ふりつもる線

aipittura.exblog.jp
ブログトップ
2008年 03月 24日

雑感

画廊一面に自分の絵が並んでいる空間もあと3日。
あれから日が経つと同時に、楽しさと、しかし楽しさでは終わることのできない様々な
感情に打ちのめされ、一度は自分を制御できぬほどの激しいショックを受けた。
そして、これからそのショックを焼印に変え、共にあり続ける姿勢でいようと思った。

会場近くには鴨居玲が通っていた、明石焼きのおいしい店もあって
そこには何気なく彼の水彩が何点かひっそり掛けてあったり。
神戸という町の懐の深さを思います。

あと3日、この空間の中で自分の脆弱を問い詰めたい。
どうか、どうか見に来てください。


-------------------------------------------------------------------------------------------------


京都にあまり帰っておらず、メールやコメントの返信がたまっており、すみません。
必ずお返事しますのでもう少しお待ちください。

毎日新聞朝日新聞神戸新聞に掲載していただきました。
中でも神戸新聞に書いていただいた記事、とても嬉しかったです。
よろしければご覧くださいね。
[PR]

by ai-pittura | 2008-03-24 19:42 | 展覧会 | Trackback | Comments(11)
トラックバックURL : http://aipittura.exblog.jp/tb/8234222
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ck-photo at 2008-03-25 11:26
愛さん、こんにちは。

個展もあと3日なんですね。とても貴重な時間を過ごされているようで、足を運べなくて本当に残念。なので、金沢にいる実家の母に慌てて今「時間があったら行って来て」とメールしたところです。

鴨居玲、やっぱり、でした。以前からどこか似ているような、でも愛さんのほうが光りがある、そんな気がしていました。うちにも彼の作品が二枚あります。

Commented by sigh at 2008-03-25 11:37 x
27日に伺うつもりです〜。
Commented by イカナゴ at 2008-03-25 12:58 x
鴨居さんどこですか? 是非行きます。

本場の明石焼きも食べに来て下さい。
案内します。
Commented at 2008-03-25 17:53 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by 鐵五郎 at 2008-03-25 23:33 x
愛さんこんばんは。頑張って下さい。22日午後に拝観いたしました。不躾にお名前のルーツを尋ねた中年のおっさんです。島がお好きなようですので歴史ある塩飽佐柳島にも題材を求めて遊びに来て下さい。
Commented by ck-photo at 2008-03-26 09:42
愛さん、
母が木曜に伺うそうです。
詳しくはメールにて(送りました)。
Commented by ai-pittura at 2008-03-26 17:19
ck-photoさん ありがとうございます!!
そうだったんですね、、鴨居玲さん、尊敬する画家のひとりです。
神戸を歩くと鴨居さんの影を感じてドキドキしています。
あとですぐメール見ますね!!!
おかあさま、金沢からわざわざ来ていただけるなんて!!!
大丈夫なのですか?でもとても嬉しいです。
Commented by ai-pittura at 2008-03-26 17:21
イカナゴさん 大丸のすぐ近くですよ!!
メールします。ふわふわでおいしかったー。
今度、是非本場のタコ、紹介してくださいね。
Commented by ai-pittura at 2008-03-26 17:26
鍵コメさん ありがとうございました。
見ていただけたこと、本当にうれしかったです。
そして、感想、ずしんときました。そうなんですよね。
誰でもない自分の顔を作っていくんだけれど、また・・・というところ、
私も心からそう思います。
コメントを本当にありがとうございました。
Commented by ai-pittura at 2008-03-26 17:26
鐵五郎さん 個展にご来場くださり、本当にありがとうございました。
島、大好きなんですよ!佐柳島、おもしろそうですね。
個展が終わったらゆっくりブログ拝見します!
Commented by ai-pittura at 2008-03-26 21:32
sighさん お待ちしています!再会うれしいなぁ。


<< 個展を終えて      個展の合間に >>