2013年 04月 09日

日月

b0080173_22134023.jpg

b0080173_22135272.jpg

自分の作品が壁にかかる、そのなかで少しずつ作品たちは自分の手から離れ、客観性を伴うなかで
この1年と3ヶ月分の点は急速に結ばれ、形を為していく。
個展は、自分をゆっくりと振り返り、改めて整理し、もう一度新たに進むための、
おおきな節目の場であると共に、
見に来てくださった方々の人生に出逢う場でもあるのだなあと思う。
二週間、毎日たくさんの方々とお話した。
時には長い時間をかけて。
そこには出逢いがあり、大事な人の死や別れがあり、哀しみがありよろこびがあり、
闇があり、しかし同時に光がある、
それぞれの人間の風景に立ち合う場でもあった。
[PR]

by ai-pittura | 2013-04-09 22:34 | 展覧会 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://aipittura.exblog.jp/tb/20266330
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 愛しのカレー蕎麦      お知らせ >>