2006年 06月 29日

大阪へ

情報デザインの友達と大阪へ。
ハンズに行って木の皮を買って(すごく美しい!!ここにデッサンしたりして小さな作品を作りたい。)、古本屋で長時間、本を立ち読み。
しかもその古本屋でノドから手が出るほど欲しかった、鴨居玲の「踊り候え」という本を
手に入れることができたのだ。
その後、買物をして、
昨日晩ご飯をご一緒させてもらったM先生の展覧会を見に、ギャラリー山口へ。
展覧会後、おいしい中華料理屋さんに連れて行ってもらい、
満足して帰宅。

インスタレーションと絵、
作品へのアプローチの方法は本当にかなり違っていて、
情報デザインの人たちの話は興味深かった。
今までわからなかったこともわかってきた。
最近、絵以外の仕事をしている人と一緒にいる時間がほとんどだが、
その中で自分はどういう表現方法をとっていくのかということをいつも考えさせられる。
もっともっといろんな可能性があると思うのだ。

今、自分以外の世界とつながることが本当に必要な時期だ。
そして、手をのばせば、自然とそういう環境があることはすごい。
[PR]

by ai-pittura | 2006-06-29 23:08 | 展覧会 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://aipittura.exblog.jp/tb/5147678
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 新しい絵      たくさんの話 >>