ふりつもる線

aipittura.exblog.jp
ブログトップ
2013年 03月 23日

忠田愛個展@神戸のお知らせ

b0080173_1751683.jpg忠田愛 個展

— 日月 —






春の足音がきこえてきました。
うきうきしてくるような季節に、
神戸で個展をさせていただきます。
歩歩琳堂では五度目の個展となります。
身のまわりの人々や猫たち、
暮らしに光をさずけてくれる果実などを
絵にしました。
このところ絵と平行して試みている
彫塑作品(土焼締めに着色)も展示致します。

神戸にお越しの折には是非お立ち寄り下さい。

たくさんの方とお会いできることを
心より楽しみにしています。

会場:ギャラリー歩歩琳堂
会期:03.23 Sat - 04.05 Fri 

水曜休廊

時間:12:00 - 19:00 最終日17:30まで









b0080173_1852560.jpg忠田はいつも、じっと静かに、ひたすらに何かを見つめているように思える。
時に野の花のむこうに、時に人の姿の奥に、何かを。
じっと見つめ、じっくり、じっくりと描くなかで少しずつ現れてくる作品達。
忠田の作品に対峙する度に感じられるのは、作品の奥底から発する、
言葉にならぬ独特の美しい光だ。
そして、作品が命あるものの様に、見る度表情を変える不思議な感覚。
じっと見続けていても、見あきることがない。
作品が強い「気」を帯びているように感じるのは、私だけではないだろう。
忠田は、おそらく見えなかった、そして忘れていた大事な何かを、
頭の中の観念で探すのではなく、画家として制作することで削り出しているのだ。

しんしんとふりつもる雪をじっと見つめ続ける画家の姿…。
ふりつもる雪は、やがて絵の中でふりつもる線となり、色となり、
つくられたものとしてではなく、
もともとあったものが姿を現したかのように画面に浮かび上がってくる。
遠くにあるようで、本当はすぐここにあるはずの大切な何か…。

忠田の作品から立ち上がってくるその何かを、静かに見つめ、
じっくり味わいたいと、自分の魂のために思う。

                     ギャラリー歩歩琳堂 大橋信雄





b0080173_1804534.jpg
⇧画像をクリックで大きくなります。




b0080173_18145382.jpgb0080173_18144310.jpgb0080173_18142975.jpg


b0080173_18241912.jpg









ギャラリー歩歩琳堂
〒650-0022 兵庫県神戸市中央区元町通1丁目10−11
元町エビスビル 3F

078-321-1154
[PR]

by ai-pittura | 2013-03-23 09:29 | お知らせ | Trackback | Comments(10)
トラックバックURL : http://aipittura.exblog.jp/tb/20119191
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by イカナゴ at 2013-03-10 20:26 x
楽しみにしてます。
僕も19日から24日まで花六甲で個展します。
26日から31日なで明石文化博物館でグループ展です。
29日以外は会場にいます。よかったら明石焼きでも食べに来てください。
Commented by ai-pittura at 2013-03-17 18:38
イカナゴさん こちらにもコメント下さってありがとうございます。
いよいよ明後日からですね!よい展覧会になることをお祈りしています。
Commented by 渡邊榮一 at 2013-03-20 13:30 x
渡邊榮一です。
ご無沙汰しております。
案内状お送りくださりありがとうございます。
始まりますね。

さて、神戸行きですが山形での展覧会の繪がまだまだできず
たぶん四月三日までかかってしまうかと思っています。
うかがううとすれば四日、五日になるかと思いますが、どうも、
な所です。伺うとすればその時は早めに画廊に電話致致します。

展覧会長い会期で大変ですが頑張ってください。楽しみにしています。
では、また。

Commented by ai-pittura at 2013-03-21 16:56
渡邊さん ご無沙汰しております。メッセージとありがたいお言葉をありがとうございます!
とにかく遠方ですので、ご制作を大事にしてください。
4、5日どちらも画廊にいられると思います。
もしお越しいただけるようでしたら、とても嬉しいですが
くれぐれもご無理なさりませんよう、お願い致します!

どうぞよいご制作を!
Commented by チャチャ亭 at 2013-03-22 06:36 x
素敵な案内状ありがとうございます
何度も読み返しております
いよいよですね!
絵は勿論見たいけれど愛さんの彫塑作品に会って触れてみたいです
僕も今、額縁を作っていて(といってもホームセンターで切ってもらった合板を貼付けているだけですが)肩こってます
展覧会に行けないけれど、ここから大成功をお祈りしています
愛さん頑張れ!!
Commented by Ai Chuda at 2013-03-25 10:53 x
チャチャ亭さん ありがとうございます!
彫塑、きっとまた関東にも連れていきますので、是非いつかナデナデしてやってください。
私は撫ですぎて、もう指はつるつる、指紋も消えそうです。笑
額縁、素敵ですね。いいな〜、是非また拝見したいです。
それでは、今日も今から画廊に向かいます。
Commented by ぴよぴよ at 2013-03-26 08:14 x
先日お邪魔したぴよぴよこと森末と申します。
お作品を拝見いたしまして
とっても感激感動して言葉になりませんでした。
これからも応援しております。
Commented by Ai CHUDA at 2013-03-30 11:02 x
ぴよぴよさん 先日はゆっくりご覧くださり、遠方より本当にありがとうございました。頂戴しましたお手紙、嬉しく拝読しました。
毎日のように感じるところのある個展で、本当に幸せに思っています。
これからも精進いたします。
ありがとうございました。
Commented by rika_okubo7 at 2013-03-31 01:14
今夜はある公演があり、打ち上げも愉しく過ごし帰ってきました。
そして、たくやさんに愉しかったことをいろいろと話して、今、愛ちゃん
の絵を、日月の絵と彫像を、ブログとface bookでふたたびみました。
さらに、帰ってきたような気持ちになりました。
それは、家ではなくて、自分の地べたみたいなところ。
足の裏に土をぴったりと感じながら、立っているような、そんな感覚です。
ありがとう。
Commented by ai-pittura at 2013-04-06 22:21
りかさん お返事がとても遅くなってしまいました。
久しぶりに我が家のパソコンの前に座っています。
会期中はお客様、画廊の大橋さん、友人が連日飲み会をひらいてくれました。
いつも、個展はあまりにたくさんのものをいただき、
幸福感と共に、これからへの様々な思いに満たされ、
いまはまだ高揚状態です。
りかさんのコメント、ほんとうに嬉しい、
でもとてもまだまだそこには至りません。
けれど、いつかきっと、
足の裏に土をぴったり感じながら立つ!
そんなものをいつかきっと作りたい。


<< お知らせ      お彼岸 >>