2008年 03月 15日

搬入終了

ふつうは3時間もあればおわる搬入(展示)がなぜか2日間に渡り、計20時間弱かかった!!
そんなに変わったことはしてない。
厳密に垂直水平をはかったわけでもない。
搬入中に画廊のなじみのお客様が見に来てくれたのだ。
はじめてお会いする方ばかりだった。
その中には2、3時間も、いや6時間も画廊に居続けてくださった人もいて。
人に愛される画廊、絶えぬ人たち。
この2日の間に、感じた強烈な想いとショックと渦巻いている言いようのない感情。
美術はそれを見てくれる人に何ができるのだろう。
ある時には何もできない、でもある時には横に寄り添う木のように。
絵は人にとって鏡なのかもしれない。
ほとんど眠れない。今日はとてもことばにできない。
[PR]

by ai-pittura | 2008-03-15 01:50 | 展覧会 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://aipittura.exblog.jp/tb/8170690
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented at 2008-03-15 05:21
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by kogane at 2008-03-15 07:55 x
20時間の搬入の末…ついに今日からですね!
おめでとうございます。


明日、また連絡しますねー!
Commented by ai-pittura at 2008-03-15 08:09
鍵コメさん ご丁寧に、とてもうれしかったです。
ありがとうございます。
絵は一足飛びに進む事のできないものですが
体験からうまれでる変化にいつも対応出来る状態でいたいと思います。
頑張ります!!
Commented by ai-pittura at 2008-03-15 08:11
koganeさん なんだかまだはじまってないのに、
もう何日かたったような心境です。
ここで個展をさせていただけたこと、とても光栄に思ってます。
お待ちしてますね。お気をつけて!! 


<< 初日      明日は搬入 >>