2016年 05月 24日

世界一おいしいフライドポテト

b0080173_19374182.jpg

東京、
もうすっかり我が家のようにあたたかく、なつかしく、いとしい船のおうち。
りかさんがフライドポテトを揚げてくださる。
オリーブオイルの跳ねるリズミカルな音とともに部屋に満ちていくハーブの香りに
思わず台所をのぞきにゆく。
いづみさんはこどものような顔で動画を撮っていた。わかる、その気持ち!

b0080173_19375576.jpg

ハーブはローズマリーとタイムとセージ。
じゃがいもはお爺さんみたいに皺くちゃであるほどいいんだそう。
りかさんが空からぱらりぱらりと大粒の塩を降って、
あつあつのポテトにはふはふ言いながら顔を見合わせる。

それはまるで 乾いた大地と緑で編んだトスカーナの丘がゆっくりと身体を通り過ぎていくようで。


[PR]

by ai-pittura | 2016-05-24 19:51 | 風景 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://aipittura.exblog.jp/tb/25834973
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by hibinosara at 2016-05-29 19:49
こんばんは。
いづみちゃん、かわいらしかったですね!
これがうちの台所のなのだなあ。
ほんの一週間前なのに、なんだか懐かしいです。

ありがとう。
Commented by ai-pittura at 2016-05-30 21:15
ふふふ、ほんとうに いづみさんかわいらしかった。
今頃あの動画を再生して見ているのかなあ!
なんだか写真を見ているだけで喉がかわいてきます。
フライドポテトをつまみながら夜風にあたって、爽やかなビールを飲みたくなるなー!
こちらこそ感謝感謝です。


<< ポートレート      小山剛展 >>