2017年 02月 20日

画集出版記念展のお知らせ


b0080173_12312081.jpg

海つむぐ宮 12号 2016 【前期】

画集出版記念展 忠田 愛 個展

【前期】2017年3月18日(土)〜4月6日(木)
・大作を含む新作、近作の絵画、ドローイングを中心に展示予定

【後期】2017年4月8日(土)〜4月20日(木)
・20代の頃の絵画、銅版画('09,'10)を中心に新旧織り交ぜて展示予定

水、金曜休廊 / 12:00 〜 19:00    

ギャラリー歩歩琳堂
650-0022 神戸市中央区元町通1-10-11 元町エビスビル3F
078-321-1154









b0080173_12593832.jpg

Nirvana 6号 2016 【前期】

忠田は己が魂で、描く対象と厳しく対峙する魂の画家だと思う。
真摯に ひたむきに政策を続けてきた 稀有なこの画家のアプローチが胸に迫ってきて眩しいかぎりだ。
対象を対岸の存在として見つめるのではなく、対象と作家自身が混然一体となりながらも、同時にそこから離れ、
俯瞰する視点をもつ、言わばギリギリのところに身を置く修行僧のような画家でもある。

見つめる野の花の向こうに、描くひとのすがたの奥に、目には見えぬがそこにあるたしかなものを凝視し、
削り出そうとしてきた。そのことで生まれる作品は、生老病死の苦しみ、かなしみを時に見つめながらも、
生きとし生けるものがひたむきに生きる姿、優しさ、いとおしさ、気高さ、愛をじっくりと静かに奏でる
格調高い作品として結実している。

人生の深淵を見つめる忠田の絵画の扉を開け、見飽きることのない作品から立ち上がってくる何かを、
静かに見つめ、じっくり味わいたいと、自分の魂のために切に思う。
作品の奥底から発する、言葉にならぬ独特の美しい光に身をゆだねながら…。

ギャラリー歩歩琳堂 大橋信雄

[PR]

by ai-pittura | 2017-02-20 13:02 | お知らせ | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://aipittura.exblog.jp/tb/26666453
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ken_kisaragi at 2017-03-02 20:19
ご無沙汰です
画集予約しまぁーす!
サイン入り一冊 ken分で宜しくね
歩歩琳堂さんへ行くのも楽しみです

ではでは
Commented by ai-pittura at 2017-03-05 11:51
kenさん ご無沙汰しております。
了解いたしました。とても嬉しいです。
ありがとうございます‼︎


     画集出版のお知らせ >>