2011年 08月 09日

ワークショップ@佐川美術館 続

b0080173_22153182.jpg

墨で線を描く。

b0080173_2217028.jpg

イタリアの土、ギリシャの土、日本の土、いろんな色の土絵具、
そして一掬いの身の回りの土で。

b0080173_22235155.jpg

3才の女の子。はじめての筆、はじめての水彩の感触、はじめてのとても大きな絵、
ポトン、ジュワーン、どんな風に感じてくれたのだろう。

b0080173_22305926.jpg

夢中になってただひたすらに

b0080173_22321743.jpg

筆をはしらせる

b0080173_22372789.jpg

その姿のなかに

b0080173_22421093.jpg





b0080173_22592420.jpg

絵を描くという行為を

b0080173_230228.jpg

支えている

b0080173_2304939.jpg

たしかなものを

b0080173_2314323.jpg

見せてもらったような気がしました。

b0080173_2318062.jpg

ありがとう。

b0080173_232546.jpg

ワークショップに参加してくださった皆様、機会を与えてくださった方、
佐川美術館の皆様、何から何まで手伝ってくれたスタッフの皆様、
本当にありがとうございました。
とてもしあわせな時間。
得難い、尊いものを胸いっぱいに。

※佐川美術館のHPに
スタッフ澤原未有さん茅原麻伊さんの報告レポートが載っています。
[PR]

by ai-pittura | 2011-08-09 23:18 | | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://aipittura.exblog.jp/tb/16090183
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ちびちび at 2011-08-10 14:41 x
素敵なワークショップですね。
「表現する」ってどういうことなんだろう、と
考えました。
Commented by nyazin at 2011-08-10 19:30
いい夏の思い出になるんでしょうね!
こうやって書いたものって、
大きくなってから見るとまた良いんですよね。
Commented by ai-pittura at 2011-08-10 22:53
ちびちびさん ほんとうに豊かな時間でした。
こどもたちの線、表情、絵にむかう姿が忘れられません。
表現する、ですか。
コンセプトをもってする場合は別だったり色々あるかと思うのですが
本来特に何かを構えてすることでもなく、自分をだそうとすることでもなく、
絵としてあらわれてくることというのはすでに十分自分のなかにあるものなのだなあと感じています。
Commented by ai-pittura at 2011-08-10 22:55
nyazinさん 夏休みの宿題にして学校にもっていきたい!という子供もたくさんいました。
180cmの大きな絵なので建具やのれんのようなものにしたりしてもいいですね〜。
大きくなって見る昔の絵、いいですよね。


<< 海      ワークショップ@佐川美術館 >>