2007年 09月 13日

外は雨

今日いよいよ画心展に出す絵の最後の一点にとりかかった。まずは支持体の補強から。
大きさは200弱×141cm。モチーフは象。
まだクロッキーの消化をしきれていない感は拭えないが
もう本画を描きながら噛み砕いていくしかない。
実はパネルを作っている時間の余裕もなければ、できあがったパネルを買うお金もない。
だから、何かに使えると思ってとっておいた特大段ボールに描くことにした。
別に四角いパネルに紙やキャンバスをはったものに描くから絵って訳じゃない。
絵は何の上にだって描ける。
下準備の合間を縫って石田大成社に行った。
同じ職場の今井康雄展、そして銅版画の白岩才可展、
どちらとも、新しい制作を前に見ておいてよかったなぁと思った。
今井先生の木炭ドローイングはファイリングしてあったものが特に良くて
草花の向こうに続いていく世界が見え隠れしていた。
彼岸、三途の川から地平線、上昇、雲の中から天国へと続くストーリーのような
作品がポートフォリオの中にあったが是非それを生で見てみたかった。
白岩さんの版画は詩のよう、ぽつぽつ降る音のよう、春の雨のよう。
私は持っていない、私の好きなものを持っている人なのかも。

b0080173_21171263.jpgその後、額屋さんへ。
額が出来あがっており、絵を壁に飾ってくれていました。
すごくうれしい。財布はぺちゃんこになったけどしあわせだ。
この額、絵にあわせて荒艶を出してくださっていたりと
本当に大事に仕事していただきました。ありがたや。
この子は公募展に送り出してきました。

今日はいろんな人と話せ、元気。
制作にふさわしい秋の夜長、これからアトリエに一本目の線を入れにいきます。


b0080173_20545553.gif
[PR]

by ai-pittura | 2007-09-13 20:47 | 展覧会 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://aipittura.exblog.jp/tb/7438683
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by Alessandro at 2007-09-14 00:28 x
Che sorpresa oggi, sul terrazzino!
Sempre in bocca al lupo per la tua arte!
Commented by ai-pittura at 2007-09-14 00:41
Alessandro Che coincidenza!!!
Grazie,anche a te in bocca al lupo!!
Ci vediamo a presto.


<< 画面づくり      ちょっとそこまで >>