ふりつもる線

aipittura.exblog.jp
ブログトップ
2007年 06月 24日

東京1日目*ぶらり恵比寿と藤森建築と路上観察展

ノマディック美術館を後にし、炎天下の恵比寿へ。
駅の出口を間違えて違う方向に出たのに長い間気付かず、
縮尺が無く、通り名や目印などもあまり書いていない恵比寿の手描き地図を
どこまで信じていいのかもわからず迷いに迷う。
くたくたになって、お目当てのlimArtに到着。
思ったより小さいお店だったけど、中につまっているものは充実。
空間やインテリア、本のセレクトがとてもいい店で疲れを癒されました。
一番奥においてあった鉄のテーブルは本当に本当にきれいだったな。
そして、お向かいのtamiserへ。
小さい空間の中にところせましと並ぶアンティーク!
中でもフランスの古いガラス瓶、オランダのピューター皿にものすごく好みのものがあり
ため息が出るほど美しかった。
ただ、もちろんとても買える値段ではない。
あぁ、蚤の市に行きたいなぁとゆいと話しながら、遅い昼食をとり、ギャラリー介へ。
目印が少なく、住所の番地だけを頼りに、
民家の間をぐるぐるぐるぐる迷ってやっと辿り着きました。
介さんの空間は展覧会のイメージを作りやすい素敵なギャラリー。
もっとゆっくりしていたかったが、1日目のもうひとつのメイン藤森照信さんの展覧会を
最後に残していたため、急いで渋谷まで歩く。
山手線で新宿まで行き、京王新線に乗り換え一駅、
初台駅降りてすぐがオペラシティアートギャラリーだ。
建築の展覧会と言うと、設計図のボードや模型を思い浮かべるが、
この展覧会は藤森さんの使っている素材や建築の一部を直に体験できるリアルな場になっていた。
立体作家としての建築家の断面をできるかぎり見せてくれていて、
素材、道具からその工程までとてもおもしろかった。
藤森さんのたてものには素材に触れた時のよろこびとか、
昔基地を作った時のような昂揚感や遊び心がこもっている。
ものづくりの楽しさや、関わった人たちの笑顔やぬくもりや熱気が
そのまましみこんでいるようなたてものだから、私は藤森建築が好きだ。
展覧会を見て藤森さんにとても会いたくなったし、彼のプロジェクトに参加してみたくなった。


b0080173_20545553.gif
[PR]

by ai-pittura | 2007-06-24 11:45 | 展覧会 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://aipittura.exblog.jp/tb/7014303
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by stcl at 2007-06-25 07:14
すんごく忙しく回ったね!興奮が伝わってきます。
オペラシティまではいけないけど、藤森氏の展覧会は、とてもおもしろそう。
あと、関係ないけど、京都って「トマソン」が多そうだよね。
Commented by ai-pittura at 2007-06-25 19:34
stclさん 目いっぱいまわりましたよー。
トマソン、私の見るところでは和歌山、奈良、大阪南部あたりに
おもしろいものいっぱいあります。
京都もちょっとはずれたところなら。真ん中はどうも整備されすぎて。
Commented by MiscellaneousOGRs at 2007-06-29 00:36
ai-pitturaさん

こんばんは。
東京は如何でしたか?
蒸し暑かったでしょう...。
tamiser。僕もちょくちょく覗かせてもらっています。
恵比寿は最近、軒並みアンティークショップが増えましたね。
limArtの上にも...。
僕もあまり買えないけれど(笑)
それでもお迎えしたものは、ずんずん愛着が増すばかり。
手に入れなくても古いものの持つ美しさをその目で捉え
胸いっぱい吸い込んだだけでも豊かな気持ちになる...。
そんな唯一無二の空間ですね。
沢山吸収されて帰京されたのではないかと思っています。

G d D
Commented by ai-pittura at 2007-06-29 21:11
GdDさん 蒸し暑さは京都で鍛えられておりますので
まだまだ余裕がありましたよ。
limArtの上にもお店、あったんですかー!?
ぜんぜん気付きませんでした。とてもショック。
次は必ず行きますね。
はい、ほんともう胸いっぱい吸い込んだと思います。
目の保養、そしてそれを作品に生かさなければ。。。


<< 東京2日目*銀座→六本木→青山...      東京1日目*グレゴリー・コルベール >>