2015年 05月 29日

Helene Schjerfbeck

ヘレン・シャルフベック ――魂のまなざし

会期: 2015年6月2日(火)- 7月26日(日)
午前10時 - 午後5時(入館は午後4時30分まで)
休館日: 月曜日(7月20日は開館)、7月21日(火)

会場: 東京藝術大学大学美術館 本館 展示室3、4
観覧料: 一般1,500(1,200)円 高校・大学生1,000(700)円(中学生以下は無料)
* ( )は20名以上の団体料金* 団体観覧者20名につき1名の引率者は無料
* 障害者手帳をお持ちの方(介護者1名を含む)は無料

前売券の詳細はこちら→http://helene-fin.exhn.jp/ticket/
主催: 東京藝術大学NHKNHKプロモーション日本経済新聞社
後援: フィンランド大使館フィンランドセンター
特別協力: フィンランド国立アテネウム美術館協賛: 損保ジャパン日本興亜大日本印刷
協力: フィンエアーフィンエアーカーゴ

問い合わせ: ハローダイヤル 03-5777-8600



とても楽しみにしている展覧会。
フィンランドの画家、自画像を描き続けたヘレン・シャルフベック、日本ではじめての大きな展覧会です。

b0080173_23073618.jpg

[PR]

by ai-pittura | 2015-05-29 23:12 | 展覧会 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://aipittura.exblog.jp/tb/24531625
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by kawabe at 2015-06-18 14:32 x
シャルフベック展、行って来ました。
久々の感動です。
以前ハンマースホイの監修をされた、佐藤直樹さんの監修です。
おそるべし北欧!
あんなに素晴らしい展覧会なのに、まだ空いています。
フェルメール級ですよ。
こんなにたくさんの作品が集まるのは、たぶん最初で最後だそうです。
本当におすすめです。
ぜひ行ってください。
Commented by ai-pittura at 2015-06-19 00:59
kawabeさん シャルフベック展、本当によかったですね。
展覧会企画に長く携わってこられた方がとてもお世話になっている方で、とっても楽しみにしていたので
もちろん行ってきました!
愛も苦しみも、等身大で日常を描いたシャルフベックの生きた人生が
しずかに、やさしく 力強く胸に響きました。
すばらしかったです。


<< 稲富淳輔個展@銀座・ギャラリー...      フライの神秘 >>