氏の作品を置く、とうのが美術館の狙いであったようです。
また記事にするね。
(小部屋にポツンと置かれている作品を見ようと入っていくと学芸員の方がさっと立ち上がってじーっと立っておられるのが気になりました・・・
まあお客を作品と二人きりにはできないのだろうし、仕方ないんだろうけどね。話しかけたりしたら緊張がほぐれるのかな←ワタシが緊張するねん・・・)

Commented by stcl at 2008-08-29 11:37
↑ なぬ?!ねえさん東京来てたんかい?!
庭園美術館は大学の頃二、三回行ったきりだなぁ。アールデコの意匠の、古くて華やかで薄暗くて落ち着く建物だよね。舟越氏の白い木肌の彫刻は映えるだろうね。
しかし今のわたしに一人で東京行くのはまだキツいな…。

割り込みコメントしつれい!
Commented by ai-pittura at 2008-08-29 14:01
ねえさん そうなの!?タイムリーですね。
そっか、ゆっくり見られたんですね!!記事楽しみにしてます。
うわぁーどうしよう。新幹線でいくお金ないし、夜行で行くと制作時間
割かれるからきついけど 笑 やっぱ見たいなぁ。
Commented by ai-pittura at 2008-08-29 14:07
stclさん へぇーーますます行ってみたい。
モッタちゃんに連れていってもらうのは難しいかな??
もうちょっと東京近かったらね。
Commented by チャチャ亭 at 2008-08-30 11:56 x
舟越桂はこの前横須賀美術館で見ました(スフィンクスシリーズですよね)庭園美術館の中で観るとまた違った味わいなのでしょうね舟越桂が子どもたちと遊ぶために作ったおもちゃのシリーズ(「おもちゃのいいわけ」)が好きだな
今、横須賀でやっているライオネル・ファイニンガーという人のおもちゃも味わい深くて良いですよ
最近は横須賀と葉山の美術館しかいってないな〜そういえば…
Commented by ai-pittura at 2008-08-30 15:12
チャチャ亭さん 庭園美術館のは初期からスフィンクスまで網羅した
回顧展的なものと聞きましたよ。
お時間ありましたらぜひ!
おもちゃシリーズいいですね。香月泰男のもそうだけどとても好きです。
ライオネル・ファイニンガー、さっそく調べてみます。
Commented by fukumimi_0306 at 2008-08-30 23:35
チャチャ亭さん、今回ピノッキオのデッサンたくさんありました!
「立ったまま寝ないの!ピノッキオ!!」の像もあって、とてもかわいかったです。ばねの首ががっくんとなってるのとか。(愛ちゃん横レス失礼)
Commented at 2008-08-30 23:36
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by ai-pittura at 2008-08-31 09:57
ねえさん そうなんですか。
デッサンやドローイングがすごい見たいんですよね。
レビュー楽しみに待ってます。
Commented by ai-pittura at 2008-08-31 09:58
鍵コメさん 了解です!!こちらもリンクいただきますね。
よろしく〜
Commented by チャチャ亭 at 2008-08-31 17:43 x
愛さん、香月泰男のおもちゃは特別です
潰れた缶のがいいな
そしてfukumimiさん
「立ったまま寝ないの!ピノッキオ!!」は観ない訳にはいきませんね
早く行って寝かせてこないことには……


<< 儚さ      松林図 >>