ふりつもる線

aipittura.exblog.jp
ブログトップ
2014年 12月 13日

石井一男さん

b0080173_21521788.jpg
先日は楽しみにしていた石井一男さんの展覧会を見に神戸へ。
階段を降りると島田さんと石井さんがちょうど扉をあけて出て来られたところだった。
子犬のようにきらっと光った石井さんの眼にぶつかる。
画廊のなかには額を着て、スポットライトの光を浴び、
すこし気恥ずかしそうな絵たち。
私は鳥の絵が気になり、画廊のなかを何周かまわる度に
その前で立ち止まってしまう。
黄土を背にする黒い鳥。
どこを見ているのかわからないその眼は
怖いとも優しいとも悲しいとも違う、
太古の鳥類のようでもあり、ひとのようでもあった。
見ていると
石井さんのアトリエのしずかな空気がすうっと流れてきた。

(左の写真は今回の石井さんのDM表紙の絵)

[PR]

by ai-pittura | 2014-12-13 22:12 | 展覧会 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://aipittura.exblog.jp/tb/23873913
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< おかえり      お礼 >>