2007年 06月 10日

雨の制作とギャラリー

b0080173_20532620.jpg最近アトリエはどんどん足の踏み場が
なくなってきております。
昨日に続き「海の片鱗」制作中。
今日は「海の標本」「海の化石」をテーマに制作。
今日は感情の糸が切れたかのような空模様だった。
突然、青い空からの驟雨。
雨の音はとても心地よい。
バケツをひっくり返したような大粒の雨は
家々をたたき、道路をたたき、川をたたき、、、
そのいろんな音を聞いていると
打楽器の中に入った小さなねずみになった気がした。

雨上がりの涼しい風に誘われ、ギャラリーはねうさぎの仲摩洋一展へ。
DMにもなっていた青いシリーズがうつくしかった。
そしてドローイングの方はまた是非実物を見てみたいと思った。
おとなりのスペース2で展覧会をされていた岩田朋子さんとも、いろいろお話楽しかった。
やはり、美術界、特に京都、狭し。
こうしていろんな分野の作家さんと新たに出会っていけることはうれしいことだ。
そのあとギャラリーsuzukiの吉野央子展へ。楽しみにしていた展覧会だ。
特に壁面の作品、空色の波のようなものの上を飛行機が飛んでいる作品はとてもよかった。
私にはその翼は確かに大海原を飛んでいるように見えた。
眼下の風景は動いていた。
そして、それは旅客機だったが、乗っているのはパイロットただ一人であるように感じた。
ロアルド・ダールやサン・テグジュペリの単独飛行を
かつて何度も思い描いてきた時に似た気持ちがふつふつと湧いてきた。
空を飛ぶことへの憧れと、空から見る地球への圧倒的な感動と、
そこに人の気配がないという果てしない孤独感と。
飛行機好きにはたまらない展覧会だった。


b0080173_20545553.gif
[PR]

by ai-pittura | 2007-06-10 20:53 | 展覧会 | Trackback | Comments(3)
トラックバックURL : http://aipittura.exblog.jp/tb/6963090
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by red-globe at 2007-06-11 12:06
昨日はお越し頂きありがとうございます。
自転車で坂の向こうからずっと笑顔だったのが印象的でした。

そして、ここに
ちょっと偉い人や、立派な肩書きの人や、
写真だけで語ってしまう人なんかより
ずっと、率直で素晴らしい作品の感想を書いて頂いて
感激です。
また狭い京都でお会いしましょう。
Commented by ai-pittura at 2007-06-12 21:30
red-globeさん
そんな風に言っていただけるなんて、とてもうれしいです。
こちらこそ、ありがとうございます。
ちょうど会場におられる時に行けてよかったです。
又次にお会いできる日を楽しみにしてます!!
Commented by 日本ブログ新聞 at 2007-06-13 02:54 x
はじめまして、突然のコメント失礼いたします。

「日本ブログ新聞」と申します。

よろしければ、当紙面に記事を掲載されませんか? ランキング形式ではございますが、少しでも、貴方様のブログへのアクセス増にお役に立てればと思います。

よろしければ、ご参加下さい。

サンプル http://www.japanblog.jp/ranking.php?mode=new

なお、このご案内が重複しておりました場合は、ご容赦下さい。

失礼いたします。m( _ _ )m

http://japanblog.jp/

japan.blognews@gmail.com


<< cammino      海の片鱗 >>