ふりつもる線

aipittura.exblog.jp
ブログトップ
2017年 12月 28日

こどもの眸

六熊が時々、天井の方をしきりに指差す。
その意味がはじめてわかった。
猫が屋根裏部屋にいることを伝えようとしていたのだ。

屋根裏にはミンかメメが上がって眠っていることがある。
ことりと音もせず
気配も消し
今、いるのかいないのか私たちにはわからないのに。

どうして六熊にはわかるのだろう。

まるで天に眼がついているかのように
野生のままに。


[PR]

by ai-pittura | 2017-12-28 23:14 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://aipittura.exblog.jp/tb/27908140
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


     Merry Christmas >>