ふりつもる線

aipittura.exblog.jp
ブログトップ
2014年 08月 18日

稲富淳輔個展ー月よむ骨ーのお知らせ

b0080173_23495347.jpg

稲富淳輔展 ー 月よむ骨 ー

会期:平成26年8月22日(金)〜8月28日(木) 会期中無休

時間:午前11時 〜 午後7時 (最終日28日は午後5時まで)

作家在廊日:22、23、24、27、28日

場所:柿傳ギャラリー(JR新宿駅中央東口徒歩1分)
住所:〒160-0022 東京都新宿区新宿3−37−11安与ビル地下2階
電話:03-3352-5121

b0080173_00101523.jpg



稲富さんは、琵琶湖近くの大津市に居を構え、今年33才となる新進の陶工で、白いうつわだけを徹底して作っています。

その白色の肌合いは艶やかで、素敵なフォルムと相まって、静かな魅力を醸し出しています。

私は、陶磁器の作品にどんな音楽が合うか、時に、想いを巡らします。

稲富さんの静かな作品には、私はジャズが似合うと思いますが、皆様はどう思われますか。

今回の個展のサブタイトルを、「月よむ骨」と稲富さんは名付けました。

何故、「月よむ骨」とい うタイトルにされたかは、以下の彼が書いた詩をお読み頂くとして、暑い夏の一夜、

ジャズの名曲「Fly me to the moon」でも聴きながら、稲富作品を愛でては如何でしょう。

左党の方は、キリっ と冷えたスパークリングでもご一緒に。


「朔望をただすら まったくする月を
 ぼくのこの骨はいのりましょう
 悉に美しい理が
 悉く美しいままにあるのですから
 ぼくは僕になるまえの
 いのりで在るぼくのまま」
 
稲富淳輔

人懐っこい笑顔を絶やさず、猫が大好きな稲富さん。

どうぞお手に取り、若き陶工にご指導を頂ければ嬉しいです。

                                               店主 安田 尚史


b0080173_00100200.jpg

主人が新宿の柿傳ギャラリーにて個展をさせていただくこととなりました。
粉引き一本の個展、会場も広いので、
今までで一番作品数の多い個展になるかもしれません。
今年も厳しい猛暑日が続きますので、外出の折はお気をつけて・・
新宿方面にお越しの折は、お立ち寄りいただけましたら大変嬉しく存じます。

[PR]

by ai-pittura | 2014-08-18 23:49 | お知らせ | Trackback | Comments(12)
トラックバックURL : http://aipittura.exblog.jp/tb/23086451
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented at 2014-08-22 18:41 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by ai-pittura at 2014-08-24 12:15
鍵コメYさん わあー、コメントありがとうございます!
淳からもメールが来て、Yさんとお会いできたこと、本当に嬉しかったようです。
そうそう、蝉たちの紫陽花、私たちが引っ越してくるもっと前にお母さん蝉が産んだ子たちなのですよね。
最近ではツクツクボウシもでてきています。

柿傳の空間、私もとっても行きたくていろいろと想像しています。
(現在大学の集中講義を持っていて動けぬ身でして・・)
なんだかもったいないようなご感想をありがとうございます。
それから、お家にお迎えくださり本当にありがとうございます。
Yさんの暮らしの中でどんな風に変化していくのか、、、
淳も私もとても嬉しい思いです。
お酒、何があうでしょうね。月を浮かべるとたのしいですね。
今回淳は間際までバタバタして、よろよろと上京しましたが
Yさんにお会いできて緊張も緩み、ほっとできたことと思います。
ほんとうにありがとうございました。
Commented at 2014-08-25 19:25 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2014-08-26 05:21 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by ai-pittura at 2014-08-26 21:05
Yさん お友達にも、ありがとうございます!!水曜日、ちょうどよかったです。いま、主人はいったん滋賀に帰っているのですが、明日〈水曜日〉の午後1時半くらいから在廊予定とのことで、Hさんにお会いできればと申しております。
Commented at 2014-08-27 04:00 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by tinytacco at 2014-08-28 11:03
忠田さん、こんにちは!
季節は着実と秋にむかっていますが、お元気にお過ごしでしょうか?
おふたりと過ごした2年前のあの夏の夜が懐かしいです。

先日、稲富さんからご案内をいただき、
個展を拝見しに伺いました。

あいにく都合がつかず在廊時の訪問は叶わなかったのですが、
ひっそりとした天井の高い空間がとても贅沢で、ゆっくり作品と向き合うことができました。

忠田さんも東京の個展の予定があるのですね。
楽しみにしています!
Commented at 2014-08-28 19:01 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by ai-pittura at 2014-08-28 20:56
tinytaccoさん お久しぶりです!涼しく、不安定な天候のつづく夏でしたね。
ほんとうに、あれからもう2年なんやねー。
まだまだ一緒にしたいことやお連れしたい場所があるので
またいつでも遊びにきてね。
それから、柿傳にお越し下さり、本当にありがとうございます!
淳がお会いできず申し訳なかったと。
ご覧いただけとってもうれしいです。
私の方も個展が迫ってきてるのですが、8月は仕事が多く、全然制作が進んでいないので
9月必死に頑張ります!
またご案内させてくださいね。
Commented by ai-pittura at 2014-08-28 20:59
Yさん そうだったのですか!!ありがとうございます。
淳が画廊に到着して芳名帳を見ると澁澤龍彦の名があったそうなのですが、
もしかしてHさん!?なのでしょうか?
お目にかかれず申し訳ありません。
どうぞどうぞよろしくお伝え下さい。
是非また次の機会にもご案内させてくださいね。
Commented at 2014-09-03 12:36 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by ai-pittura at 2014-09-04 12:10
芳名帳がかえってきたので一緒に見てみると、Hさん書いていただいていました!詩人ではないと思います。一体どなたかフシギフシギ!!


<< 2014スケジュール      滋賀の本 >>